ヘルシーな知識

マクロビオティックにみる季節の食べ方「春」~しあわせこよみごはん 〜

日に日にあたたかくなって、太陽の光や空気からも穏やかさを感じてきました。

冬の間じっと耐え忍んでいた様々な生き物たちが活動をはじめる季節。

植物は新しい命を芽吹き、動物も冬眠から目覚めます。

私たちの体と心も活発になってきます。古いものを手放したり、新しいことをはじめるにもぴったりの季節ですね。

心身ともに軽やかにのびのびと、新たなスタートをしていきましょう。

この時期を快適に過ごすヒントを「しあわせこよみごはん」5人のメンバーの目線で、5つのテーマからお伝えしていきます。

春を快適に過ごすために~春の食べ方


春はすべての命が活動をはじめる「芽吹き」の季節です。私たちの体も、大地から芽がでるように、新陳代謝が活発になっていきます。

まずは古いものを上手に出すことから始めましょう。

冬の間にため込んだ脂肪やエネルギーを排出し、体を軽やかにしていきます。老廃物の代謝を助けてくれる食材や発酵食品、油を使わない調理法などをうまく取り入れていくのがおすすめです。

また、「芽吹く」という視点から食べ物を考えると、ふきのとうやよもぎなど春の訪れを告げる野草や山菜が思い浮かびます。

野草や山菜のほろ苦さは、体の老廃物をデトックスしてくれる働きがありますので、この時期は特に体が癒されるような感覚を感じるかと思います。

発芽するような、もやしやスプラウト系の野菜も、「芽吹き」のエネルギーをもつもの。ぐんぐん伸びていく芽のように、私たちの心身ものびやかになれることでしょう。

陰陽五行では、春は「木」のエネルギーとなり、「肝(肝臓・胆のう)」が活発に働きます。活発に働くということは疲れもでてきますので、春は「肝」のトラブルが起きやすくもなります。

「肝腎要(かんじんかなめ)」というように、肝臓はとても大切な臓器。日々私たちの血液をきれいにしてくれている働き者です。春は特に頑張ってくれていますので、ぜひ優しく労わってくださいね。


春に起こりやすいトラブル、ダメージを受けやすい臓器

筋肉や血管・生理のトラブル/足がつる/目の疲れ/爪が欠けやすい/ストレスに弱くなる/イライラする/のどにものがつまる、吐き気/だるい、疲れやすい/突発性の病気/自律神経のトラブルなど

春におすすめの食材

  • 緑の野菜(小松菜・ブロッコリー・チンゲン菜・春菊・ニラ・パセリなど)
  • 酸味のあるもの(梅干し・酢・柑橘類など)
  • 野草(よもぎ・ふきのとう・ふき・たらのめなど)
  • 春野菜(春キャベツ・春玉ねぎ・菜の花など)
  • 芽吹くもの(もやし・アルファルファ・ワカメなど)
  • 発酵食品(味噌・納豆・テンペ・梅干し・甘酒・浅漬けなど)
  • 麦(小麦・大麦・はと麦・押し麦など)
  • その他、ふのり、豆など

春に控えた方がいい食材

油もの、脂肪の多いトロや霜降りなどの肉魚、食品添加物、砂糖、激辛食品など

春におすすめの調理法

  • 蒸す、ゆでる、軽いプレス
  • ウォーターソテーや重ね煮などのノンオイル調理
  • 和え物や、軽く仕上げる調理 など


これから週に一回、以下の食材とテーマをお届けしていきます。(タイトルやテーマは多少変更する可能性があります。)

  • 「芽吹く食材/季節とともに体も目覚めさせるために」~Noriko
  • 「発酵食品/身近な調味料で花粉症対策」〜Yuki
  • 「麦と酸味/眉間のシワ、そのイライラは肝臓のお疲れかも」~Miyumi
  • 「油をつかわない料理/肝臓と目、筋肉、爪」~Rika
  • 「青菜と少食、玄米のパワー/自律神経失調症、うつ、不眠症と食生活の関係性」~Hiroko

しあわせこよみごはんがお伝えしたいこと


こよみにあわせた食材(旬のもの)には力強い生命力があり、美しく、何より美味しいです。

まごころを込めて調理するあたたかな気持ちは、食材にも食べる人にも伝わります。

こよみに寄り添って、人に寄り添って、自分の心に寄り添って。

いのちをつくる日々のごはんが、皆様の穏やかさと健やかさとなりますように。

そして楽しく幸せな日々をおくれますように。

今後もヘルシーで役立つ記事を配信していきますので、ぜひシェアをお願いします!

ヘルシーなレストランを検索

Vegewelではレストランを検索できることをご存知ですか?

オーガニックやグルテンフリー、ベジタリアンといったヘルシーな切り口でお店を探せますので、ぜひお試しください!
検索はこちら→https://vegewel.com/ja/

<>

清野利佳

清野利佳

投稿者の記事一覧

リマクッキングスクール師範科修了
アンダーザライトヨガスクール ティーチャートレーニング、ホリスティックフードトレーニング修了

新潟の温泉宿で生まれ、湯治文化の中で育つ。
自然や食を大切にする母の影響でマクロビオティックと出会い、食と体と心のつながりを深く実感。
また、マクロビオティックを実践する中でヨガと出会い、体と心、生き方が軽やかになる感覚を体感する。
自身の心身の変化を通じ、食の大切さや面白さを大きな視点で伝えたいと、日々学び、活動している。

スポンサー



レストランを探す

おすすめ記事

マクロビオティックにみる季節の食べ方・季節の変わり目「土用」~しあわせこよみごはん~

収穫の秋。木々たちは黄金色に色を変え、ぐっと日が落ちるのも早くなりましたね。暑い暑いと言って…

ココナッツ製品の中で人気の「ココナッツオイル」の効果効能や便利な活用方法とは?

以前に、ココナッツミルク・ココナッツシュガーについての記事をお届けしました。ココナッツは万能…

里山と大自然に囲まれて、Farm to Table なベジランチを。鴨川自然王国・Café En(カフェ・エン)【千葉県鴨川市】

とくに海が美しいことで知られ、最近は世界中のサーファーや観光客が訪れる、千葉県鴨川市。でも実は、里山…

ピックアップ記事

PAGE TOP