ヘルシーな知識

しあわせこよみごはん~腎と骨/干し野菜を使った料理~

いよいよ2018年の幕開けですね。

年末年始はどのようにお過ごしでしたか?ゆっくり過ごせたという方も、何かとせわしなかったという方もいるかと思います。

お正月は非日常の「ハレの日」。おめでたい日は街も人もお祝いモードで華やかですよね。対して日常である「ケの日」も、とても大切です。

仕事や家事や育児など、日々やることに追われていたり、時間がなかったりすると、自分の体と心の声が聞こえにくくなってしまうかもしれません。ぜひご自身に向き合う時間をつくって、自分にもやさしくしてあげてくださいね。

新しい年が皆様にとってすばらしいものとなりますようにお祈り申し上げます。

さて、年が明けて寒さも本番の季節。

陰陽五行で、冬は「腎」の季節となり、腎臓や膀胱と関係していると考えます。

これらは冷えに弱い臓器でもあるので、体を外側からも内側からも温めていきましょう。冷えの改善についてはこちらをぜひ読んでみてくださいね。
しあわせこよみごはん 「黒い食材パワーで代謝UP~冷え性改善」

また、「腎」が弱ると、骨や耳、髪、婦人科系などに不調が出てきます。
しあわせこよみごはん ~マクロビオティックにみる冬を快適に過ごす食べ方と過ごし方~

今回は「腎と骨」についてのお話と、腎をケアする「干し野菜」を使ったお料理をご紹介させて頂きます。


「腎と骨」


骨の発育や維持と深く関わっている「腎(腎臓・膀胱)」。

「腎」が弱ると、骨がもろくなって骨折しやすくなったり、腰や節々の痛みが出てくるようになります。

骨や歯を弱めるものとして、気をつけたいのが白砂糖です。

白砂糖などの酸性食品は体を酸化させるといわれていますが、白砂糖が体内で代謝される過程で、酸化した体を中和する為にカルシウムが使われます。

この時、血液中のカルシウム量が不足すると骨や歯を溶かして賄うため、骨が弱くなってしまいます。ケーキやアイスクリームなど、甘いものが好きな方は多いと思いますが、やはりそういったお菓子類は特別なもの。

お菓子やデザートを毎日食べている人は、本当に今食べたいのか自分の体と心の声に耳を澄ませてみてください。癖でつい手を伸ばしているだけの時は、一度お茶などを飲んだり別のことに気持ちを持っていくのも手です。

お肉やお魚などを食べすぎている時も甘いものが欲しくなります。食後にデザートを欲した時はその前に食べた食事の味付けやバランスを振り返ってみると、思い当たることもあるかもしれません。

また、忙しかったり、ストレスを感じたりと、心がギューと締まってしまった時にも、リラックスするために甘いものが食べたくなります。

リラックスしたい時は、例えばリンゴジュースを温めて飲むとホッとできておすすめです。お好みでシナモンをかけても美味しいですよ。

また、ヨガの視点を交えてお話ししますと、ヨガでは心と呼吸はつながっていると考えられてます。忙しい時や心の余裕がないときは呼吸が浅くなっているかもしれないので、まずは深い呼吸をして心を落ち着けましょう。

天日に干すということ


「腎」は冷えに弱いため、冬の寒さは「腎」に負担をかけます。「腎」が弱ると、体内の水分代謝がうまくいかなくなり、体がむくんだり、さらなる冷えにもつながっていきます。

野菜やきのこを天日に干すと、食材が陽性化され、体を温める働きをしてくれます。冬場は太陽光が少ないので、食べたものを介して太陽のエネルギーを体にとりこむという意味合いもあります。

干すことで旨味や栄養分が凝縮するという効果もうれしいところ。カルシウムや鉄分などの栄養分が凝縮されたり、キノコ類は干すことでビタミンDが作られるそうです。

ビタミンDはカルシウムの吸収と関係するので、骨を丈夫にするのにもぴったりですね。天日に干したものは体の水はけを良くし、利尿剤にもなるので、「腎」のケアをしたいこの季節にぜひ取り入れたい食材の1つです。

干し野菜をつかったレシピ

「干し野菜の焼き蕎麦」

【材料(2人分)】

  • 蕎麦(乾麺) 200g(固めに茹でて、水気を切っておく)
  • 油揚げ 1枚(油抜きをして細切り)
  • ごま油 大1
  • しょうが 1かけ(みじん切り)
  • 醤油 大1~
  • 塩 少々
  • 青のり 適量
  • 紅しょうが 適量

《干し野菜》→ザル等に並べて、天日に数時間干す。

  • 白菜 200g(軸がついたまま縦に6~8等分程)
  • 長ねぎ 100g(斜め厚切り)
  • 人参 80g(短冊切り)
  • 小松菜 50g(細いものはそのまま。太いものは軸を縦半分に切る。)
  • エリンギ 50g(短冊切り)

【作り方】

① 白菜は細めに、小松菜は食べやすい大きさにざく切りにする。
② フライパンをあたため、ごま油としょうがを入れる。
③ ②に長ネギを入れて、軽く塩を振り入れ、少ししんなりするまで炒める。
④ ③に小松菜、白菜、にんじん、エリンギ、油揚げを加え、軽く塩をふり入れ、炒める。
⑤ ④に茹でた蕎麦を加え、醤油で味付けする。お好みでこしょうをかけてもおいしいです。
⑥ 器に盛り、青のりと紅しょうがをかける。

「切り干し大根と高野豆腐の煮物」


【材料(作りやすい量)】

  • 切り干し大根 25g(ほぐしてごみ落とし、水で手早く洗いざるにあげておく)※天日干しでないものは天日に数時間~1日程干すと良い
  • 高野豆腐 1枚(湯戻しをし、水気を絞る。絞った水が白く濁らなくなるまで数回行う。食べやすい大きさに短冊切り。)
  • ごま油 小1/2
  • 水 適量
  • 醤油 大1~1.5

【作り方】

① 切り干し大根は食べやすい長さに切る。
② 鍋を温めてごま油をいれ、切り干し大根を入れて炒める。
③ ②に水をひたひたに加えてふたをし、強火にする。沸騰したら弱火にしてやわらかくなるまで煮る。
④ ③に高野豆腐を入れ、醤油を加えて全体を混ぜる。
⑤ ④を中火にし、再度沸騰させたら、弱火にして煮る。
⑥ ⑤を汁気がなくなるまで煮含め、最後に全体を混ぜる。

寒さが本番の時期ですが、立春まであと少し。残りの冬を楽しみながら過ごしたいですね。

【大好評のベジレシピ一覧はこちら】
https://style.vegewel.com/ja/category/recipe/

今後もヘルシーで役立つ記事を配信していきますので、ぜひシェアをお願いします!

ヘルシーなレストランを検索

Vegewelではレストランを検索できることをご存知ですか?
オーガニックやグルテンフリー、ベジタリアンといったヘルシーな切り口でお店を探せますので、ぜひお試しください!
検索はこちら→https://vegewel.com/ja/

ニュースレター

Vegewel Styleでは、ヘルシーな食の情報を定期的にメールでお届けしています。メールアドレスだけで無料でご登録頂けますので、ぜひご利用ください!


清野利佳

清野利佳

投稿者の記事一覧

リマクッキングスクール師範科修了
アンダーザライトヨガスクール ティーチャートレーニング、ホリスティックフードトレーニング修了

新潟の温泉宿で生まれ、湯治文化の中で育つ。
自然や食を大切にする母の影響でマクロビオティックと出会い、食と体と心のつながりを深く実感。
また、マクロビオティックを実践する中でヨガと出会い、体と心、生き方が軽やかになる感覚を体感する。
自身の心身の変化を通じ、食の大切さや面白さを大きな視点で伝えたいと、日々学び、活動している。

スポンサー



レストランを探す

おすすめ記事

血液さらさら・食事で動脈硬化を防ぐ!夏の時期の上手な穀物の摂り方~しあわせこよみごはん~

今年は史上一番に早い梅雨明けから急激に暑い日が続いており、異常気象も深刻ですね。豪雨による災…

【保存版】全部野菜だけど美味しい!ヘルシーなビーガンラーメン35選【東京・横浜・千葉】

テレビでも話題沸騰のビーガンラーメン。野菜や海藻だけで作られたとってもヘルシーなラーメンです。…

【保存版】東京・渋谷駅のベジタリアン・ヴィーガン対応店8選

言わずと知れた東京の中心地、渋谷。駅前のスクランブル交差点そのままに、多くの人が行き交い、常…

ピックアップ記事

PAGE TOP