サラダ?前菜?デザートとしても!りんごとビーツのバルサミコ和え〜お家で簡単!ベジごはん〜

ボルシチの材料として有名な、食べる血液とも言われるビーツ!

葉酸やカリウム、鉄分などの栄養いっぱいだそうですよ。

でも、アクが強いので、しっかり火を通して食べるのがポイント。美味しさもアップします。

難易度☆
手間度☆☆

材料

  • ビーツ 1個
  • りんご 1〜2個
  • レーズン 大さじ2
  • バルサミコ酢(白) 大さじ1〜
  • オレガノやミントなどお好みのハーブ 少々

作り方

① ビーツを皮ごと180度位のオーブンで90分以上焼く。長く焼くほど、実が柔らかくゼリー状になります。

② ①を冷まして皮を剥き、1cm角に切る。

③ レーズンをひたひたのぬるま湯(分量外)につけて柔らかく戻す。

④ りんごの皮を剥き、1.5cm角に切り、塩水(分量外)にくぐらせ、ざるにあげて水を切る。

⑤ ボールに②③④をいれ、バルサミコ酢を振りかけて混ぜ、冷蔵庫で冷やす。

⑥ 器に盛り、お好みのハーブを振りかける。

ワンポイントアドバイス

※ ビーツは、皮ごと茹でても食べられます。が、オーブンで長時間焼くことで、甘みが出て美味しさが引き立ちます。

お菓子やオーブン料理を作るときに一緒に焼くと、経済的、効率的です。

バーベキューの炭の中にいれたり、ストーブで焼く、という方法もあります。その時は、アルミ箔などに包んでください。焼き芋を焼くような感じで良いと思います。

何個かまとめて焼いておき、いろんなお料理に使うのもいいですね。

※ ハーブをシナモンに変えると、よりスイーツ感が増します。

※ バルサミコ酢の量も調節してくださいね。白のほうがクセがなく食べやすいです。

※ レーズンを湯戻しではなく、ワイン漬けにしておくと、大人の味になります。

【大好評のベジレシピ一覧はこちら】
https://vegewel.com/ja/style/categories/recipe

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

投稿者:

山岸 亜紀

山岸 亜紀

調理師 フードコーディネーター 北海道フードマイスター リマクッキングスクール師範科修了 リマクッキングスクール認定メディカルシェフ 東北の震災後にマクロビオティックに生きる決心をしました。 簡単で美味しい!を伝える料理教室 *cosmos kitchen*を札幌で開催しています