飲食店取材

わんちゃんと人の幸せな共生~出逢って繋がるBORDERLESS(ボーダーレス)な場所。AHBASE/Rcafe192【両国】

両国に新たなコミュニティスペースとなるドッグパーク「AHBASE(エイエイチベース)」、そしてAHBASE内に併設されたカフェ「Rcafe192(アールカフェ192)」がオープン。

Rcafe192は、国境も、性別も年齢も動物も分け隔てなく、ビーガン・グルテンフリーなどの様々な価値観やライフスタイル、食の嗜好もすべてウェルカムなカフェです。

今回は、10月2日に開催されたグランドオープンレセプションパーティーの模様をご紹介します。

Rcafe192の場所や詳細な情報はこちら

江戸文化発祥の街、相撲の本拠地である両国に現れた「AHBASE」


「わんちゃんを通して人が集い、動物と人間が暮らしやすい社会をつくる場所」「動物と人間がお互いを助け合い、健康で豊かな生活が育める社会」をビジョンに、AHBASEは作られました。

災害時には近隣住民の方々の一時避難場所としても使われることを想定しています。

こちらの施設は、ペットショップ「Pet Plus」をイオンなど全国100店舗以上で展開する、株式会社AHBが2018年9月10日にオープン。

プロデュースは、俳優の伊勢谷友介さんが代表を務め「人類が地球に生き残るために」を掲げる、株式会社リバースプロジェクトが行っています。

歴史の街、下町墨田区の新しいコミュニティスペースとして、わんちゃんを飼っている人もそうでない人も、誰もが利用できるふれあいと出会いの場になります。

AHBASEには、ドクターがいる予防に特化したクリニックやドッグホテル、しつけトレーニング、ふれあい広場、ドッグウォーク、そしてわんちゃんと一緒に食事ができるカフェ「Rcafe192」を併設。

1時間1,500円でわんちゃんと触れ合えるDOGGIES ROOMでは、カフェのドリンクを飲みながら寛いで彼らと戯れることができます。

施設のわんちゃんたちは、ブリーディングを終えたファザードッグやマザードッグ、そしてハンディキャップを持った子など、個性豊かなわんちゃんたち。

彼らとふれあう中で気に入った子がいれば、家族として迎え入れることもできます。


施設内では、

  • 自宅ではお風呂を入れるのが難しい大型犬なども利用できるセルフウォッシュスペース
  • 両国の街を一緒にお散歩するサービス(30分・1,500円)
  • わんちゃんのドッグホテル(1時間・1,500円)・カウンセリング(30分・1,500円~)
  • トレーニング&マナー講座(トレーニング・1回3,000円~)・メディカルチェック(1,500円~)

など、至れり尽くせりなサービスが揃っています。

両国駅からも5分の立地でアクセスもよく、館内だけでなく周辺も広々とした敷地で、都内でありながらリラックスできる、解放感あるスペースです。

わんちゃんを飼いたいけれど、自信がなくて踏み切れないでいる人は、ここでお試し飼い主体験をしてみたり、事情で飼えない人はここにきて触れ合うことができます。

この日いた子たちもみんな人懐っこくておりこうさん、元気いっぱいでやんちゃで、かわいいといったら!!

自然と頬がほころび笑顔になってしまいます。

仕事や人間関係で疲れた時にも、ここに来ればきっと生き返る、愛溢れる場所です。

環境や途上国の生活を壊しながら生きているなんてダサい!!


これは、リバースプロジェクト代表の伊勢谷友介さんの言葉です。

10年目を迎えるリバースプロジェクトは、”人類が地球に生き残るために” をテーマに、人間がこれまでもたらした環境や社会への影響を見つめなおし、衣食住をはじめ、水・エネルギー・教育・メディアといった分野で、未来における生活の創生・新たなビジネスを提案する活動を続けてきています。


伊勢谷さんは、あるときベンチに寝そべって、月から地球を俯瞰して見下ろしてみる、という想像をした時に、「環境を破壊しながら生きている先進国の人間はなんてダサいのだろう」と思ったそうです。

先進国の生活は事実破綻している、と言います。例えば、70億人が日本人と同じ生活をすると地球は2つ必要であり、アメリカ人と同じであれば地球は5つ必要なのだそう。

これからの私達がどうあるべきか、リバースプロジェクトでは今後も積極的に発信していきたいと仰っていました。

リバースプロジェクトでは、SDGs(持続可能な開発目標)への取り組みとして、

「衣」では、2020年までに1000万着の雇用制服を環境配慮型へと変えていくことを目指すプロジェクト「全日本制服委員会」。

「食」では、農家と協業して、無農薬と減農薬の2つの方法でコシヒカリをつくってプロデュースする活動「RICE475」を行い、日本の農業を守り、作り手を支援するしくみを発信したり、「日本和菜」では日本の野菜を応援し、規格外野菜の利用やフードロスをなくすためのプロジェクト。

「住」では、木下工務店の協力を得て、住宅を取り壊した際の廃材を利用し、様々なアーティストが作品や家具として再生させるプロジェクト「THE SPIKE SHOW」。

などと、ライフスタイル全般からの提案型発信を行っています。

※「リバースプロジェクト」についてはこちら
https://www.rebirth-project.jp/

私も飼い主として、わんちゃんの健康については常に関心があります。

私の犬は、いつも痒がって足の毛が全部剥げるほどのアレルギーだったのですが、オーガニック&ビーガンのドッグフードに蒸し野菜や納豆・玄米などを日替わりで乗せてあげることでアレルギーを克服、小さな頃は弱かった身体が、医者いらずの元氣犬になりました。

パーティーでは、伊勢谷さんにそんな話もさせていただきましたが、目をきらきらに輝かせ熱心に聞いてくださり、「スタッフにも色々教えてください!」と仰る好奇心と、気さくなお人柄に増々ファンに…。

容姿だけでなく、生き方もかっこいい。参加していた男性陣も”いい男だな~”とため息をついていたのが印象的でした。

今、AHBASEのすぐ隣には、都内最大級の規模のアパホテルを建設中だそう。2020東京オリンピックでは、両国国技館がボクシングの会場になることも決まっており、世界各国から人が集まる場所になります。

伊勢谷さんは映画実写版「あしたのジョー」の力石徹役で名演技をされたこともあり、両国という土地に縁を感じているのだそうです。

江戸を代表する世界に通ずるカフェに!


Rcafe192のRは、リバースプロジェクト・両国(Ryogoku)・Relax(リラックス)などの頭文字から、192は所在地の番地から付けられたそうです。


カフェは室内でわんちゃんと一緒に食事ができるよう、水飲み場も設置。ドッグシートも用意しています。


わんちゃんのためのヘルシーで安全かつ美味しいおやつやごはん、スープなども色々揃っているのも嬉しいですね。


上映会やトークライブ・セミナーもできるような、可動式の大きなスクリーンと音響設備も整え、各種イベント貸しなどにも対応できるようになっています。

また、店内のモニターではスポーツの大会などを流すことができスポーツバーとしても使えるようになっています。先日は大相撲の秋場所千秋楽を上映し、盛り上がったそうです。


店長の石川雄太(いしかわゆうた)さんにお話を伺いました。

–常連さんも沢山いらっしゃいますか?

「毎日散歩のついでに寄ってくださるお客様も多いです。外国人のお客様も増えてきています。

カフェのスタッフは英語だけでなく多国語が話せるスタッフを揃え、様々な国の方に安心して楽しんでもらえるようにしています。」

カフェでは代官山や麻布十番にある「BLU JAM CAFE」の監修を受け、ビーガン・グルテンフリーにも対応するメニューを揃えているそうです。


–おすすめビーガンメニューは?

「玄米をつかった豆腐のサラダボウルと、ビーガンチーズケーキが人気です。サラダボウルとサンドウィッチはドリンク付きで1,000円なのでお得になっています。

メニューはこれからもっと増やし、夜はクラフトビールやワイン・カクテルなどと一緒に沢山の人にのんびり楽しんでもらえるようにしていきたいです。」


おすすめの豆腐のサラダボウルを頂きました。

ふっくらもちもちの玄米ごはんの上に、黒コショウの効いたスパイシーな豆腐のステーキとアボカド、茄子やパプリカ・ひよこ豆などのソテーにリーフサラダが乗っていて、とっても美味しかったです。

オリジナルのコーヒーカップは、温冷対応の保温性のあるカップで、最後まで熱いものは熱く、冷たいものは冷たいままでいただけます。


こちらは濃厚なおいしさの大人気のビーガンチーズケーキ。遅い時間だと売り切れてしまうことも多いので、食べたい時は来店前に電話を入れれば取り置きしてくださるそうです。


朝昼晩いつ来ても、何度来ても楽しい、そんな場所にしたい。


石川店長は、ここで働くようになり、働きながらわんこたちに癒される毎日が本当にしあわせだと満面の笑みで話してくれました。

だからこそお客様にもここに来ることで、そんな幸せを味わってほしいそうです。

AHBASEでは、施設使い放題など、手厚いサービスや優待が受けられるお得な年間会員制度があります。

詳しくはホームページをご参照ください。

Connect your life!


AHBASEは、人間だけでなくわんちゃんも、そして自然界のすべてのものを大切に未来へ繋ぐ、ボーダーレスでバリアフリー、Vegewelも賛同する素敵な場所です。

“わんちゃんは愛だけに生きる”といいますが、AHBASEでの触れ合いを通じ、彼らのその無垢な瞳の奥から、自然や動物との共生といのちの大切さ、地球を守ることを考えさせられることでしょう。

AHBASEのあるNTTドコモ墨田ビルには、「NTTドコモ歴史展示スクエア」があります。

携帯電話の歴史を見られる展示や、携帯電話によるスマートライフを体験できるコーナーなど、ご家族で楽しめる新たなスポット。この機会に、両国へ足を運んでみてはいかがでしょうか。


AHBASE(エーエイチベース)
住所:東京都墨田区横網1-9-2 NTTドコモ墨田ビル低層棟
℡:03-5809-7786
営業時間:11:00~18:00(土日祝10:00~18:00)
https://ahbase.jp
Instagram:@AHBASE_ryogoku


Rcafe192(アールカフェ192)
https://rcafe192.com
Instagram:@Rcafe_192
Rcafe192の場所や詳細な情報はこちら

今後もヘルシーで役立つ記事を配信していきますので、ぜひシェアをお願いします!

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

店舗情報

Rcafe192の場所や詳細な情報はこちら

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

Vegewel:https://vegewel.com/ja

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひ一度のぞいてみてください!

Miyumi Chiba

Miyumi Chiba

投稿者の記事一覧

KIJ公認マクロビオティックアドバイザー
フードコーディネーター
食育インストラクター
食空間コーディネーター
沖ヨガ系ファミリーヨガインストラクターコース修了
豆腐&ビューティライフアドバイザー

マクロビオティックやヨガ、自然療法を学ぶ中、食べ方を変えれば心身や人生も変わることを実感する。

気候風土に寄り添った日本の穀菜食中心の食文化を現代にマッチした形で野菜や穀物を日常にもっと楽しく取り入れることを伝えるべく、ベジフード×ヘルスデザイナーとしてオリジナリティ溢れる楽しいベジフードの提案・提供や、心身健康でみんなが笑顔になるよう様々な発信や企画、食育活動をしている。

また、自身の長年の外資系企業での経験から、国際都市として普及を急務とする健康・環境・インバウンドのための選択肢としてのベジタリアン・フードに着目し、2013年にどこのレストランでもベジタリアン対応をと掲げ「Tokyo Smile Veggies」を立ち上げる。

2016年より「Vegewel」プロデューサーとしても活動中。

スポンサー



レストランを探す

おすすめ記事

米粉を使うと何が良いの?〜食事やおやつにも!超簡単米粉パンケーキ〜

米粉を使うメリットって、なんでしょう。アレルギーなどがない人にとっては、米粉をわざわざ使う必…

第二回ビーガンレシピコンテストを開始!12/2迄

マルコメとVegewelのビーガンレシピコンテスト第二弾、本日から募集を開始しました!テーマはイタリ…

城田優の美人妹・ヴィーガン人気モデルLINA登場!限定ユニットでヴィーガン1day CAFEを開催

東京ガールズコレクションや、俳優・城田優さんの美人妹として「人生が変わる1分間の深イイ話」等への出演…

ピックアップ記事

PAGE TOP