飲食店取材

ここだからできる。絶品の発酵×ヴィーガンイタリアンを、木漏れ日溢れるレストランで。「らんどね 空と海」【千葉・三咲】【Vegewel特典】

2017年6月にオープンした「らんどね 空と海」。

千葉でありながら、まるで避暑地のような自然を感じるレストランです。

社会福祉法人地蔵会が営む完全予約制のランチは、都会の高級レストランでも食べられない、絶品のヴィーガンイタリアン。

オーガニック野菜使用で、グルテンフリー・オリエンタルベジタリアン・アレルギーなどにも対応可能です。

お店の立ち上げのきっかけを作った、若手料理人の中でも注目されるイタリアンシェフ藤田承紀(ふじたよしき)さんにお話をお伺いしました。

らんどね空と海の場所や詳細な情報はこちら

レストラン検索サイトVegewelの使い方を4コマ漫画で公開中!

リゾートに行かなくても味わえるリラックス


イタリアで修行した後、自ら自然栽培の野菜を作る「菜園料理家」として、メディアでも取り上げられる藤田シェフ(写真)。

彼がライフワークとして腕をふるっているレストランが、らんどね空と海です。

華やかに見えるレストランの舞台裏では、多忙からかイライラした空気を感じることもありますが、ここのキッチンは逆に、嬉しさや感謝の気持ちが伝わってきます。

ここじゃないと出せないお料理があるのです。


らんどねは、新京成線三咲駅から須賀神社のバス停すぐ、もしくは三咲駅・北総線白井駅からタクシーで10分の場所にあります。

月に数十件食べ歩くライターが自信を持って太鼓判を押す、時間をかけて行ってよかったお店です。


木々に囲まれ、大きな窓から光が差し込み気持ちのいい店内。

建物はほとんどケミカルなものは使わずに作られ、床は欅、テーブルもイスも合板ではなく1本の木から手作りしています。


「みんなが主役です」という藤田シェフ。事業所の利用者さんが、スタッフとして元気に働いています。

発酵とフルーツを組み合わせたイタリアン


ヴィーガン・グルテンフリーウェルカム!というらんどね。(予約時に伝えてください)

みんなが同じものを食べて美味しいと言える、「One table料理」に取り組んでいます。

藤田シェフのお料理は、味噌や甘酒などの発酵食品でコクや旨味を、フルーツで爽やかで自然なアクセントを加えています。

お料理は2つから選べます。

・「ピッツァコース(1,700円税込)」(ピッツァ・サラダ・ドリンク)

・「ランドネコース(2,900円税込)」(前菜盛合せ・サラダ・スープ・ピッツァ・デザート盛合せ・ドリンク) ※事前予約でパスタ、リゾットもご注文可能


「前菜盛り合わせ」

まるで、カラフルな宝石箱のようなメニュー達。

・ビーツのロースト マサラチャイ風
・グリッシーニ
・ほうれん草とカレンツの溜まり醤油ガーリックソテー
・ミニトマトと凍み大根のピクルス

・きのことアーモンドのロースト
きのこ・アーモンド・赤ワイン・セミドライトマト・昆布を、繰り返しオーブンで焼いて混ぜて、旨味を凝縮させています。噛むほどに滲み出る旨味と、きのこの食感がたまりません。

・はるかとゆりねのソテー
爽やかな奸譎のはるかと、ゆりねは甘酒・白バルサミコ・オリーブオイルでソテー。

注目すべきは種糀から仕込んでいるオリジナルの甘酒。アミノ酸を生み出す能力が高い味噌用の麹で作られています。旨味のある甘すぎない甘酒になり、料理にとても合います。


「サラダ」

フルーツカブ・玉ねぎのグリル・ヴィーガンクリームチーズ・スナップエンドウを、玉ねぎドレッシングで。

自家製の豆乳ヨーグルトとココナッツオイルをメインに作ったヴィーガンチーズは、風味が良く他の野菜と良く合います。

中東のナッツを使ったスパイス「デュカ」を食べやすくアレンジして食材に乗せています。ナッツの代わりにパン粉を使い、ゴマ・コリアンダーシードをミックスしています。


「スープ」

トマトのパン粥。トロリとしたバゲットに濃厚なトマトが染み込み、じゅわっと口の中に美味しさが広がります。


「ピッツァ」

マルゲリータ(ヴィーガンチーズに変更可)。

具をたくさんのせるのが大好きな藤田シェフ。食べ飽きないように、生地は北海道産小麦を使用しモチモチ寄りにしているそう。


らんどねには石窯があり、オーダーを受けてから1枚ずつ生地を作り、400度以上で焼き上げます。

使っている薪は、地元の梨農家の古木。

らんどねのある船橋市は約140件の梨農家があり、梨の木は20年〜30年に1回のペースで切り倒す必要があるそうです。

この地域は焚き火が禁止ですが、古木を産廃として捨てると莫大なお金がかかります。さらに、梨の薪はすぐ燃えてしまい燃費が悪く、商業用に使われることはあまりないそうです。


この古木を利用することで、無駄なごみを出すことなく地域貢献にもつながっています。


「パスタ」(*事前予約で注文可能)

大葉・白味噌・練りゴマ・カシューナッツのジェノベーゼ。トッピングはもちきび。

大葉を使うことで、より鮮やかなグリーンに。バジルとは違う爽やかを感じます。

白味噌のコクで、チーズが入っていないとは思えない仕上がりになっているのはさすが。


「デザート盛り合わせ」すごいボリュームです。

・苺のグルテンフリータルト
・そば粉のプリン
・和栗のパウンドケーキ

和栗のパウンドケーキにはねりゴマが使われ、とてもしっとり。プレーンとココア生地の2層になっており、食べ応えもあります。

タルト生地は米粉と思えないほどサクサク、プリンはトロンとしていて、みんながスイーツに望んでいる食感を味わえて大満足です。

飲食業界と福祉の新しい手のつなぎ方


らんどねは、レストランオープン前から22年間、陶芸・機織り・刺し子・染色・縫製などの作業を行っています。

その作品はデンマーク王室にも贈呈され、百貨店でのイベント販売も毎回人気です。

藤田シェフが以前働いていた和棉畑とらんどねがご近所で、藤田シェフの糸紡ぎの知識と、らんどねの機織り技術の情報交換から、交流が始まりました。


皆さんの着ているエプロンは、リネンを柿渋染めしたもの。帽子につけているワッペン・木のお皿やお盆・テーブルセンター、クッション等も、利用者さんの手作りです。

らんどねの周囲にはもともと飲食店がほとんどなく、利用者さんのご家族やお客様がゆっくり休める場となるように、飲食施設を開きたいと思っていたそうです。

立ち上げに力を貸してほしいとの相談に、藤田シェフは迷うことなく、喜んで!と言ったそうです。


「僕は生まれつき片耳が聞こえないので、以前から福祉分野に関わりたいと思っていました。

お話する中で、この事業所にいる利用者さんのほとんどが、一生レストランに行けずに生涯を終える事を知りました。

みんなに美味しいものを食べてもらいたいと思ったんですね。

そして、障害の度合いにもよりますが、僕が見てきた他の福祉施設の場合、利用者さんは裏方仕事が多いです。

この子達が主役の場所を作りたいと思いました。

みんな働いてて幸せって言うんです。自分が行くはずのなかったレストランで働けるのが楽しいって。」(藤田シェフ)


オープンして1年、当初は飲食店は難しいと言われていた子や、エプロンが結べなかった子もいましたが、皆さんお皿を割ることすらほとんどなく、ホール・キッチン業務をこなしています。

そこまで皆さんが成長した背景には、まずはやってみる!というチャレンジに対する、事業所の方から利用者の方への特性を見極めたサポートや工夫があります。


「例えば、盛り付けは全て大皿スタイルにしているんですよ。運ぶのも楽だし、大きいお皿を持ってたらカッコいいじゃないですか。

ここでは、みんなが0から成長していくところを毎日見られます。不都合やできないところがあれば、自主的に毎日改善しています。

そういうことは、企業で社訓に書かれるようなところでもありますよね。それを自然にできていて、愚痴を言う人もいないので、一緒に働いていて気持ちがいいです。」(藤田シェフ)


元々水泳や書をされていた経験豊富な施設長、奥野満さんも自ら進んでピッツァの焼き方を藤田シェフに教わり、今では石窯の温度加減までわかるほど。

「やっていいよ」と任せるスタイルではなく「共に進む」という姿勢が、らんどねでお客様が感じる快適さにつながっているようです。

「こうした福祉と飲食の関わり方をいろんな人に知ってもらいたいし、そういう飲食店が増えて欲しいです。

困っている人の力になったり、社会貢献をする事で、料理人全体のやりがいや地位も上がると思います。将来、料理人になりたい子が増えて欲しいんですよね。」(藤田シェフ)


ちょっと足を伸ばすだけで得られる、非日常のリラックスタイム。

将来的にはオーベルジュのような宿泊施設にしていきたいという目標もあるそうで、今から楽しみです。

Vegewel特典

ここでVegewel読者のみなさんにお得な限定特典です。

お電話でのご予約時に「Vegewelを見た」と伝えていただくと、食前に「エルダーフラワーソーダ」をプレゼント!(1名につき1つ。2018年6月末まで。)

藤田シェフが活動するフードデザインユニット・ラニーズベジーの記事はこちらから。
デザインとビーガン料理から環境を変える、異色のコラボLUNNY’S VEGGIE

今後もヘルシーで役立つ記事を配信していきますので、ぜひシェアをお願いします!

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

店舗情報

らんどね空と海の場所や詳細な情報はこちら

ニュースレター

Vegewel Styleでは、ヘルシーな食の情報を定期的にメールでお届けしています。メールアドレスだけで無料でご登録頂けますので、ぜひご利用ください!


Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

Vegewel:https://vegewel.com/ja

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひ一度のぞいてみてください!

Emika

Emika

投稿者の記事一覧

ベジのことならなんでも大好き!Vegewalkerとして今日もお出かけ中。「暮らしの中に”楽ベジ''を」をテーマに、Vegan歴13年と保育士を生かしたキッズ&ママ向けの簡単ベジスイーツを発信しています。

Sponsor



人気のジャンル

レストランを探す

おすすめ記事

ハワイ島で今一番グルメな街のベジレストラン4選~ワイメア編~ #ALOHAvege (アロハ・ベジ)

Aloha! ハワイ島在住の翻訳家/ヨガ講師のYuです。今回は、私の住んでいるワイメア(カムエラとも…

○○がアワビに?!世界3位のヴィーガン薬膳中華は、歴史四千年のもどき料理。RoseShanghai-ローズ上海-【新宿御苑前・新宿】

皆さんは中国に精進料理があることを知っていましたか?アワビや角煮も野菜で作る「もどき料理」が…

「青い空流れる雲」18年続く隠れ家ベジカフェで、スローな癒し時間を【円山公園・札幌】

オーガニック・マクロビオティックという言葉を知っている人が少ない18年前。「青い空流れる雲」がオープ…

Pickup Posts

PAGE TOP