最新トピックス

日本のベジタリアン・ビーガン・ゆるベジ人口調査 by Vegewel

Vegewel及び運営会社フレンバシーは、『日本のベジタリアン・ビーガン・ゆるベジ人口調査』を実施しました。

自身が取り組んでいる食生活について訪ねたところ、ベジタリアンもしくはビーガンは全体の4.5%となりました。

また、週に1回以上、意識的に動物性食品を減らす食生活を送る「ゆるベジ(ゆるベジタリアン)」は全体の12.5%に達しました。

調査について

【調査名】日本のベジタリアン・ビーガン・ゆるベジ人口調査 by Vegewel
【調査方法】Webアンケート調査(2017年12月)
【調査人数】2407人
【性別】男性1202人、女性1205人
【年齢】20代481人、30代484人、40代480人、50代481人、60代以上481人

調査結果

「ご自身が取り組んでいる食生活はありますか?」との質問に対し、ベジタリアンが3.8%、ビーガンが1.0%、グルテンフリーが2.0%、低糖質・糖質制限が12.5%、無添加・オーガニックが6.8%、マクロビオティックが1.4%、ローフードが2.1%、ファスティングが1.7%となりました。

Vegewelでは、本調査でベジタリアンもしくはビーガンと回答した人の割合を「日本のベジタリアン率」と定義します。

ベジタリアン3.8%とビーガン1.0%の合計4.8%から、両方に重複して回答した割合0.3%を差し引き、日本のベジタリアン率は4.5%となりました。

「意識して肉や魚など、動物性食品を減らすことはありますか?」との質問に対し、16%が「ある」と回答しました。

さらに、「ある」と回答した人に対し、その頻度を伺いました。

動物性食品を減らす頻度について、毎日が20%、3日に1日が32%、週に1日が26%、月に1日が9%となりました。

Vegewelでは、週に一日以上、意識的に動物性食品を減らす食生活を送る人を「ゆるベジ(ゆるベジタリアン)」と定義します。

このゆるベジが全体に占める割合は、意識的に動物性食品を減らす人16%×(20%+32%+26%)=12.5%となります。

なお、ゆるベジのことを欧米では「フレキシタリアン」とも呼び、ライフスタイルとして広く受け入れられています。

今後もヘルシーで役立つ記事を配信していきますので、ぜひシェアをお願いします!

ヘルシーなレストランを検索

Vegewelではレストランを検索できることをご存知ですか?

ベジタリアン・ビーガン、グルテンフリーやオーガニックといった切り口でお店を探せますので、ぜひお試しください!
検索はこちら→https://vegewel.com/ja/

ニュースレター

Vegewel Styleでは、ヘルシーな食の情報を定期的にメールでお届けしています。メールアドレスだけで無料でご登録頂けますので、ぜひご利用ください!


スポンサー



レストランを探す

おすすめ記事

横浜中華街でヘルシーに。50種を超えるヴィーガン台湾素食。好記園(こうきえん)【横浜 元町・中華街】

ベジタリアン人口が10%と言われる台湾では、エビ・サバ・鶏肉にみえるメニューが大豆でできている、動物…

【保存版】東京のベジタリアン&ビーガン対応レストラン70選!

いつもVegewel Styleをご覧いただき、ありがとうございます!Vegewel Sty…

【保存版】大阪のヴィーガン・ベジタリアン・対応可能店15選

皆さん知っていましたか?粉物文化のイメージが強い大阪ですが、実は野菜の美味しいお店が多いんです。…

ピックアップ記事

PAGE TOP