VegewelでEC運営インターン・アルバイトを募集します!

日本初のプラントベースポータルサイトVegewel、ソーシャルグッドな商品のマーケットプレイスGood Good Martを運営する株式会社フレンバシーでは、EC運営インターン・アルバイトを募集します。

食に関するビジネスを学びたい方やスタートアップで働いてみたい方のご応募お待ちしています!

業務内容

メインはECサイトGood Good Martの運営となります。

お願いしたい作業は下記です。
1. 商品の出荷作業
2. カスタマーサポート
3. 商品の発注業務

また、ご希望があればスキルに合わせて下記の業務に携わることも可能です。

・自社オリジナルの食品の開発(参考:Good Good Curry
・レストラン検索機能Vegewel Restaurant Guideの運営
・WebメディアVegewel Styleの運営
・各種デザインクリエイティブの作成
・イベントの企画

応募要件

【必須要件】
・WordとExcelの基本的な操作ができる
・顧客対応を業務として経験したことがある

【歓迎するスキル】
・HTML/CSSの知識
・PhotoshopやIllustratorの利用経験
・英語能力
・Wordpressの利用経験

勤務条件

【勤務時間】
平日週3日以上(月曜日必須)
10:00〜15:30

【期間】
6ヶ月以上

【勤務場所】
弊社事務所
東京都渋谷区代々木3-43-1 ガーリックビル参宮橋102
※リモート勤務はできません

【時給】
時給1,050円

【募集人数】
1名(定員になり次第締め切らせて頂きます)

応募方法

下記のフォームに必要事項を記入し、送信してください。
https://forms.gle/FUgCsGeQ6qB5Hrsu6

みなさまのご応募お待ちしています!

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

【飲食店応援企画】キッコーマンのベジタリアン対応「つゆ」「ぽんず」「クリームコーン」の商品サンプルを無料提供!

Vegewel特別企画、キッコーマンのベジタリアン・アレルギー対応シリーズ「ワン・ファミリー」の商品サンプルを無料でご提供します!

今月2月1日に新発売となった「キッコーマン ワン・ファミリー つゆ」および「キッコーマン ワン・ファミリー ぽんず」と、昨年夏から先行販売している「デルモンテ ワン・ファミリー クリームコーンあらごしタイプ」の3商品が対象です。

飲食に関わる皆様は、コロナの影響で大変な時期かと思います。こんな時期だからこそ、競争力を高めるために新メニューを検討してみてはいかがでしょうか?

対象商品

1. キッコーマン ワン・ファミリー つゆ
2. キッコーマン ワン・ファミリー ぽんず
3. デルモンテ ワンファミリー クリームコーン

商品の詳細はワン・ファミリーの特設サイトからご覧頂けます。
ワンファミリー特設サイト

また、Vegewelでは商品開発担当者のインタビュー記事を公開していますので、ぜひご覧ください。
Vegewel取材記事

申込み方法

下記フォームに必要事項を記入し、お申し込みください。申込み期限は21年3月7日迄です。
https://forms.gle/38ceGtPpPoNyWE5f7

なお、ご提供は本商品を使ってメニュー開発を検討したい事業者様(レストラン・宿泊施設等)のみ、ご応募は1店舗様1回までとさせて頂きます。

キッコーマンがベジタリアン・アレルギー対応「ワン・ファミリー」プロジェクトを始動!醤油メーカー最大手が挑む食のバリアフリーとは

キッコーマンといえば、言わずと知れた醤油の最大手メーカー。日本人であれば、一度はキッコーマンの醤油を口にしたことがあるはず。1917年の創業以来100年以上の歴史を誇る老舗企業です。

また、アメリカ、ヨーロッパ、アジアをはじめとして世界100カ国以上に醤油を販売しています。今ではなんと、売上の60%以上が海外向けとのこと。まさに醤油のリーディングカンパニーであり、世界の和食ブームを牽引する存在でもあります。

そんなキッコーマンが、新たにベジタリアン・アレルギー対応の商品シリーズ「ワン・ファミリー」のプロジェクトを開始したとのニュースが入ってきました。

今年の2月1日から販売開始となった第一弾は「キッコーマン ワン・ファミリー つゆ」および「キッコーマン ワン・ファミリー ぽんず」の2商品。さらに、先行販売として、昨年夏より「デルモンテ ワン・ファミリー クリームコーンあらごしタイプ」も展開しています。

本日はキッコーマン食品(株)商品開発担当の応さんに、「ワン・ファミリー」プロジェクトの背景にある想いと、今後の展望についてたっぷりとお伺いしました!

「ワン・ファミリー」の特設サイトは下記からご覧頂けます。
【「ワン・ファミリー」商品紹介サイト】

開発者インタビュー

−まず初めに、「ワン・ファミリー」とはどのようなプロジェクトなのでしょうか?

キッコーマンは『おいしい記憶を作りたい』というコーポレートスローガンを掲げ、そこにつながる商品づくりを目指しています。

ここ数年、ホテルや飲食店などのお取引先から「ベジタリアンやアレルギー対応の商品はないか」とのお問い合わせが増えてきました。そうした声にお応えし、多種多様な食文化の中で、誰もが美味しく楽しめる食事のシーンを作りたいという想いから、今回のプロジェクトを立ち上げました。

「ワン・ファミリー」という名前には、同じものをどんな人でも美味しく食べてもらいたいという私たちの願いが込められています。

−みんなが一緒のものを食べられるようにという想い、素敵ですね。商品にはどのような特徴があるのでしょうか?

「ワン・ファミリー」では、ベジタリアン対応と7大アレルゲン不使用を原則として商品を展開していく予定です。ベジタリアン対応とは乳や卵を含む、いわゆるラクト・オボ・ベジタリアンの水準です。ただし、可能な限りヴィーガン対応を目指したいとも考えています。実際、先行販売したクリームコーンはヴィーガン対応となっています。

−プロジェクトの立ち上げで苦労したことはありましたか?

ベジタリアンやアレルギーなど食の制限への対応について、社内的なルールや定義決め、知識の共有といったところには少し時間がかかりました。また、工場での洗浄ルールなど、製造面での調整も難しい点が多かったのですが、少しずつ現場とすり合わせながら、なんとか納得できる水準を実現することができました。

−昨年から先行販売しているクリームコーンはどのような商品でしょうか?

コーンスープの商品には大きく分けて2種類あります。純粋にコーンをすりつぶしただけのプレーンなものと、牛乳やコンソメなどと混ぜる味付けされているタイプのものです。特に味付けされたタイプのもので、食の制限に対応できている商品がほとんどなく、お客様からの要望も多かったので、「ワン・ファミリー」として開発することにしました。

−確かに、味付けされているコーンスープには動物性の原材料が含まれているものが多いですね。

弊社もコンソメなどを使用したコーンスープは持っていたので、まずはそこから動物性の原材料を抜いてみるところからスタートしました。ただ、それだと味の厚みや旨味をうまく出せなかったんです。

単純にコーンを多くすればよいわけではなく、コーンの量によって、製造時の加熱にかかる時間が増え、苦味が出てしまうため、苦みがでないコーン量の調整、またコーンと相性のいい原料の組み合わせや配合バランスを模索しました。何十回もの試作の末に、納得できる今の味わいにたどり着きました。

−今回、新たに「つゆ」と「ぽんず」がラインナップに加わりました。なぜ今の時期に販売を開始したのでしょうか?

先ほどお話ししたように、「ワン・ファミリー」には、同じものをどんな人でも美味しく食べてもらいたいという願いが込められています。この1年は新型コロナウィルスの影響で世界が分断されてしまいました。今年の東京オリンピックをきっかけに、分断された世界がひとつになってほしいという願いも込めて、今の時期に新商品を発売することにしました。

−「つゆ」・「ぽんず」はしょうゆベースの調味料ですが、しょうゆに何か特徴はありますか?

今回のつゆとぽんずには「グルテンフリー 一番しぼりしょうゆ」という製品を使用しています。当社独自の技術、小麦不使用でありながら、一般的なこいくちしょゆに遜色のない色・味・香りを出しています。

今回、このしょうゆ原料を使うことによって、しっかりとつゆ・ぽんずの味の骨格を作り上げることができました。これも、しょうゆのリーディングカンパニーとしての当社ならではのご提案です。

−「つゆ」のこだわりについて教えてください!

いつもと変わらないおいしさを実現するというところが私たちの第一の目標でした。一般的に、つゆには鰹節などの魚介を使用します。植物性の原材料だけで、それらに匹敵するような旨味を実現することにこだわりました。50回以上試作した結果、だしをとるための野菜原料の種類や産地、形状の選定にも時間を掛け、単一の野菜だしの品質を追求するだけでなく、つゆに適したベストな組み合わせを発見しました。

大根・白菜・人参・しいたけの野菜だしの組み合わせで、味に厚みを出せることがわかりました。また、企業秘密なので詳しくはお伝えできないのですが、だしの抽出方法にもこだわり、一般的にお湯でだしをとるよりも、しょうゆで野菜だしを取るというキッコーマンならではの製法を確立し、うまみと香りがより強いだしを引き出すことに成功しました。

−「ぽんず」のこだわりについて教えてください!

ぽんずに関して一番こだわったところは、ゆず果汁のフレッシュさを生かした本格的な味と香りにするということです。つゆでは野菜だしでしっかりとした旨味をつけましたが、実は旨味が強いと果汁のフレッシュさを隠してしまうことがあります。そのため、ポン酢では野菜だしではなく、昆布を旨味として使用しています。

-なるほど、同じ醤油をベースとした調味料でも、「つゆ」と「ぽんず」では美味しくするポイントが全然違うんですね!

つゆは水で希釈して使うことが多く、逆にポン酢はストレートで使用することが多い調味料です。それぞれの利用シーンに合わせて、最も美味しくなるように味のバランスを整えることには苦労しましたが、最終的には自信を持ってご提供できる味に仕上げることができました。

−「ワン・ファミリー」としての今後の展望を教えてください!

最初にお伝えした通り、「ワン・ファミリー」はベジタリアン対応・7大アレルゲン不使用を基準とした商品シリーズです。しかし、最終的には「食の制限対応の商品」ではなく、「食の制限にも対応できる商品」として、純粋に美味しさだけでも選んで頂ける商品を目指したいと考えています。

また、和洋中すベての料理ジャンルに対応できるように、今後ラインナップを拡充していく方針です。世界的に大人気なあの調味料の開発も進めていますので、ぜひ今後の展開を楽しみにしていてください!

−世界的醤油メーカーが仕掛ける「ワン・ファミリー」プロジェクト。これからの展開が楽しみですね!Vegewelとしても今後の展開を注目させていただきます!

「ワンファミリー」を購入できるサイト

今回ご紹介した「ワン・ファミリー」の各商品は、下記のページからご購入頂けます!

【Amazon】
「キッコーマン ワン・ファミリー つゆ」
「キッコーマン ワン・ファミリー ぽんず」
「デルモンテ ワンファミリー クリームコーン」

【アミカネットショップ】
「キッコーマン ワン・ファミリー つゆ」
「キッコーマン ワン・ファミリー ぽんず」
「デルモンテ ワンファミリー クリームコーン」

業務用サンプルの提供

「ワン・ファミリー」の各商品を使ってメニュー開発をしたい飲食店、宿泊施設などがいらっしゃいましたら、無料で商品サンプルをお送りさせて頂きます。

下記ページからお気軽にお申し込みください!
https://forms.gle/38ceGtPpPoNyWE5f7

「ワン・ファミリー」の特設サイト

ワン・ファミリーシリーズのよくわかる商品紹介&詳しいレシピは下記の特設サイトでご紹介しています!

【インタビュー協力】
キッコーマン食品株式会社
プロダクト・マネジャー室 加工業務用グループ 応俊さん、林祐樹さん
商品開発本部 調味料開発部 高崎裕介さん、伊藤祐里恵さん

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

こんな野菜だしが欲しかった!40年の料理人経験から生まれたコクと旨味の万能調味料「ベジーネ」【勇フーズ】

美味しい料理はだしの味で決まると言われるほど、料理を作る時に欠かせない「だし」。

料理を更に美味しく、味わい深く変身させてくれます。

とは言え、動物性食材を使わず植物性食材だけでコクと旨味を再現するのは、なかなか難しいもの。


それを実現させたのが、今月からVegewel Marchéでも販売をスタートした、「ベジタリアン万能調味料VEGGINE(ベジーネ)」なんです!

南青山のイタリアンレストラン『リストランテ・アクアパッツァ』の日高シェフもお勧めのベジーネは、100%植物性食材使用・化学調味料不使用・添加物不使用でヴィーガン認証も取得済み。


左:ベジーネ福井社長、右:日高シェフ

今回は、VEGGINEを製造販売している鳥取県鳥取市の勇フーズ株式会社代表・福井勇吉(ふくい ゆうきち)さんに、ベジーネ誕生にまつわるお話をインタビューさせて頂きました。

勇フーズ
https://www.isamu-foods.co.jp/

奥様の体調不良をきっかけにベジタリアンに


「もともと鳥取県で両親と旅館業を営んでおり、そちらで総料理長を35年間勤めました。その後旅館は閉館したのですが、旅館で大人気だった鶏コラーゲンスープを販売する会社として、3年前に勇フーズを立ち上げました。」(福井さん)

そして、鶏コラーゲンスープを全国展開し多忙な日々を送る中、奥様が大きな病にかかった事がきっかけで、体質改善の為に夫婦でベジタリアンに転身したのが2年前。

「ベジ生活を始める事になり、いざ台所に立った時に、動物性食材を使わず調理する事の難しさを実感したんです。料理人として長年やって来たのに、何を作っていいかわからず、1週間呆然と台所に立ち続けるだけの日々でした。動物性のだしを使わず料理するとなると、いったい何を使えばいいんだ、と。」(福井さん)

悩み続ける日々の中、野菜メインでどうしてもあっさりしがちなヴィーガンやベジタリアン料理に必要なのは、しっかりした旨味とコクだと気付いた福井さん。


かつて動物性食材のだしを販売していた経験を生かし、全て植物性に切り替えて試行錯誤しつつ、ベジーネの開発に取り組みました。

その後は鶏コラーゲンスープの販売も取りやめ、ベジ商品のみを扱う事に。

「ヒットしていた鶏コラーゲンスープの販売をやめる事には大きな葛藤もありました。しかし、『福井さん自身がベジタリアンだから、安心して商品を購入出来るんです』と言われた時に、そういう人達のためにも嘘偽りなく正直でありたいという思いから、ベシ商品だけで勝負しようと決意しました。」(福井さん)

ベジタリアンになって体調も良くなり元気に

ベジタリアンになって、ご夫婦の体調に変化はありましたか?

「妻が元気になったという事と、ベジになって2年以上経ちますが、私自身1度も風邪をひいて寝込んだ事がありません。当時はお酒の影響で肝臓の数値もかなり悪かったんですが、今ではすっかり数値も良くなりました。お医者さんからも、あのままの食生活だったら死んでたね、と言われましたね。」(福井さん)

奥様の病気をきっかけに食生活をベジタリアンに変えたことで、奥様はもとよりご自身の体調もすっかり良くなったそう。

料理人としての経験を活かした、こだわりの野菜だし

美味しい物を作る時にだしが重要だというのは、料理人としての基礎があったからこその発想ですね。


「そうなんです。私は和食の料理人だったので、鰹と昆布と塩があれば最高のだしになるということを知っていました。その鰹を使わないというのは、味噌なしで味噌汁を作るような感覚でした。いかに動物性食材を使わず植物性のみで美味しいだしを作るか。全国のベジ仲間に試食して貰いながら、試行錯誤して作り上げていきました。」(福井さん)

商品開発にはどれくらいの時間がかかったのでしょうか?

「植物性のみ、更に無添加で作りたいという想いがありましたので、食材選びに始まり、配分などとても苦労しました。何度も何度も試作を繰り返し、開発から完成まで最終的に2年掛かりました。」(福井さん)

足かけ2年、満を持して完成したベジーネの野菜だし。



昨年10月には『リストランテ・アクアパッツァ』で発表会を行い、12月末から販売開始となりました。

和・洋・中・イタリアンと、どんなお料理にも少し入れるだけで抜群に美味しくなってしまう、まるで魔法のような調味料。




どんなお料理にもアレンジが効いて、こんなだしが欲しかった!という思いを叶えてくれる万能選手です。

今後は五葷抜きメインの商品開発や、加工食品の展開も


「今後は五葷抜きをベースにした調味料を作っていきたいと思っています。レストランなどでも、後から食材を足して色々とバリエーションが効く五葷抜きが人気です。この先は全商品を五葷抜きに一本化する予定です。」(福井さん)


そのほか、鳥取の名産二十世紀梨とVEGGINEを使ったドレッシング、調味料なしでも美味しいベジ餃子、レトルトカレーやベジ牛丼の開発も予定しているそう。勇フーズの今後の展開が楽しみですね!


ぜひ皆さんも、魔法の調味料・ベジーネを使って、ワンランク上の料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

きっと感動の美味しさを味わえること間違いなしですよ。

ベジーネの商品一覧

ベジーネには携帯に便利な個食スティックタイプとボトルタイプの2種類があり、ボトルタイプには五葷抜き対応のものもあります。


VEGGINE万能調味料スティックタイプ


VEGGINE万能調味料ボトルタイプ


VEGGINE万能調味料ボトルタイプ 五葷抜き

また、自由が丘のヴィーガンレストラン「菜道」の楠本シェフお墨付きの椎茸だしは、国産椎茸の濃縮したエキスを使い、栄養たっぷり!めんつゆとして使っても良し、様々なお料理のアレンジにお使い頂ける優れものです。


VEGGINE椎茸だし

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

米ぬか発酵食品!活きた酵素と玄米の栄養が手軽に取れる発酵食品「スーパー酵素」をレポ【万成酵素(ばんせいこうそ)】

酵素は人の体にとって、とても大切な役割をしています。活きた酵素を効率よく摂取することで、体の消化機能、代謝機能をサポートしたいところです。

でも、不規則で添加物の多い食生活では、毎回意識して取り入れるのが大変!

そんな時のお役立ちミラクルフードがあるとの情報を得て、活きた無添加玄米酵素を作り続けて60年以上、万成酵素(ばんせいこうそ)の三代目・奥脇圭一(おくわきけいいち)さんにお話を伺いました。

【万成酵素HP】
https://banseikoso.jp/

老化の鍵を握るのは酵素!


酵素と聞くと消化酵素を思い浮かべる人も多いでしょう。

酵素とひと口に言っても、唾液・胃液などに含まれる「アミラーゼ」「ペプシン」「リパーゼ」などがあり、でんぷんや脂肪をそれぞれ分解し、体に栄養となって吸収されます。

その他にも、老廃物を排出して新陳代謝を促したり、 活性酸素を除去したりするなど、健康に生きるために欠かせない役割があるのです。

「風邪を引いて食欲がないときは、“消化に酵素を使っている場合ではないですよ!”という体からの信号です。体の修復をしたり、免疫を上げたりするために酵素を使おうとする体の働きです。」(奥脇さん)

ところが、体内の酵素は無限に作られるわけではありません。1日に作られる量には限りがあり、さらに加齢によって体内で作られる酵素の量はどんどん下がっていくのだそうです。

酵素を補って、体のエイジングケア


人間の体は加齢とともにどんどん酸化していきます。老化スピードを緩めるには、まず、体の酵素をムダ遣いしないことが大切です。

そして、酵素は食べ物からも取ることができるので、積極的に酵素の多い食事をしたいですね。

ところが現代人の食生活は、知らない間に老化を加速させる食べ方になりがちなのだとか。

「火を入れた食物だと、酵素は熱に弱いため、その力が活きて体内に届かないことも。また、添加物が多いと消化するために余計に酵素が必要になる。現代人は膵臓が酵素をいっぱい生み出すために肥大化している人が多いんです」(奥脇さん)


万成酵素のスーパー酵素のように酵素が豊富な食品を取り入れることで、消化に使われる体内酵素の代わりに分解し、消化を助けてくれて、その体内酵素の消費を減らすことができます。

「消化は体で一番エネルギーを消費し、1日3食消化するためには、フルマラソンを完走するくらいのエネルギーを使うと言われています。そこを補えれば体の負担は減るでしょう」(奥脇さん)

また、万成酵素は玄米を麹菌で発酵させた 「発酵食品」で、100%国産の米ぬか・米胚芽を使用しています。

玄米は不溶性食物繊維が豊富なので、「発酵食品」と「食物繊維」により、腸内環境が改善されて、善玉菌が多くなり腸内細菌で作られる酵素の生産量が多くなるそうです。

「膵臓など体内でも酵素は作られるのですが、体内で作られる酵素より善玉菌優勢の場合、腸内細菌が体内酵素の150倍もの酵素を作ることができると言われているんです。

発酵食品や食物繊維で腸内環境をより良くし、デトックスしながら酵素を作る力を上げていくことで、アンチエイジング力も高めていきたいですね」(奥脇さん)

元祖玄米酵素は体が喜ぶスーパーフード


「酵素」関連商品がたくさんある中で、やはり信頼できる商品を選びたいですよね。

万成酵素は原料にこだわり、無添加・無着色・無香料。100%国産で、山形県の特別栽培米の米ぬかを原料にしています。あくまで薬でもサプリメントでもなく、玄米を麹菌で発酵させた 「発酵食品」です。

作り方は米麹の作り方に似ており、手作りの独自製法。その製法は60年以上も受け継がれています。


麹室において米ぬかを発酵・培養するためには、室温と湿度の管理がとても重要。米ぬかをせいろで蒸した後、人肌に冷まし、種菌を入れ、麹室で48時間培養します。殺菌と培養の為に準備段階でお酢の水溶液とニンニクパウダーを少量使い、どこまでも安心・安全を追求しています。

室温と湿度を管理し、発酵が進み始めた頃には、発酵の過程から生まれる熱だけで発酵が進むようにしているそうです。

酵素とネーミングの付く商品で消化酵素・代謝酵素が活きている商品は数少ないそうですが、万成酵素の伝統的でていねいなものづくりがそれを実現しました。

分析結果では、アミラーゼ・プロテアーゼ・リパーゼなどを含む、50種類以上もの酵素が分解能力を持ったままこの顆粒・粉末の中に活きていることが証明されているそうです。その数は、酵素が多いイメージがあるコールドプレスジュースよりも多いのだとか!


また、麹菌で発酵することで玄米の持つ栄養素、特にビタミンB群や抗酸化力のあるガンマオリザノール、フィチン酸等も強化されるそうです。

玄米は消化に悪い・美味しくない・食べにくいと思っている人も、これなら玄米の良さを手軽にとり入れられますね。

精米するととれてしまう栄養素も丸ごと取ることができます。

また、玄米の糠層にアブシジン酸という成分があり、摂取すると有害とも言われています。炊飯前に浸水することで放出できますが、それには17時間以上かかります。

それも、原料である糠のみの状態ではほとんどなく、発酵によりさらにその毒性は消えるそうです。

実食!気になるそのお味は?


玄米の栄養素・活きた酵素・腸内環境を整える食物繊維が手軽に摂取できる万成酵素。

粉末タイプと顆粒タイプがありますが、見た目はお薬のようにも見えます。「良薬口に苦しなのでは?」と思いながら恐る恐る食べてみましたが、これがとっても美味しい!

香ばしさの中に、ほんのり甘さがあってポリポリとお菓子のようにそのまま食べられるほどです。


「サラダやヨーグルトにかけて食べても美味しいですよ!」と、奥脇さんに教えてもらい、さっそくサラダにふりかけてみました。

これは、トッピングのひとつとしてバッチリです♫チアシードやふりかけのようにプラスオンできる手軽さがいいですね。

取り入れるタイミングとしては、食後に1〜2包飲むのがおすすめなのだとか。

体内で消化酵素が働いてくれることから、消化が楽に感じる人、それから、食物繊維の作用でお腹の持ちがよくなる人もいるそうです。

腸内環境にいいなら便秘や下痢に悩んでいる人の助けにもなりそうですね!

万成酵素には、「貧血が軽くなりました」「花粉症・アレルギーが軽減されたました」といった酵素の力を実感するたくさんのユーザーからの声が寄せられるそうです。

「これだけでなんでも改善するわけではありませんが、油っこい食生活や乱れやすい現代人の食生活の手助けになればいいなと思います」(奥脇さん)

安心・安全、そして健康を追求し続けたものづくり


玄米酵素のパイオニアであり、業界一の老舗・万成酵素。

創業当時はまだ物がない時代。結核やかっけの人に、ビタミンB1などをとってもらいたいという思いから生まれました。

「米ぬか・米胚芽を発酵培養して、玄米麹にする方法を祖父らが開発しました。元々は薬にすることを目的として研究していたんです。

祖父は純粋にものづくりの人でした。以前は、酵素ケンコウキンという名称で販売していまして、祖父は健康食品のお店を1軒ずつ回り、ていねいに健康や商品について伝えていました。

父の代になり15年程前からでスーパー酵素という名称に変更し、生活クラブ様へも販路を広げ、製造・販売を続けています」(奥脇さん)


今は、「スーパー酵素ファースト(粉末タイプ)」「スーパー酵素オリジナル(顆粒状)」「スーパー酵素ヘルシー(シュガーフリー・顆粒状)」が主な商品です。

粉末タイプは、エステサロンで酵素パックに採用されているそうですよ。

万成酵素は、ずっと昔から安心・安全・健康に向き合ってものづくりをずっとやってきたメーカーです。

商品の価値やものづくりの真意が問われる今の時代だからこそ、自社商品の良さを見直し、その価値をちゃんと伝えていきたいという流れにシフトしているそうです。

「自分たちの商品は、今の流行に則ったものではありませんが、これまでずっと作り続けてきた歴史があります。

薄利多売ではなく、価値の分かる方に長く使っていただいて、その方の健康や美容の手助けになればいいなと思っています」(奥脇さん)

これを機に、自分の免疫機能・腸内環境を整えるカギを握る酵素を、もっと気軽に取り入れてみませんか?

【万成酵素HP】
https://banseikoso.jp/

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

フードコートで大人気のヴィーガンパスタ!青山セントベーネキッチン・イオンスタイル成田店

成田山新勝寺や成田空港があり、観光客で賑わいを見せる千葉県成田市の大型ショッピングモール・イオンスタイル成田。

その1階のフードコートに、青山の人気イタリアンレストランSentoBene(セントベーネ)が新店舗「青山セントベーネキッチン」をオープンしたのが昨年の8月です。お店のコンセプトは『究極のフードコートイタリアン』。


広々としたモールの中を進んで行くと、フードコートの一角に青山セントベーネキッチンが見えてきます。


こちらのお店では、オープン当初からカゴメのヴィーガン対応パスタソース『根菜と大豆ミートのボロネーゼ』と『きのこの豆乳クリーム』を使ったヴィーガンパスタを提供。

外国人のお客様や若い女性の間で人気となっています。フードコートでヴィーガンパスタが食べられるなんて嬉しいですよね。

今回はそんな青山セントベーネキッチンを取材させて頂きました!

カゴメのヴィーガンパスタソースの取材記事はこちら
https://vegewel.com/ja/style/kagome

ヘルシーで美味しさがギュッと詰まった人気のヴィーガンパスタ

それでは、さっそく話題のヴィーガンパスタ2種類をいただきます!


まずはきのこの豆乳クリーム(税別1,000円)から。

たっぷり入ったきのこの旨味と、クリーミーな中にもさっぱりした口当たりの豆乳クリームソースが、麺に良く絡みます。

ヘルシーな豆乳のクリームソースが女性に大人気だそう!クリームソースはくどくて苦手・・・という方も、さっぱりしているので美味しくいただけます。


次は根菜と大豆ミートのボロネーゼ(税別980円)。

濃厚なトマトの風味に大豆ミートと野菜の旨味が混ざりあって、コシのあるパスタと良く合います。

トマトソースにコクがあるので、大豆ミートが違和感なく、まるでお肉みたいに食べられます。言われなければ大豆ミートだと気付かない程。男性から人気が高いそうです。


その他のメニューはヴィーガンではありませんが、ワンコインで食べられるマルゲリータが一番人気(税別500円)。

厳選した国産小麦粉に、イタリア産サッコロッソ小麦粉を50%以上ブレンドしたモチモチ感と風味のあるピザ生地は、1枚1枚店舗で手延ばししています。


調理に使うオイルは全て、スペイン産のエキストラバージンオリーブオイル。フリットに使う揚げ油も、オリーブオイルとひまわり油をブレンドしているので、カラッと軽く揚がるそう。

お野菜は、主に地産地消で千葉県産のお野菜を使用しています。

※メニューは2020年3月2日時点のものです。変更の可能性がありますので、事前に店舗にご確認ください。

究極のフードコートイタリアンを目指して

青山セントベーネキッチン・イオンスタイル成田店店長の、坂宮清仁(さかみや きよひと)さんにお話を伺いしました!

-ヴィーガンメニューを取り入れようと思ったのはどんな理由からでしょうか?

「弊社の加藤政行シェフが、新しい試みとして『究極のフードコートイタリアン』を目指すというコンセプトの元、鎌ヶ谷店に続いて成田店をオープンしました。

成田空港が近く、外国人のお客様も沢山いらっしゃるという事で、ヴィーガンメニューも入れておいた方がいいと思ったんです。

そして、色々な商品を試し、美味しかったカゴメのソースを採用しました。フードコートは提供スピードが勝負なので、使い勝手の良さも重要なポイントでした。仕込み時間も大幅に短縮できているので、店舗運営の面でも助かっています。」

-全メニューの中で、ヴィーガンメニューはどの位の数が出ていますか?

「多い日だと1日の販売数の2割ほどがヴィーガンメニューの注文です。外国人のお客様も多いですが、日本人のお客様、特に若い世代で女子高生のお客様などがご注文されることも多いです。

動物性食材不使用という事で、健康に気をつかっていたり、ヴィーガンの料理に興味をもったお客様が食べて頂いています。」

女性や外国人のお客様から支持を得るヴィーガンメニュー

-お客様の反応はいかがでしょうか?

「とても好評です。女子高生からご年配の方まで、幅広い層に人気ですね。やはり豆乳=ヘルシーというイメージがあるためか、女性のご注文が多いです。

ヴィーガンのお客様もいらっしゃいますが、そうではないお客様と半々位の印象があります。フードコートという特性上、お客様から直接ご感想をお聞きする機会は多くないのですが、わざわざ美味しかったとお声がけして下さる方もいらっしゃって、嬉しいですね。」


セントベーネは成田の他に、青山と鎌ヶ谷に店舗があります。青山の本店にはヴィーガンメニューはありませんが、健康に気をつかわれる方のためにグルテンフリーや低糖質のパスタを提供しています。お野菜も、できるだけオーガニックを使用するこだわり。

お近くの方はぜひ本店にも足を運んでみてください!

Sento Bene
http://sentobene-aoyamajinnguumae.favy.jp/

店舗情報

青山セントベーネキッチン イオンスタイル成田店
0476-33-7990
千葉県成田市ウイング土屋24 イオンモール成田1F フードコート

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1400店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

カゴメからパスタソースに続いてヴィーガンカレーが新発売! 商品開発に込められた想いとは

創業120年以上の歴史ある大手食品メーカー・カゴメ。

トマトソースから始まり、ケチャップやウスターソース、野菜ジュースなど、大ヒット商品を続々と生み出し、新しい食のあり方を提案して来ました。

そんなカゴメが、今、ヴィーガン対応の商品に力を入れていることをご存知でしょうか?

2019年7月に発売されたヴィーガン対応のレトルトパスタソース『根菜と大豆ミートのボロネーゼ』『きのこの豆乳クリーム』に続き、今年2月には新たに『大豆ミートのキーマカレー』『3種類豆のベジタブルカレー』も新発売!

その他にも『野菜だし調味料』など、ヴィーガン・ベジタリアン対応の商品開発に積極的に取り組んでいます。


そこで今回は、マーケティング本部食品企画部・商品企画グループ主任の佐藤慎哉さんに、商品開発の背景や想いについてお伺いしました。

プロジェクトのきっかけはオリンピック

ヴィーガン商品のプロジェクトを立ち上げたのはいつ頃からでしょうか?

「2018年5月に当社で『ベジタブル・ソリューション』という展示会を実施したことがきっかけでした。

『効率良く健康的に、彩り野菜をとりましょう』というメニュー提案が主眼のイベントだったのですが、新しい基軸として、ヴィーガン・ベジタリアン対応の商品も提案をしていこうと考えるようになりました。

当時は東京オリンピックを見据えて、ホテルや飲食店から『ヴィーガン対応の商品はありませんか?』という問い合わせが増えていた時期でもありました。実際ホテルなどにヒアリングをしていくと、ヴィーガン対応に困られている所が多かったんです。

我々の『ベジタブル・ソリューション』というテーマの中で、お客様の課題解決になる商品を作りたいとの思いから、ヴィーガン対応の商品に着手しました。」

なるほど、オリンピックがきっかけになってヴィーガン対応に目が向き始めたということなんですね!

「そうですね。オリンピック開催にあたって、これからどんどん外国からのお客様が増えていくという事で、ホテルやレストラン等のヴィーガン対応のサポートをしていこう、というのが経緯です。」

庄司先生協力のもと完成したパスタソース


【根菜と大豆ミートのボロネーゼ】


【きのこの豆乳クリーム】

ゼロから商品開発するにあたって、どの様に進めていったのでしょうか?

「まずは既に販売されているヴィーガン商品や、ヴィーガンメニューを提供している店舗に足を運び、どんなメニューがあるのか、どんな味なのかをリサーチしました。

凄く悩んだのは、味がベジタリアンやヴィーガンの方に受け入れられるのかという点でした。この時お世話になったのが、かねてから親交のあった野菜料理研究家の庄司いずみ先生です。

庄司先生の料理教室『ベジタブル・クッキング・スタジオ』の生徒さんにも試食して貰い、アドバイスを頂く中で、リアルな意見を参考にして商品設計を進めていきました。」

なぜパスタソースから始めたのでしょうか?

「簡単に提供出来て1食完結出来る食材で、なおかつどこのホテルやレストランでも扱っている食材となると、ご飯か麺なんですね。パスタソースはすでに当社でも沢山取り扱っていたので、第一弾として得意分野のパスタメニューから始めることにしました。」

【パスタソースの詳細はこちら(カゴメHP)】
根菜と大豆ミートのボロネーゼ
きのこの豆乳クリーム

新発売のヴィーガンカレー


2020年2月にはヴィーガン対応のレトルトカレー2種類が新発売されました!

「パスタソースの次は、どこのお店でも使っていただけるカレー作りに取り組みました。お肉の代わりに、大豆ミートやいんげん豆などでしっかりと食感を出しているので、食べ応えのある商品に仕上がっていると思います。」


【大豆ミートのキーマカレー】


【3種類豆のベジタブルカレー】

【カレーの詳細はこちら(カゴメHP)】
大豆ミートのキーマカレー
3種類豆のベジタブルカレー

手軽に使えて大好評の野菜だし調味料


野菜だし調味料を作ったきっかけは?

「2016年に会社の方針として『トマトの会社から野菜の会社に』というビジョンを打ち出しました。その時に、野菜の会社を象徴する商品が必要だという事で、野菜だし調味料を開発しました。

こちらは非常に大きな反響を頂いて、ヴィーガンラーメンのベースやスーパーのお惣菜の唐揚げなど、多様な所で使って頂いています。」


野菜だし調味料の原材料について、化学調味料はもちろん、酵母エキスも入っていない商品は珍しいですよね。

「あえて表示はしていませんが、もともとカゴメでは、化学調味料無添加を基本思想としています。野菜そのものの味で勝負しよう、というポリシーをずっと持っているからです。

酵母エキスに関しても、カゴメの持っている野菜の力を活かす為に、極力使わない、頼らない商品作りをしています。」

商品の詳細はこちら(カゴメHP)
野菜だし調味料

商品開発の苦労とこれからの展望

ヴィーガン対応商品を作ってみて、苦労した点はありましたか?

「最初は、何をどこまで抜けばいいのか、という基準が全く分からない中で、有識者に話を聞きながら社内基準を作っていきました。

また、何かを抜くだけではなく、パスタソースは味が命です。特に苦労したのは『きのこの豆乳クリーム』の方で、コクを出したり美味しさのレベル上げには苦心しましたね。何十回も試作を繰り返して、商品を作り上げました。」

商品を出してみて、お客様の反応はどうでしたか?

「ホテルやレストランなどは、ヴィーガン対応に悩まれているお客様が多かったので、こういう商品が欲しかったと評判がとても良かったです。

業務用の商品ですが、一部量販店やネット通販でも販売しています。購入された一般のお客様からは『カゴメからこんな商品が出たんだ』『安心して食べられる!』など嬉しい反響を頂きました。

また、外国人のお客様が『こんな商品見つけた!』とSNSに投稿して頂いていることもあり、苦労して開発した甲斐があったと感じています。」

【Amazonでの商品購入はこちら】
根菜と大豆ミートのボロネーゼ
きのこの豆乳クリーム
大豆ミートのキーマカレー
3種類豆のベジタブルカレー

今後の展開について教えてください!

「今年はオリンピックイヤーという事で、ホテルやレストランのヴィーガン対応のサポートをさらに強化していきたいですね。

もともと当社の業務用商品商材にはで動物性食材を使っていない物が沢山あるので、専用のパンフレットを作ってメニュー提案を進めています。

パスタソースと新発売のカレーに加えて、冷凍のスープなども発売します。誰でも安心して食べられる、そして誰が食べても美味しいメニュー作りのお手伝いをしていきたいです。」

******

食の制限がある人も、ない人も、みんなが安心して食べられる食材を提供していきたい。

そして、カゴメの野菜で皆さんが健康長寿になれるお手伝いをしていけたら、そんな想いを熱く語って頂きました。


カゴメは、センサーに手をかざすだけで野菜充足度をチェックできる機械を開発・発売しており、カゴメ本社にも設置されています。取材の後、Vegewel代表とライターも計測してみました!


代表は不足気味、ライターもやや不足気味という結果に…カゴメの野菜ジュースとトマトジュースを毎日飲んで、野菜不足を解消したいと思います!


大手企業のカゴメが動き出した事が大きな1歩となり、ますますヴィーガン対応が世の中に広がっていく可能性を感じる事が出来た取材でした。

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1400店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

国産製品初!「濃いアーモンドミルク」から待望の「無添加」登場!よりヘルシー・ナチュラルに【筑波乳業株式会社】

素材そのままの自然な味と高い品質で、一般消費者だけでなく、ヴィーガンシェフ・レストランからも支持されている、筑波乳業株式会社の「濃いアーモンドミルク」。

この度、7月1日に待望の食品添加物不使用の「無添加 濃いアーモンドミルク 砂糖不使用」125mlが発売になりました!

健康意識が高い方からの声を受けて、試行錯誤の上、社内一丸となって作りあげた新商品です。

見た目も香りも天然のまま、素材の味がより感じられるようになりました。

新商品の開発秘話や、「無添加だからこそおススメしたい」という、管理栄養士の篠原先生にお話を伺いました。

また、素材そのままで、より料理に活用しやすくなった、濃いアーモンドミルクを使ったレシピをご紹介します。

パワーアップして、ますますヘルシーに。


アーモンドミルクはビタミンEを始め、食物繊維・ミネラルが豊富。アンチエイジング効果に優れた成分が豊富に含まれることで人気のドリンクです。

また、コレステロールゼロ・低糖質で、良質な油分であるオレイン酸も豊富であることから、牛乳・豆乳に次ぐ「第3のミルク」のトップを走っています。

アーモンドが遺伝子組み換え作物ではないということも、選ばれるポイントです。

アーモンドミルクの説明記事はこちら
アーモンドミルクのここが知りたい!ダイエットや美容効果は?


そもそも、数あるアーモンドミルクの中で、なぜ濃いアーモンドミルクが愛されているのか?というと、

  • その名の通り、圧倒的に濃い!1本にアーモンド12.5粒分。料理に使うと、豆乳では出にくいコクが出る!
  • 白砂糖 ・香料・砂糖不使用なので、素材の味を楽しみやすい!
  • アーモンドが国内に届いてからまるごと粉砕し微細化しているので、酸化が少ない!

などなど、日々の生活で取り入れたくなる理由がたくさんあります。

筑波乳業の日本最大級のナッツ工場見学に伺った記事はこちら
国内最大級のナッツ工場。プラントベースミルクの新王者、「濃いアーモンドミルク」工場見学レポ!【筑波乳業】


ファンが多い中で、満を持して発売となった、無添加タイプの濃いアーモンドミルク。

早速飲んでみましたが、添加物が入っていなくても全く変わらぬ美味しさです!

むしろ、アーモンドの味をもっと感じられる気がします。

この美味しさで、どちらを選ぶ?と言われたら「もちろん無添加!」とみんな答えるはず。

ナチュラルな味はクセがなく、これなら無理なく毎日飲み続けられそうな予感。そのままはもちろん、甘酒とあわせたり、スムージーや、温めてスープに加えて飲んでも楽しめます。

1日当たりのビタミンEの摂取目安量はアーモンド20〜25粒程度とされていますが、毎日アーモンドをそんなに食べるのはちょっと大変。

濃いアーモンドミルクなら、これ1本で一日に必要な摂取目安量の約半分が摂取できるので、手軽でいいですね!

添加物がなく、アーモンドの成分が沈殿してしまうので、飲む前に上下に返して飲んでくださいね。

管理栄養士さんに聞いた、「無添加だからこそおススメしたい!」


濃いアーモンドミルクが無添加になったことで、より多くの人に飲んでもらいたい!と、絶賛しているのが、フィーカレディースクリニック管理栄養士・日本抗加齢医学会認定指導士の篠原絵里佳(しのはらえりか)先生です。

篠原先生のオフィシャルサイトはこちら
https://ericashinohara.com/

「アーモンドはオレイン酸をはじめ、様々なビタミンやミネラルが含まれており、栄養価の高い食品ですが、これらの栄養素を吸収するためには、しっかりよく噛んで食べなければなりません。

アーモンドミルクは液状のため、栄養成分の吸収がよく、手軽にとれるのが嬉しいところです。」


「私たちの体内では、紫外線、タバコの煙、ストレス、過度の飲酒、排気ガス、食品添加物等により、常に活性酸素が発生しています。よって、抗酸化作用のあるビタミンEが豊富なアーモンドミルクは、こまめに摂りたい食品です。

活性酸素は食品添加物を摂取することでも発生してしまうので、無添加のアーモンドミルクは、皆さまにお勧めしたいものです。

無添加なので、お料理にも、スムージーにも、オヤツにも使えるところも嬉しいです。また、濃いアーモンドミルクは濃度が高いため、アーモンドの栄養素をしっかり摂ることが出来るのもお勧めしたいポイントですね。」(篠原先生)

「お客様に安心・安全を」2年かけた開発までの道のり


「健康意識の高い方からは、無添加タイプのご要望が以前からありました」という、筑波乳業のみなさん。筑波乳業が今回無添加を発売した経緯を詳しく伺いました!

お伺いしたのは筑波乳業の郡司さん(写真・右)。

「美容や美肌などを求めて買う方が多いアーモンドミルクですが、弊社の商品は素材そのままの味を大事にしているからか、美容だけでなく、健康を求めて買われる方が多いです。乳アレルギーの方やヴィーガンの方からも買っていただいています。

以前から『無添加を』というお声も、直接お電話などでたくさん頂いていましたので、今回製品化することにしました。

アーモンドミルクは通常、増粘剤とph調整剤が入っています。豆乳もそうですが、アーモンドが酸に偏ると、もそもそと固まってしまいます。

また、アーモンドは水に溶けない性質なので、増粘剤が入っていないと、沈殿してしまうということがあり、無添加にするにはそこが問題点でした。」(郡司さん)

アーモンドの濃さをそのままで作るには、とても苦労があり、最初の試作から販売まで2年かかったそうです。

「工場では、ラインでアーモンドの成分がくっついて、固まってしまうこともありました。

パッケージに詰めても、パッケージの内壁に中身が固まってくっついてしまい、ストローで吸っても出てこないこともありましたね。濃度を8%に下げたものも試作しましたが、やっぱり薄かったので、10%のままでテストを続けました。」(郡司さん)


ヴィーガンの方のみならず、美容・健康を求める方に人気のオーガニックレストラン「アンチエイジングベジキュイジーヌ ハレノヒ食堂」でも、アーモンドミルクを使用した料理を提供しています。

こちらは「パプリカのファルシー 大和芋とアーモンドミルクのソース ビーツとアーモンドミルク玄米リゾット添え」。

有名レストランがこぞって使う濃いアーモンドミルクですが、食材としての認知はまだポピュラーではありません。

「単に飲むだけではなく、もっと料理に使って欲しい」と郡司さんはいいます。

「他のアーモンドミルクにはない、濃度が高いからこそでるコクや、国内で製造するからこそ味わえる新鮮さ、素材そのままの味も感じていただけると思います。添加物がないことで、料理にもさらに使いやすくなりました。

日本ではアーモンドミルクを料理に使う文化がまだないのでぜひ使ってみてほしいです!今までの料理にはなかった味わいが出ると思いますよ。」(郡司さん)


ハレノヒ食堂のアーモンドミルクスイーツ「シーベリーとゴジベリーのローケーキ 夏仕様」

「今まで、添加物が気になって、アーモンドミルクを自分で作っていた人にも飲んでみてもらいたいです。

丸ごとすり潰しているので、手作りでは難しい濃厚さがでる。ナッツのえぐみも少なく、アーモンドの甘みを感じられますね。」

ヴィーガンチーズも!アーモンドミルクレシピ公開!


「あわ麺のアーモンドクリームパスタ」

アーモンドミルク料理を自身のレストラン・ハレノヒ食堂で取り入れる小俣さん。

「他のアーモンドミルクと違い、濃厚で生クリームのようなコクがでるのに、さっぱりとして、料理に幅広く使えとっても重宝しています。」と、すっかり濃いアーモンドミルクのとりこなのだとか。

ヴィーガン料理やスイーツに使うと、旨味出しとしてかなり優秀なアーモンドミルク。筑波乳業に聞いた、そのおススメレシピをご紹介します!

アーモンドミルクヴィーガンチーズ

材料(8×8×4.5の型 2台分)

  • 無添加 濃いアーモンドミルク 1パック
  • 寒天 2g
  • 西京味噌 36g
  • 米粉 4g
  • 菜種サラダ油 48g
  • レモン果汁 4g
  • あらびき黒胡椒 0.4g
  • 水 60g

作り方
① 小鍋に寒天、「無添加 濃いアーモンドミルク 砂糖不使用」を入れ、木べらで混ぜながら弱火で加熱する。

② 寒天を煮溶かし、西京味噌・米粉を分量の水で溶いたものを加え、更に加熱する。

③ とろみがでてきたら、菜種サラダ油を加え、手早く全体を混ぜあわせる。

④ 火を止め、レモン果汁、黒胡椒を加えてひと混ぜし、容器に流し入れる。

⑤ 粗熱がとれたら冷蔵庫で2時間冷やし固める。(※調理時間外)

ナッツやハーブをトッピングして、お好みのフレーバーを作ってみてください。冷蔵庫で2〜3日保存可能です。

茄子と大豆ミートのアーモンドミルクラザニア

材料(12×12×5の耐熱容器1台分)

  • 餃子の皮 8枚
  • 茄子 小1本
  • オリーブオイル 2g
  • 塩 2g
  • 乾燥バジル 少々

ホワイトソース

  • 無添加濃いアーモンドミルク 1パック
  • 米粉 10g
  • 菜種サラダ油 12g
  • 西京味噌 12g
  • 胡椒 0.2g

大豆ミートソース

  • 大豆ミート(ミンチタイプ) 25g
  • 玉ねぎ 30g
  • にんにく 2.5g
  • 切り干し大根 10g
  • トマトピューレ 100g
  • 塩 2g
  • きび砂糖 7g
  • 醤油 6g
  • オリーブオイル 12g

下準備
① 大豆ミート(ミンチ)はたっぷりのお湯に5分浸し、ざるに上げ、水気をよく絞る。

② 切干大根は100gの水で戻す。水気を絞り、1cm長さに切る。戻し汁は別のボウルにとっておく。

③ 茄子は縦に3mm厚さにスライスし、水に浸し水気をよく拭く。玉ねぎ、にんにくはみじん切りにする。

④オーブンは220℃に予熱する。

作り方
① フライパンにオリーブオイルを入れ熱し、茄子に塩をふって両面色よく焼き、器にとる。

② ホワイトソースを作る。 小鍋に米粉、菜種サラダ油を入れ弱火で炒める。全体に油がまわったら、「無添加 濃いアーモンドミルク 砂糖不使用」と西京味噌を溶いて加え、木べらで混ぜ、とろみがついてきたら、胡椒を入れ、火を止める。バットに広げ、粗熱をとる。(ホワイトソースの完成)

③ 大豆ミートソースを作る。 フライパンにオリーブオイルを入れ中火で熱し、にんにく、玉ねぎを炒める。玉ねぎが透きとおってきたら、大豆ミート(ミンチ)、切干大根を順に入れ、水分をしっかり飛ばしながら炒め、塩をふる。

④ ③にトマトピューレ、切干大根の戻し汁を加えて沸騰させる。きび砂糖、醤油を加えて煮込み、汁気がなくなってきたら火を止める。(ミートソースの完成)

⑤ 耐熱容器にホワイトソースの半量を入れ、餃子の皮を2枚重ね、水にくぐらせたものを合計4つ並べ、ミートソースの半量、茄子の半量を入れる。これを繰り返し、最後に残りのホワイトソースをまわしかけ、バジルをふる。

⑥ オーブン中段に入れて15~20分焼く。表面に焼き色がついたら取り出す。

飲んでよし、食べてよし!なヴィーガンの味方!濃いアーモンドミルク。早速試してみたい方はこちらからどうぞ。

*取扱販売店
・紀ノ国屋(一部店舗)
・イオンボディ(レイクタウン店、東雲店、ユーカリが丘店)

*筑波乳業オンラインショップ
http://tsukubadairy.shop4.makeshop.jp/smartphone/index.html

*筑波乳業株式会社(濃いアーモンドミルクブランドサイト)
http://www.tsukuba-milk.co.jp/almondmilkpage2

篠原絵里佳(しのはらえりか)先生
フィーカレディースクリニック管理栄養士、日本抗加齢医学会認定指導士、睡眠改善インストラクター、野菜ソムリエプロ
オフィシャルサイト:https://ericashinohara.com/

アンチエイジングベジキュイジーヌ ハレノヒ食堂
https://www.hare-nohi.com/

アンチエイジングベジキュイジーヌ ハレノヒ食堂の詳細な情報はこちら

アーモンドミルクのレシピはこちらもチェック!

姫野理南子先生のアーモンドミルクレシピの記事はこちらから
★アーモンドミルク葛餅★~姫野理南子のHappyベジレシピ Seasonal flavor~

★即席アーモンドミルクホワイトソースのドリア★~姫野理南子のHappyベジレシピ Seasonal flavor~

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

アラブ王室御用達の「デーツ」の魅力に迫る~USOUQ(ユースーク)インタビュー~【読者プレゼントあり!】

自然に育まれた甘み100%、おいしくて栄養価の高いスーパーフードのデーツ。

見た目の地味さからは想像を絶するビューティフードで、その美味しさは一度食べたら虜に!

その魅力を知り尽くした、UAE原産の「デーツクラウン」の日本総代理店である「USOUQ株式会社」山田隆史(やまだたかふみ)社長にインタビュー。

そのまま食べるだけでなく、デーツのおいしい食べ方のアレンジや、豆知識をお伝えします。

※デーツクラウンの商品を、プラントベース商品専門店Vegewel Marchéで取り扱い開始しました!

クレオパトラの美の秘訣とも言われるミラクルフルーツ、デーツとは?


UAE・イラン・エジプトなど中東エリアやアフリカを中心に生産されるデーツ(=なつめやし)は、はるか昔から中東の人々の命を支えてきたミラクルフルーツです。

木で実ったまま熟し、豊かな日差しの下で天日乾燥されたドライフルーツのデーツは、成熟した天然の甘味とすぐれた栄養価で、スーパーフード・ギルトフリースイーツとしても、日本でじわじわと人気が高まっています。

どこか懐かしくほっとする、干し柿に似たような濃厚な甘味で、日本人の舌にも合う味わいです。

手軽に一口サイズで食べられるのも人気の秘訣。栄養バランスがよく消化負担をかけずにエネルギーチャージができるため、アスリートの携帯食としても需要が高まっています。

中近東の砂漠地帯の灼熱の環境条件の中で育つデーツ。

ラクダの背に乗り砂漠を旅する商人のキャラバンは、デーツ2~3粒で何日も旅することができると言われたり、イスラム教徒が「※ラマダン」明けにまず最初に口に入れるのがデーツであるように、消化がよく、胃にもやさしいドライフルーツです。

イスラム教の聖典であるコーランでは、デーツは「神の与えた食物」と書かれています。

※ラマダンとは、イスラム教徒たちの断食月のこと。イスラム教徒は、断食をすることで食べ物の有難みに感謝し、世界で飢餓に苦しむ人たちの気持ちを理解し、自分たちが食べなかった分を寄付したり、胃腸を休めることで心身をリセットしています。

ダイエット・便秘、貧血にも最適!一粒食べれば至福の味わい


太陽のエネルギーをたっぷりと吸収したデーツは、その奥行きある深い味わいと甘味が、お茶やコーヒー、ワインなどのアルコールにもぴったり。

写真のようにナッツやカカオニブをサンドして、また、ラクトベジの方はチーズと合わせて食べるのもおすすめです。

仕事中や勉強中、小腹が空いた時には脳のエネルギー補給にもぴったり。血糖値を急激に上げない穏やかな甘味が、心身をほっとさせてくれます。

デーツの魅力は、何と言ってもその栄養バランスの良さです。

鉄分・カルシウム・カリウム・銅・リンなどのミネラルが豊富。鉄分はほうれん草に匹敵、カリウムはバナナの1.5倍とかぼちゃやほうれん草も上回ります。 また、マグネシウムと食物繊維も豊富に含まれ、その含有量は果実の中でもトップクラスです!

妊婦さん、小さなお子様からお年寄りまで、老若男女問わずおすすめしたい天然のパワーフードです。


<デーツに含まれる注目栄養素(期待できる効能)>
◇カリウム(むくみ防止)
◇マグネシウム(排便促進)
◇カルシウム(イライラ解消)
◇食物繊維(便秘改善)
◇鉄分(貧血改善)
◇葉酸(発育、貧血対策)
◇ナイアシン(皮膚や粘膜健康維持)
◇亜鉛(アルコール分解)
◇パントテン酸(ストレス耐性)
◇ビタミンE(抗酸化作用)

(栄養素:文部科学省食品表示データベースより)

一粒でこんなに栄養素を摂りいれることができるなんて嬉しいではありませんか!

デーツクラウンのデーツに惚れ込む出会い


このミラクルフルーツのデーツに出会い、魅了されて、デーツの専門輸入販売を行うことになったUSOUQ株式会社の山田隆史社長に、その経緯と知られざるデーツの魅力についてじっくりとお話を伺いました。

※以下、「かっこ」内は山田社長のお話です。


−−デーツクラウンとの出会いを教えてください。

「デーツには前職の職場で出会いました。

IT企業の営業担当で、中東のドバイへ営業に行った際、現地のUAE人に『デーツは身体に良いし美味しい。我々は何千年も前から食べてきた天然の果実だ。日本人は甘いものが好きと聞いている。デーツを日本で売ってみたらどうだ?』と、逆営業されたんです。

前職の会社はIT企業でしたが、面白そうなので新規事業としてデーツの販売を始めました。

販売を始めた当時は、日本では今よりデーツの認知度はありませんでした。そんな中、一部のベジタリアンやヴィーガンの方々が、日本で販売されていた他国のデーツよりも当社のデーツは濃厚で美味しい、と買ってくれるようになりました。

しかし、会社が期待するような売上は上がらず、デーツの販売事業は中止となりました。

デーツクラウンのデーツの美味しさと栄養価に惚れ込んでいた私は、デーツをもっと多くの日本の方に食べてもらう仕事をどうしても続けたくて、会社のデーツの在庫を譲ってもらい、会社を辞めて独立しました。

個人事業主としてデーツの販売事業を新たに開始し、日本在住の外国人やムスリム(イスラム教徒)の方々にデーツを売り始めました。

日本人のお客様にも販売すべく、店舗や会社に営業をかけましたが、個人事業主と契約をしてくれる会社はほぼなく、これでは日本人へUAEのデーツを届けることができない、困ったぞということで、USOUQ(ユースーク)株式会社を作りました。

USOUQの意味は、U(ユー:英語のあなた、日本人の友達の友)+SOUQ(スーク:アラビア語で小さな市場の集まり)で、『あなた(友)の市場』という意味です。

USOUQとして、展示会や飛び込みで営業することで、徐々に店頭販売してくれるお客様も増えはじめ、日本人の方々にも当社のデーツを食べてもらえるようになりました。

初めて当社のデーツを食べられた方からは『黒糖・干し柿のような甘さで食べやすい』と喜びの言葉を頂き、デーツが苦手だった方々には『他のデーツよりも美味しく食べやすく、デーツが好きになった』と有り難いお声を頂いております。」


−−美味しいデーツの見分け方や産地別の味の違いを教えてください。

「山田さん、美味しいデーツはどれですか?と良く聞かれますが、『食べて美味しいと感じたデーツが美味しいので、お気に入りを見つけてください』と答えています。

デーツの種類は、品種と産地によって400以上とも言われています。お客さんの出身国によっても好きなデーツが異なるので面白いです。

デーツは気温50度を超え、雨がほとんど降らない地域で美味しく育ちます。また、種類によって、味・形・色・風味・食感が全て異なるんです。

当社では、日本人のお客様から美味しいと多くの声を頂いた品種のデーツを選んで販売しています。

甘みが強いのがお好みな方には「クナイジ種」を、さっぱりと食べられるのがお好きな方には「カラース種」をおすすめします。」

そのまま食べるだけではもったいない!!和食にも合う万能デーツ


−−ご主人と二人三脚でデーツの魅力広める茂子(しげこ)夫人に、デーツの魅力をお聞きしました!

「以前は料理やスイーツには甜菜糖を使っていたのですが、夫がデーツを扱い始めてから、スイーツもおかずも、全ての料理にデーツシロップ・デーツペースト・粒デーツを使うになりました。

デーツを使うようになってからは、味付けがやさしい、身体に良い味がする、甘味がさっぱりしていて素材の味がちゃんと感じられる、と言われることが多くなりました。

また、他の代替糖に比べて旨味を強く感じ、醤油や味噌などの大豆発酵食品と相性がとても良いので、作り方は変えてないのになんだか和食の腕が上がったような気になったのを覚えています(笑)。

動物性食品を使わなくても、デーツを使えば日本人が大好きな『旨味』をほんのり感じることができるので、精進料理のような和食ヴィーガン料理や、ヴィーガンスイーツなど、美味しくストレスなく食べることができるレパートリーが増えました。(茂子夫人)」

ご主人が独立する前はネイリストとしてネイルサロンを経営していた茂子さん。

独立後は、ファスティング&フードファスティングマイスターや、加工食品診断士・美腸アドバイザー・オーガニックビジネスなど、身体のインナーメンテナンスのための資格取得や勉強を重ねていました。

個人事業主としての活動を優先したかったため、当初はデーツの仕事に時間を割かれることに抵抗感が強かったのだとか。

今では夫婦二人三脚で、デーツを使った料理教室や製品開発などを積極的に行っており、仕事も家庭も順調だそう。深い絆で結ばれた素敵なご夫婦です。

これからは砂糖の代わりにデーツの時代!


−−山田社長、さらに奥深くデーツの可能性と魅力をもっと教えてください!

「デーツには主に下記の3つのアピールポイントがあります。

1.高機能な代替糖として、砂糖の代わりに
デーツは天然状態で糖度が高く、クセもそこまで強くないので、甘味料として使える食材です。糖質も、ブドウ糖と果糖がメインで、加工無しで既に最小単位に分解されています。しかも食物繊維・ビタミン・ミネラルを豊富に含み、甘くてもGI値は47程度と低め。

ドライフルーツとしてそのまま食べるだけでなく、スイーツ作りや、しょっぱいお料理の砂糖がわりにと、幅広く使っていただける可能性を持っています。

甘味のキレが良く、旨味やコクも出せるので、上品で満足感のある味にまとめやすいという実感があります。食事の味と栄養価を簡単にグレードアップできる点を推し、砂糖がわりの天然甘味料としてお料理への応用を推奨しています。

2.栄養機能の高い健康食品として
デーツは大変栄養価の高い食材です。一番は食物繊維!水溶性と不溶性のダブル食物繊維を豊富に含んでいます(シロップは水溶性のみ)。

また、果実ではトップクラスのマグネシウムを含むので、お通じがよくなるというご意見を多く頂きます。

また、葉酸など、B群やCなどのビタミン類や、カルシウム・亜鉛・銅などのミネラル類をバランスよく含有しているので、天然のマルチビタミンミネラルとして1日3粒程度で、栄養のバランスをとるのにお役立ていただける側面も持っています。

3.新しくておいしい食べ物として
デーツはとにかく甘くておいしい果物!しかも、干し芋にも干し柿にも似た、なんだか懐かしい味わい。食べた方は老若男女問わず皆さん『おいしい』と虜になります。」

−−どんな方にもっと食べてほしいですか?

「デーツはおいしくて栄養価が高いので、老若男女問わずたくさんの方に食べていただきたいのですが、特に、

  • 栄養補給が必要なスポーツをされる方
  • 食が細くなってしまったご高齢者
  • 妊娠後期の妊婦さん
  • 産褥期のお母さん
  • 加工品をよく食べる方
  • 食事のバランスが乱れがちな会社員の方がた
  • 成長期や受験期のお子さま

以上のような方々におすすめしたいです。」

欧米では砂糖税の導入などが囁かれ、白砂糖の健康へのデメリットから「シュガーフリー」と謳われる商品がずらりと並び、市場がどんどん広がっています。

そんな中、代替の甘味としてメイプルシロップやアガベシロップなどと並び注目される、ドライフルーツ由来のデーツ。

他の甘味にはない食物繊維やミネラルなどが含まれることからも、これからもっと広がり注目されていくことでしょう。

近年少しずつ認知度が上がってきましたが、まだまだ知らない方も多いこのおいしいドライフルーツ、新食材として、可能性は無限大です。

かく言う筆者も、このデーツクラウンのデーツ・デーツペースト・シロップに出会ってから、その魅力と美味しさにノックアウト。今では調味料や甘味料としてキッチンに欠かせないものとなっています。

甘味付けでなく、隠し味やコク出しにも大活躍です。

実・ペースト・シロップのそれぞれのおすすめの食べ方


デーツの実は、形状を生かして、種とヘタを取った後に好みの大きさにちぎって塊のまま混ぜ込む料理が向いています。

例:スコーン・キャロットラペ・ナッツサンド・デーツパン・パウンドケーキ


筆者は写真のように小豆あんを煮るときや、


巻き寿司の具、いなりずしの油揚げを煮るときにデーツの実を使います。

デーツの実を刻んで混ぜ込むことで、砂糖を含む糖類を使わずにおいしいあんこが作れたり、お揚げを煮ることができます。ペーストを使えばより合理的においしく作れますね。

ペーストは、とろみを出したり、粘りを出したり、しっとりさせたり、水止め・油止めしたい料理に向いています。

例:カレー・パスタソース・ドレッシング・大豆ミートハンバーグなど練り物のつなぎ・パン生地・ブラウニー・トリュフ・小倉あん・白和え


ココアとデーツペーストを合わせて甘夏ピールにチョコレートがけも。


シロップは万能。料理やスイーツの手軽な甘味付けや、コク出しの隠し味に向いています。

例:ホットドリンクやプリンのシロップとして、クッキー・きんぴら・かぼちゃや芋類の煮物・シフォンケーキなど何にでも。

USOUQ株式会社 デーツクラウン
https://www.good-dates.com/

ご購入・お問い合わせ先
個人のお客様:https://vegewel.com/ja/marche/
業務用のお客様:https://www.good-dates.com/#!/contact

USOUQのデーツシロップをつかったパンケーキやプリン、タピオカドリンクは、青山の「木と水と土と」にて頂くことができます。

取材記事はこちら
パンケーキに定食、おつまみも!ヴィーガンメニューが充実のカフェ。1日に何度も行きたくなる、木と水と土と【表参道】

読者プレゼント


この記事を読み、ぜひ食べてみたい・使ってみたい!と思われた方に嬉しいお知らせです!抽選で10名様にデーツクラウンのデーツシロップをプレゼント!

応募条件:インスタグラムに「#usouq_taka」「#デーツクラウン」をつけて、デーツシロップを使った料理やスイーツを投稿してくださる方。
応募期間:2019年5月10日迄
応募フォーム:https://forms.gle/K8b6G5apkXc2vRkd6

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

えっ!こんなにおいしいの?ヘルシーなのに本格派、お手軽なヴィーガンレトルト食品が新発売。SEE THE SUN(シーザサン)【Vegewel特典】

今、健康や環境などを考えて、注目されている大豆ミート食品。

「テーブルを創るすべての人を幸せに」を掲げる株式会社SEE THE SUN(シーザサン)は、大豆と玄米から作られた、お肉のような食感のZEN MEAT(ゼンミート)を販売しています。

そしてこの度、ZEN MEATを使用したレトルト食品が発売されました。

ヘルシー&ヴィーガンのレトルトシリーズは、「欧風カレー」「キーマカレー」「ストロガノフ」「ボロネーゼソース」の4種類。お手軽にレストランの味が再現できちゃう優れものです。

実際に食べてみてびっくり!ヴィーガンやベジタリアンでなくとも、野菜やキノコなどの深い味わいや、スパイスでパンチの効いたおいしさにきっと驚くはずです。

Vegewel読者に、素敵なVegewel特典もいただきました!

ZEN MEATのレトルトシリーズを食べてみよう!簡単・おいしい・感動です。


写真左上:ボロネーズソースパスタ 右上:ストロガノフ
左下:キーマカレー+潰したジャガイモ 右下:欧風カレー+玄米ご飯

ZEN MEATのレトルトシリーズを、実際に作って食べてみました。時間のない時も、料理があまり得意でなくても、温めるだけ、超簡単です!

1人で味わうもよし、仲間とシェアしてプチパーティーもよさそう。今回、ライターは4人でシェアしました。


熱湯の中に入れ3~4分あたためます。(電子レンジ調理も可)

その間にパスタを茹で、ごはんを用意。

その他、今回はトースターで少し焼いてカリッとさせた仙台麩と、茹でて潰しただけのジャガイモを用意しました。冷蔵庫の野菜を出して、準備はこれだけ。


「欧風カレー」には、ブロックタイプのZEN MEATを使用。ゴロゴロと存在感たっぷりのZEN MEATの迫力に驚きます。何層にも重なる深い味わいに大満足です。


ミンチタイプのZEN MEATを使用した「キーマカレー」は、スパイスの効いた刺激的な味。今回はジャガイモと合わせましたが、好みで色々とアレンジができそうです。


「ボロネーゼソース」には、ミンチタイプのZEN MEATがたっぷり。トマトのさわやかな酸味の中に濃縮された野菜の旨味がたまりません。


スライス肉タイプのZEN MEATの存在感があり、濃厚でコクがある「ストロガノフ」は、リッチな味わい。カリカリの仙台麩とも相性バッチリで、食べ応えがあります。

温めるだけで、このおいしさをいただけるのは感動です!

SEE THE SUN の商品開発部長の髙橋慎吾(たかはししんご)さんに、商品についてお聞きしました。


※以下、「」内は髙橋さんのお話です。

〇 今、注目の玄米入りソイミート・ZEN MEATを使ったレトルト食品シリーズについて教えて下さい。

「2018年11月、ZEN MEATを使った即食シリーズ4品を発売しました。いずれも動物性原料不使用(ヴィーガン対応)・低脂質・香料不使用の品質となっています。

昨今注目が高まっているヴィーガンやベジタリアンの方はもちろん、健康意識の高い方や、ナチュラル志向の方など幅広いお客様に向けた仕立てとなっています。

動物性のダシや香料などに頼らず、野菜やキノコ類などの素材本来の旨味を最大限に引き出し、さらにそこにZEN MEATを加えることで、ヘルシーながら満足感溢れる味わいを実現しました。」

〇 こんなレトルト食品を待っていました!商品の開発経緯を教えて下さい。


「SEE THE SUNでは、2017年4月の創業以来、玄米入りソイミート『ZEN MEAT』の普及に尽力していますが、ソイミート自体を使って一から自分の手で調理をするには、まだまだ一定のハードルがあると思っています。

また、そもそも生活者にとって、ソイミートの食経験自体が少ない中で、より手軽にソイミートの美味しさや価値を体験する商品が必要であると考えておりました。

様々な文化的背景を持った人々同士の交流が活発化し、個人のニーズが細分化・多様化していく世の中において、SEE THE SUNは『誰もが笑顔で同じテーブルを囲むことができる世界』を目指しています。

それゆえ、今回の商品に関しては、様々な理由や背景から動物性食材を口にできない方が安心して召し上がれることはもちろんのこと、そういった制限のない生活者の方々にとっても美味しく価値のある商品にすることを目指しました。

そうすることで、例えばヴィーガンやベジタリアンの方とそうではない方とでも、ストレスなく同じテーブルで同じ食体験をすることができ、食本来の楽しさが広がると考えています。

更に、動物性原料を使用していないだけでなく、『低脂質』や『香料不使用』というエッセンスを加え、健康志向の方やナチュラル派の方などでも積極的に取り入れていただける仕立てにすることで、どんどん同じテーブルに座ることのできる人を増やしていくことを意識しました。

もちろん、従来の即食商品ユーザーの方にも喜んでいただける満足感を実現できていると自負しています。

できるだけ多くのお客様の選択肢になっていければと考えています。」

おいしいものを食べるって幸せです。仲間と一緒なら、なお楽しい!このように食の選択肢が増えていくとうれしいですね。

〇 商品のこだわりについて教えて下さい。

「ポイント①は、未来のお肉ZEN MEAT。

玄米入りソイミートZEN MEATは、まるでお肉のような食感。そのヘルシーで食べ応えのある味わいは、今回の『低脂質かつ美味しい!』を実現するには必要不可欠でした。

キーマカレーとボロネーゼソースに使用しているひき肉タイプの『ZEN MEAT MINCE』、欧風カレーに使用しているゴロっとした『ZEN MEAT BLOCK』、ストロガノフに使用しているスライス肉タイプの『ZEN MEAT FILLET』、3種それぞれの驚きを是非体験してみてください。


ポイント②は、動物性原料不使用。

お肉や魚介類などを一切使わず、野菜やキノコ類など、レシピ配合には徹底的にこだわりました。

ポイント③は低脂質。

美味しい食事は食べたい。でも罪悪感が…。そんな方でも安心してお選びいただけるよう、低脂質化を実現しました。

しかも、『確かにヘルシーだけど味気ない…』なんてことがないよう、しっかりと食べ応えと味わいにはこだわりました。

ポイント④は、香料不使用。

SEE THE SUNの持つ配合技術を活かして、素材本来の旨味を最大限に引き出しました。

ポイント⑤は、パッケージデザイン。


食事は一人で黙々と『消化』すれば良いものではなく、会話をしながら楽しんだり、その美味しさに思わず笑顔がこぼれたり…一食一食に小さなストーリーがあるもの。

今回はそんな日常の『食卓』のひとコマを切り取り、デザインとして表現しました。

食のカタチは時代とともに変わっていきますが、そのような中でもテーブルの上には変わらない大切なものがある。SEE THE SUNはそう考えます。」

〇 パッケージのアイコン表示について教えて下さい。


「SEE THE SUNの商品パッケージには、それぞれの商品の特徴を表すアイコンが描かれています。

以前欧米のマーケットを視察した際に、商品の多くに機能を示すアイコンが付されており、日本人の私たちでも直感的にその内容を理解することができました。

特に様々な言語や文化的背景を持つ人が生活する欧米においては、それが当たり前の姿なのかもしれませんが、私たちにとってはとても新鮮に感じ、そしてその当たり前がとても素晴らしいことだと感じました。」


「日本も例外ではなく、様々な背景を持つ人が生活をしており、欧米マーケットで見たような表示を行うことで、どこかで困っている人たちのお役に立てるのではないかと思い、その商品の特徴を示すアイコンを入れることにしました。

商品をお選びいただく際のお役に立てれば…。SEE THE SUNのちょっとしたこだわりです。」

〇 欧風カレーは大平哲雄(おおひらてつお)シェフの監修とお聞きしました。シェフとの出会いを教えて下さい。

「今回のZEN MEAT欧風カレーに関しては、東高円寺で『野菜キッチンCocomo』のオーナーシェフを務める大平哲雄さんにレシピの監修をいただいております。

大平さんは世界20ヶ国のレストランで修業をし、帰国後は自然派インド料理店ナタラジ青山店のシェフや、伝説のオーガニック・ベジタリアンレストラン『ロータス&フラワーズ・ワン』のオーナーシェフを務めるなどした、まさに菜食のプロフェッショナルです。

大平さんは、如何にヴィーガンやベジタリアン以外の方にも菜食料理を美味しく楽しんでもらえるかを意識されており、実際にお店にいらっしゃるお客様も多くは菜食志向の方ではないそうです。

そんな、我々の目指す世界を地で行かれている大平シェフとは、とある地方生産者様のご紹介で2017年の年末にお引き合わせいただきました。お互いの理念や考え方にすぐに共感し合い、翌月には共同開発の話がスタートしました。」


「その時点で既に商品として存在していた、キーマカレー・欧風カレー・ボロネーゼソースをリニューアルすることは決定していたのですが、その中でも特に味づくりに苦慮していた欧風カレーに関して、一緒に取り組むことになりました。

欧風カレーはベースとなる『ダシ』が風味の大きなポイントなのですが、動物性の原料を使用せずにコクや深みを出すことが非常に難しく、社内ではなかなかそこをブレークスルーすることができていませんでした。

その悩みを相談したところ、大平シェフはすぐに複数パターンの試作品を作ってくださいました。

深みのある王道系のものから、スパイスのパンチが利いた本格派のもの、まろやかさが強調され幅広く受け入れられそうなものなど、方向性は異なるもののどれも完成度が高く、ダシの味わいを感じるものとなっており、プロフェッショナルの仕事に思わず唸った記憶があります。

その中でも、野菜のコクや旨味が凝縮された、まさに菜食の魅力がぎゅっと詰まったレシピを選択しました。

それ以降も複数回の協議とブラッシュアップを重ね、最終的に今回の品質に辿り着きました。

是非お客様には『ZEN MEAT欧風カレー』の野菜の旨味の奥深さと魅力を感じていただきたいです。」


ZEN MEAT KEEMA CURY(ゼンミートキーマカレー)180g 600円(税抜)。


「野菜キッチンCocomo」の大平哲雄シェフ監修。ZEN MEAT EUROPEAN STYLE CURRY(ゼンミート欧風カレー)180g 600円(税抜)。


ZEN MEAT STROGANOFF(ゼンミートストロガノフ)180g 600円(税抜)。


ZEN MEAT BOLOGNESE SAUCE(ゼンミートボロネーゼソース)140g 500円(税抜)。

〇 どこで購入できますか?

など、今後販売店は拡大予定です。

〇 今後の展開やビジョンを教えて下さい。


「モノづくりにおいては、より多くの課題解決ができる商品を作っていきたいと思っています。

今は植物性商品を中心にラインナップ化を行っておりますが、それ以外にも、一部業務用商材として販売を開始しているグルテンフリーパスタなどの食物アレルギーに対応したもの、飲食現場や家庭のキッチンでの調理負担を軽減するもの、日本の食文化をダイレクトに感じられるものなど、色々と構想はあります。

理想論ではありますが『SEE THE SUNの商品ラインナップを見に行けば、自分の体質や考えに合ったものが必ず見つかる』、そんな世界が創れたらいいなと考えています。

モノづくり以外に関しても実はSEE THE SUNは動いています。

食に従事されている方々と日々お話しをさせていただく中で、食の世界には様々な課題が山積していることに気付かされます。

フードロスや食糧難、人口増による動物性たんぱく不足、飲食現場での労働力不足や、生産者の方々の跡取り問題・経済問題など…挙げ出したらキリがありません。

SEE THE SUNのミッションは『テーブルを創るすべての人を幸せに』ですが、食卓の上で食事をする方々の課題だけでなく、こういった食卓の裏側に隠れた様々な課題に対しても取り組んでいます。

一方でこれらの社会的な課題はあまりにも規模が大きく、一個人や一企業の力だけで解決をするには限界があることにも気付いています。

それゆえ、業種や業界、企業・個人の垣根を越えて、同じビジョンをもつ様々な仲間とコミュニティを形成することで、ひとつひとつ課題を解決していくことができればと考えています。」


美しい海と山に囲まれた葉山町からSEE THE SUNの様々な取り組みが発信されます。


食は私たちが生きていくうえで、切っても切れないもの。未来を見据えて考えなければならないことはたくさんありますね。

まずは、自分や家族の健康を考え、環境にもやさしい選択をすることから始めてみては。

これからのSEE THE SUNの取り組みにも注目ですね!

髙橋さん、お忙しい中、丁寧にお答えいただきましてありがとうございました。

Vegewel特典

素敵なVegewel特典をいただきました!

Vegewel読者にうれしい特典をいただきました。ぜひ、皆さんにも食べてほしい!

ZEN MEATを使ったレトルト4種詰め合わせを抽選で10名様にプレゼントです。

ご希望の方は、こちらの応募フォームからお申込み下さい。

※申込み期間は、本日より2月23日(土)まで。

株式会社SEE THE SUN
オンラインショップ https://seethesun.jp/shop/
オフィシャルサイト https://www.seethesun.jp/

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!