飲食店取材

ビーガンタウン西荻!美味しさと楽しさがギュッと詰まった街、西荻窪のビーガン・ビーガンフレンドリー店のご紹介です。【前編】

前中央美奈子さん・後列右からイアンさん・エマさん・『玄米菜食 米の子』オーナー市川さん

毎年11月3〜23日に、都立善福寺公園から、西荻窪周辺にかけてをアートでつなぐイベント『トロールの森』が行われます。

その一環で、去年は『続・西荻案内所』が開催され、このまちに住む方々が、日替りで西荻窪を案内しました。

11/8の晩は、『西荻ビーガン化大作戦』。西荻窪を地球で一番ビーガン・フレンドリーな街にしたいと完全菜食主義者のエマさんとジャクソンさんご夫妻の3人が案内人を務めました。

写真の『玄米菜食 米の子』オーナー市川啓さんは、イベントのスペシャルトークのゲストでした。

今回西荻ビーガングルメを楽しめるお店を案内してくださるのは、ジャクソンさんご夫妻(イアンさんと美奈子さん)。

11/8の晩に『西荻ビーガン化大作戦』で大活躍したメンバーのお二人です。

ビーガン化大作戦で盛り上がっている西荻窪のビーガンメニューを楽しめるお店10店舗を前編・中編後編でたっぷりご紹介します。
 
前編は、『Mondo Gelato』・『とびうおkitchen』・『玄米菜食米の子』の3店舗のご紹介です。

≪中編≫ビーガンタウン西荻!お気に入りを詰め込んだおもちゃ箱のような街、西荻窪。ビーガンメニューを楽しめるお店をご紹介します!

≪後編≫ビーガンタウン西荻!クリエイティブな人々の集まる街、西荻窪のビーガン・ビーガンフレンドリー店のご紹介です。

路地裏にあるcuteなジェラテリア(アイスクリーム屋)でビーガンソルベはいかが?【Mondo Gelato(モンド ジェラート)】


今年5月にオープンした「Mondo Gelato」。オーナーの角田智美(つのだともみ)さんは、会社員から大好きなジェラート屋さんに転身しました。


ブルーベリー(ソルベ)


ミルクとイチゴ(ソルベ)

ジェラートは全て自家製。店舗で作っています。基本的に安全な国産野菜や果物を使用し、旬の味を提供しています。時期によってジェラートの味が変わるのも楽しみの一つですね。

ソルベ(シャーベット)はビーガンです。ジェラートは卵不使用で乳製品は使用していますので、ラクトベジの方は全種類楽しめますね。

ソルベは、冬場は2種類くらいが店頭に並ぶそうです。夏は旬の野菜や果実が増えますので、ソルベの種類も増えます。

トマトやスイカのソルベも登場し、岩塩をパラパラとトッピングしていただきます。岩塩をトッピングのジェラートに興味深々。夏にはぜひ食べてみたい味ですね!


右から、りんご(ソルベ)・アーモンド・ミルク・抹茶


手前から、アーモンド・黒ごま・ルバーブ&プルーン(ソルベ)・かぼちゃラムレーズン・ミルク・栗

夏はもちろん、冬のこの時期もジェラートを片手に外を歩いている方も多いのだそう。

店内で食べることもできますが、お家などの暖かい場所でひんやりジェラートを楽しみたい方はお持ち帰りもできます。

お持ち帰りはシングルカップのみ。お呼ばれの時の手土産にも喜ばれること間違いなしです。22時まで営業しているのもうれしい!一日頑張った自分へのご褒美にも立ち寄りたいですね。


ノンベジ、ラクトベジの方はアフォガートはいかが?ジェラートと飲み物のセットもありますよ。


店内では、かわいいワンちゃんもお客様をお出迎え。さて、どこにいるのでしょうか?お店に入ったら目線を上げてみてくださいね。

【Mondo Gelato】
営業時間:火~土曜日 12:00-22:00/日曜日 12:00-20:00
定休日:月曜日※祝日の場合は翌火。不定休あり。
TEL:080-5974-4832
Mondo Gelato(@gelato_mondo) Twitter:
https://twitter.com/gelato_mondo?lang=ja
Facebook:
https://www.facebook.com/MondoGelato.MondoGelato/

スリランカカレーとあご酒のお店。食べに来ても良し、イベントを見に来ても良しの【とびうおkitchen】


鮮やかな青い看板が目印。昨年の9月にオープンしたスリランカカレーとあご酒(焼きとびうおのお酒)のお店です。

オーナー小口容子(こぐちようこ)さんのお気に入りのスリランカ料理のお店と長崎のあご酒のお店。両店の魅力が合体した小口さんの大好きが詰まったお店です。


もうひとつ、小口さんの好きなものをプラス。小口さんがセレクトした映画上映会や演奏、トークなどのイベントがときどき開催されます。


カレーベジプレート(税込900円)ノンベジ(税込950円)

ベジプレートのカレーは動物性食材を使用していません。和え物にのみ鰹節を使用しています。少しお時間をいただけば、植物性だけの和え物に変更していただけます。


新玉ねぎドレッシングのサラダ


カボチャの白和え


有機おぼろ豆腐

小口さんが野菜好きのため、ビーガンのヘルシーメニューはもともと数点ありました。ご主人のお友達の中に、ご夫婦でビーガンの方がいたため、ビーガンのメニューを意識して作るようになったそうです。

本格スリランカカレーはベジ(ビーガン対応可)とノンベジの2種類が常時用意されています。


かわいいスリランカグッズなどの販売もしています。張り紙にご注目!「お気軽に値切ってみて下さい。」と書いてあります。ゆる~い感じにクスッと頬が緩みます。


取材時は、写真家の宇家譲二さんの写真展 西荻「転々・・・」展を開催中でした。12/2には「追悼上映 大谷淳フィルム作品」が開催され、イベントの後は、ビーガンもベジもノンベジも一緒に打ち上げ。

次回は1月後半にイベント開催予定だそうです。小口さんお薦めのイベントも楽しみな『とびうおkitchen』。イベント情報はHPをチェックですよ!

とびうおkitchenの場所や詳細な情報はこちら

※Vegewel特典※
「Vegewelを見た」で、セイロン紅茶かラオスコーヒーをご注文の場合、100円引き!

【とびうおkitchen】
営業時間:18:00~22:00(L.O)
定休日:火曜日・水曜日
TEL:03-6454-7745
URL:http://www.tobiuo-kitchen.com/

自然との共生が感じられる店内。落ち着いた空間で美しくやさしいお味が楽しめる【玄米菜食 米の子】


玄米菜食=ビーガンのお店『米の子』は、9年前にオープン。青々とした植物がそのままドライフラワーとなり店内を包み込んでいて、どこか懐かしく、温かで心地よい空間です。


そして、この可愛いイラストが描いてある大きな黒板がひときわ目を引きます。情報満載の黒板を読みながらお料理を待つのも楽しいですね。

オーナーの市川啓(いちかわけい)さんは、食品ロスや食の安全などを考える中で、食を見直し、肉を抜いた食事をしていました。

会社員の頃に、6~7㎏太って人生でピークの体重になってしまい、玄米食にすることに。半年で6キロ痩せて体の変化を感じました。

そしてマクロビオテックを勉強。人生の岐路に立った際に玄米菜食の店をやろうとひらめいたのだそうです。それから9年経ち、米の子は今では西荻窪のビーガンの老舗ともいえるお店となりました。


『唐揚げ定食(税込1,240円))』

美味しい玄米と旬の野菜たっぷりの定食です。植物性のものだけで作られた定食は、身体に優しく染みわたり、ふつふつと元気が湧き起こります。

お店にはどのようなお客様がいらっしゃるのでしょうか?

「お客様は女性が多いですが、最近は男性のお客様も増えています。外国人のお客様も多くなり、英語のメニューも用意しています。

ただ食べるというだけでなく、日本の文化体験をしてもらい、理解してもらいたいですね。

コース料理のように一品ずつ食べて、最後にご飯だけでは、食べられず残してしまうこともあるようです。

ご飯とおかず、ご飯とお新香など、口の中で合わせて味わう口中調味をするというのが日本食の食べ方。理解してもらい、テクニックも覚えてもらいたい。

日本の伝統的な食べ方を伝える機会になるといいと思います。」と市川さん。

他にこれから手掛けていきたいことはありますか?

「お店同士が競い合うのではなく、共生し、街の中でベジ・ビーガンのお店の理解を高める担い手として活動できたらと思っています。

ビーガンの店の認知度が上がって普段の食生活の中に浸透していってほしいと願っています。」

熱く、それでいて自然の流れのように市川さんは話してくれました。


品数豊富でボリューム満点のお弁当は、身体が喜ぶに違いありません。

注文数が多くなければ当日でも注文OK。注文数が多いときはご予約をお願いします。


デザートのロールケーキも可愛い。食事の後にもペロリと食べられちゃう!


『米の子おせち2018』

美しい!ビーガンのおせちです。予定数の15セットは昨年は1週間で完売でした。店頭受取なのですが、注文した方の中には神奈川県や埼玉県にお住いの方もいらっしゃるそうです。

この美しいおせちなら長距離でも取りに行く気持ちはわかりますね。

『米の子』では、『Meand(ミアンド)』という不定期に特別メニューのイベントを開催。毎回違うテーマとなっています。ホームページやインスタグラムで発信していますので、要チェックですよ! 


市川さんが本を出されました。題名は『亭主啓白(ていしゅけいびゃく)』。

『米の子』で使用している素材の中から100アイテムをご紹介。そして、市川さんの50年の半生とお店の成り立ち、また、生産者やスタッフ、お客様に向けた感謝の思いをつづっている本です。

『米の子』店頭にて販売。この本の中でおせちのことにも触れています。なんと!お店でお食事の際に読むこともできます。ぜひお手に取ってご覧ください。

玄米菜食 米の子の場所や詳細な情報はこちら

【玄米菜食 米の子】
営業時間:お昼ご飯 11:00~14:00/晩ご飯 18:00~21:00LO ※木曜はお昼のみ営業
TEL:03-3390-1276
URL:http://komenoko.com/
Instagram:http://www.pictame.com/user/nishiogikomenoko/3014232934 
Twitter:https://twitter.com/nishiogikomenok

ビーガンタウン西荻、魅力的な3店舗はいかがでしたか?中編でもバラエティに富んだお店をご紹介いたします。お楽しみに!

今後もヘルシーで役立つ記事を配信していきますので、ぜひシェアをお願いします!
※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

ヘルシーなレストランを検索

Vegewelではレストランを検索できることをご存知ですか?
オーガニックやグルテンフリー、ベジタリアンといったヘルシーな切り口でお店を探せますので、ぜひお試しください!
検索はこちら→https://vegewel.com/ja/

ニュースレター

Vegewel Styleでは、ヘルシーな食の情報を定期的にメールでお届けしています。メールアドレスだけで無料でご登録頂けますので、ぜひご利用ください!


Sayuri

Sayuri

投稿者の記事一覧

ナチュラルフード・コーディネーター
食生活アドバイザー
健康な身体はまず、食事から。おいしい笑顔を広めるために、日々勉強中です!

スポンサー



レストランを探す

おすすめ記事

今さら聞けない、ベジタリアンって?~健康への近道?!ベジタリアンのディープな世界~

2020年の東京オリンピックに向けて、訪日外国人を迎え入れようと、都内にはベジタリアンレストランやカ…

今さら聞けない、ローフードと他の食事スタイルとの違い

最近、乳製品や小麦粉を使わないスイーツが食べられるローフードカフェ、野菜やフルーツで作るスムージーが…

春は木のエネルギー・体を目覚めさせるための芽吹く食材〜しあわせこよみごはん~

冷たく、縮こまって過ごしていた冬が終わり、芽吹きの春の到来です!毎朝の散歩で訪れる公園でも、…

ピックアップ記事

PAGE TOP