カリッとサクッ♡大豆ミートで作る惣菜屋風ヴィーガンコロッケ

お店で売っている揚げたてのお惣菜コロッケは、ほくほくして美味しいですよね。

今回は、そんなコロッケを大豆ミートと植物性食品だけで美味しく作りました。

とっても簡単でヘルシーなので、ヴィーガンやベジタリアンの方はもちろん、普段大豆ミートを利用したことのない方もお試しいただきたいレシピです。

「大豆ミートのお惣菜コロッケ」をおいしく作るポイント

中に入っている具をジャガイモやカボチャなどの根菜類で作れば、あとは衣を工夫して、卵なしでも作れます。この調理法をマスターすれば、ヴィーガンやベジタリアンの方も、さっくりとした揚げ物が作りやすくなりますよ。

今回のレシピは、コンビニや町のお総菜屋さんでよく売っている、あのカリッとサックとした「お惣菜コロッケ」を目指してみました。

そのため、中に入れる具材にお肉の代わりの大豆ミートとコーンを使います。周りの衣は卵の代わりに、水溶き小麦粉で粘りを出してパン粉がからみやすいように工夫しました。

揚げ油も、ヘルシーで酸化しにくい米油を利用しています。ほんの少しココナッツオイルを混ぜることで、香り豊かなカラッとした美味しさになりました。

それではさっそく作ってみましょう!

材料(10個分)

ゆでた大豆ミート(ひき肉タイプ)・・・100g
ジャガイモ・・・5個
塩・・・少々
甘酒・・・大さじ1
コーン・・・1/2カップ
水溶き小麦粉・・・約1カップ(小麦粉1/3カップ水150㏄をよく混ぜる)
パン粉・・・1カップ ※ヴィーガンの人は植物性のものを使用
米油・・・適量
ココナッツオイル・・・大さじ1
植物性ソース・・・お好みで
飾り用のレタス・・・適量

作り方

①ジャガイモは皮をむいてゆでてつぶし、大豆ミート、コーン、塩、甘酒と一緒に混ぜて具を作る。

②10等分にした①に水溶き小麦粉をからめる。

③ ②にパン粉をしっかりつける。

④米油とココナッツオイルを混ぜた油で190℃に設定し、きつね色になるまで揚げる。

⑤お好みで、レタスやパセリをそえてソースをかける。

今回は、大豆ミートを使って、さっくりと揚げてみましたが、中の具材は火を通さずそのままでも食べられるので、以前ご紹介した、揚げないコロッケのレシピもおススメです。

また、ジャガイモの代わりに、サトイモ、サツマイモ、カボチャなどの根菜類や水切りした豆腐を使っても美味しく仕上がりますよ。

ベジレシピ一覧

Vegewelで大好評のベジレシピの一覧は下記からご覧ください!
https://vegewel.com/ja/style/categories/recipe

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1400店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

投稿者:

松下 和代

松下 和代

食事は、「心のこもった温かい手で」をモットーに児童養護施設に住み込みで働く。さらに、栄養士として、ミルク会社のメールマガジンの編集・栄養・保育相談を担当後、フリーで各種保育施設の献立制作や栄養相談・テレビ・雑誌・WEB等で栄養関連の執筆を行う。現在は、ライター稼業兼、こじんまりとした料理教室を主宰。栄養士・調理師・保育士・食品アドバイザーの資格所有。趣味は、ホラー漫画とフィギア集め。