【旬の食材シリーズ:冬】甘みたっぷり鍋に美味しい深谷ねぎ(埼玉)

深谷ねぎとは、埼玉県深谷市やその周辺で作られている根深ねぎの総称です。根深ねぎとは土を被せて白い部分が多くなるように育てたねぎのことで、「白ねぎ」、「長ねぎ」と言われるものですね。

ちなみに深谷市はねぎの生産量が日本一。日本のねぎと言えば深谷ねぎが浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

深谷ねぎの特徴


深谷ねぎは、他のねぎと比べて柔らかくとろけるような食感で、甘味が多いのが特徴です。「春ねぎ」「夏ねぎ」「秋冬ねぎ」と1年中生産されており、いつでも食べることができますが、中でも一番美味しいのは「秋冬ねぎ」です。

12月頃から出荷される「秋冬ねぎ」は、寒さから自分自身を守るため糖度が高くなります。これにより他の季節よりもぐっと甘味が増し、食べやすく味わい深いねぎになるのです。

深谷ねぎの歴史


深谷ねぎが最初に造られたのは明治時代と言われていますが、その頃はまだ「深谷ねぎ」という名称ではありませんでした。

「深谷ねぎ」の名称がついたのは大正初期。ねぎの相場が暴落してしまい、北海道や東北へもねぎを出荷するようになった際、「深谷ねぎ」の商標を付けて出荷したのが始まりのようです。

昭和初期にはさらに規模を大きく生産していくようになり、今では深谷ねぎは全国各地に出荷され、多くの家庭や飲食店で食べられるようになりました。

深谷ねぎの美味しい食べ方


深谷ねぎを美味しく食べるには、そのとろける食感や甘味を感じられる料理がおすすめです。大きめに切って、そのまま網などに乗せて焼いて食べれば、アツアツトロトロの食感を存分に味わえます。好みによって塩や味噌をつけても美味しいですよ。

また、秋冬ねぎを食べるなら、やはり寒い時期には欠かせない鍋料理。鍋料理に深谷ねぎをプラスすれば、鍋自体に甘味がぐっと増し、とても美味しくいただけますよ。

ちなみにねぎには「硫化アリル」というビタミンB1の吸収を助ける成分が豊富に含まれているので、鍋の最後にビタミンB1が多く含まれる玄米でヘルシーおじやを作ってみるのもおすすめです。

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

アレルギーがあっても安心、卵・乳製品不使用のベーカリーPain de BRUN(パン ド ブラン)【久我山】

今回は吉祥寺から3駅渋谷寄りにある久我山の小さなベーカリー「Pain de BRUN(パン ド ブラン)」に伺いました。

お店の場所や詳細な情報はこちらから。

Pain de BRUN


オープンは2015年7月、人見街道沿いにひっそりと佇むPain de BRUN。外観はパン屋さんというよりはお洒落なカフェのようです。扉を開けるとパンの優しい香りが漂ってきます。


Pain de BRUNのパンでは卵と乳製品を使用していないため、アレルギーのある方でも安心です。ベジの方にもおすすめ。精製糖や精製塩を使わず、体にも優しいパンに仕上がっています。

一番人気は定番の「食パン」(260円)。天然酵母を使用したこだわりの食パンは、何も付けずに厚切りトーストでザクザク食べるのがオススメ。素材の美味しさをそのまま感じられます。


定番商品に加え、ライ麦を使ったパンが豊富です。ライ麦には食物繊維やビタミン、タンパク質などの栄養素が豊富に含まれ、噛み応えがあるので満腹感を得やすいそうです。


新商品の開発に熱心なのもPain de BRUNの特徴です。

現在のテーマはパンに「和」を掛け合わせること。こちらは自家製の海苔の佃煮にライ麦パンを合わせたものです(1つ上の写真の右のスティック状のライ麦パン)。一見すると有り得ない組み合わせですが、これがビックリするほど違和感なく、美味しく頂けました。

次に挑戦したいと思っているのはお味噌。どんなパンが出来上がるのか楽しみです。ちなみに、以前販売した梅干を使用したものはすぐにやめてしまったとのこと。時に失敗もあるようですが、常識にとらわれないパン作りに情熱が傾けられています。


こちらは塩分を使わずに焼き上げた、その名も「塩なしパン」(250円)。

イタリアのトスカーナ地方で伝統的に食べられている種類のパンで、塩分の取りすぎに気をつけないといけない人に人気です。離乳食として買っていくお客さんもいるのだとか。とてもあっさりしていて、クセがないので何にでも合わせやすい味です。


今の時期に人気なのが「アップルシナモンパン」(160円)。

りんごとシナモンは鉄板の組み合わせですが、驚いたのが生地の香ばしさ。栄養価の高い「ふすま」と「胚芽」を配合したブラン生地は、主役の具材に負けない存在感を放っています。


しっかり食べたい人にはサンドイッチを種類豊富にご用意。動物性の食材を使用していないため、ビーガン(ヴィーガン)の方でも安心です。


店内には可愛らしい机と椅子が4脚。イートインで利用が可能です。


焼き菓子もたくさん種類が揃っています。もちろん卵・乳製品不使用。クッキーにも白砂糖を使わず、黒糖や甜菜糖を使用しています。

毎日食べてもらえる、体に負担のないパンを。

Pain de BRUNの創業について、オーナーの中村さんにお話を伺いました。

もともと、卵や乳製品を使用していないパンが大好きだった中村さん。OLとして会社勤めをした後にパン屋さんに弟子入りし、腕を磨いてPain de BRUNを創業しました。

ライ麦・野菜・豆などご自身が好きな素材を使用していくと、自然と健康的なパンのラインアップが揃っていくそうです。地域密着のパン屋さんを目指し、価格も控えめなのが嬉しいところ。

良心的な価格で毎日食べてもらえる、体に負担のないパンを。

Pain de BRUNのこだわりについて、中村さんはこのように語ってくれました。

Pain de BRUNの由来

Pain de BRUNを直訳すると「茶色いパン」。中村さんが大好きなライ麦を使うと、パンは茶色になります。茶色いパンを扱っているお店と分かりやすく覚えてもらうために、この名前をつけました。

Pain de BRUNからのメッセージ

白いフワフワのパンが好きな人にも、ぜひPain de BRUNの茶色く噛み応えのあるパンを味わってもらいたいです。パンには色々な種類があるということを知ってもらえると思います。もちろん、ライ麦などを使用した茶色いパンが好きな方も大歓迎です。

取材後記

取材中、小学生くらいのお子さんを連れたお母さんたちが何組も来店していたのが印象的でした。そして、皆さん買っていくパンの数が多い。時刻は夕方だったので、おそらく家族みんなで朝ごはんに頂くのでしょう。

お母さんが安心して家族に食べさせたいと思えるパン。地元で愛される小さなベーカリーPain de BRUNでは、そんなパンが作られていました。

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

店舗情報

お店の場所や詳細な情報はこちらから。

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

身体の内側から健康を。お菓子でも栄養たっぷりのMOR Happiness(モアハピネス)【吉祥寺】

今回は吉祥寺にあるMOR Happiness(モアハピネス)に伺いました。

お店の場所や詳細な情報はこちらから。

MOR Happiness

%e3%83%a2%e3%82%a22
吉祥寺駅から徒歩15分、三鷹の森ジブリ美術館のすぐ近くにMOR Happinessはあります。ジュースバーTruebery(広尾)のスイーツ部門を独立させたのがこちらの店舗。16年11月にオープンしたばかりです。

ここで作られたスイーツの一部はTrueberryや青山で毎週末開催されるファーマーズマーケットでも購入できます。

%e3%83%a2%e3%82%a23
MOR Happinessのこだわりは、スイーツに卵、乳製品を一切使用していないこと。全品グルテンフリーなので、アレルギーがある方にも安心です。

また、白砂糖を使用せず、代わりに低GIのメイプルシロップ、ココナッツシュガー、ココナッツネクター、アガベシロップなどを使用しています。焼き菓子にはテン菜糖やヤーコンシロップを使うことも。

原材料には可能な限り有機JASやオーガニックの認証を取得しているものを使用。「お菓子なんだけど栄養を取ってもらいたい」という想いで作られたスイーツが常時約20種類、金曜日は焼きたての焼き菓子を含め30種並びます。

%e3%83%a2%e3%82%a24
一番人気は米粉や玄米粉などから作るグルテンフリーのマフィン(360円)。マルシェでは食べ歩きで購入するお客さんが多いそうです。

「小さなマフィンは何個も食べてしまうけど、こちらのマフィンは一個で満足できてびっくり」というお客さんも。

%e3%83%a2%e3%82%a25
プロテインバー(480円)も人気商品。もちろん、オーガニック、砂糖不使用、グルテンフリーです。

%e3%83%a2%e3%82%a26
こちらは玄米アップルジンジャークッキー(380円)。

たくさんある焼き菓子の中でも一番甘さ控えめな商品です。玄米の香ばしさと、ほのかなリンゴの甘み、そしてアクセントとなる生姜の風味がベストマッチ。女性だけでなく、男性のちょっとした間食にもオススメです。

食べるもので血が変わる。MOR Happinessのお菓子を食べることで、普段の食生活を見直すきっかけとなってもらえれば。

「MOR Happiness」を創業した想いについて、オーナーの片山みか野さんにお話を伺いました。

もともとエステの仕事をしていた片山さん。身体のケアをお手伝いする中で、お客さんが普段から食べているものによって肌質が違うことに気が付きました。

その後、ピラティスのインストラクターとして働く中でも、お客さんから美容やダイエットの悩みを聞き、外側からだけでなく、身体の内側からのケアの重要性を考えるようになりました。

そしてローフードと出会い、動物性の食材と白砂糖を食べない生活を3週間ほど実践したところ、驚くほどの体調の変化を実感したそうです。身体のだるさや頭痛がなくなり、舌の感覚も変化しました。

世の中には「病気ではないけど体調が悪い」という女性が多い。自身が体験したように、ちょっとしたものを変えるだけで身体に良い変化を起こせると知ってもらいたい。

そうした想いで友人と一緒に立ち上げたのがジュースバーのTrueberry、そしてスイーツ部門を独立させたMOR Happinessの設立に繋がります。

食べるもので血が変わる。MOR Happinessのお菓子を食べることで、普段の食生活を見直すきっかけとなってもらえれば。

片山さんはそのような気持ちでスイーツ作りに取り組んでいます。

「MOR Happiness」という言葉に込められた想い

%e3%83%a2%e3%82%a27
Mは「マインド」、Oは「オーガニック」、Rは「リラックス」を意味しています。お菓子や商品を通して、心に働きかけてくれると嬉しいと思い、MOR Happinessと名付けました。

MOR Happinessからのメッセージ

MOR Happinessのお菓子は甘さ控えめに作っているため、甘過ぎるものが苦手な男性にもオススメです。

また、アレルギーがある方にもできるだけリクエストに応えたいと思っていますので、なんでもワガママを相談してください。今後は、ナッツフリーのお菓子も充実させていく予定です。

取材後記

本記事をまとめているうちに、真夜中の12時になってしまいました。PCの傍には本日の取材の時に頂いた玄米アップルジンジャークッキー。こんな時間ではありますが、MOR Happinessのお菓子であれば、「食べてしまった。。。」という罪悪感はありません。

確かに、市販の普通のお菓子よりは甘味が少ない。甘党の人には少し物足りなく感じてしまうかもしれません。しかし、私たちの身体のことを徹底的に考えて作られたお菓子からは、甘味以上の愛情が伝わってきました。

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

店舗情報

お店の場所や詳細な情報はこちらから。

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

オーガニック・マクロビ・グルテンフリー!身体想いの和菓子「和のかし 巡(めぐり)」【代々木上原】

ビーガン(ヴィーガン)スイーツを特集する本企画。
第一弾は、代々木上原にある「和のかし 巡(めぐり)」に伺いました。

お店の場所や詳細な情報はこちらから。

和のかし 巡

%e3%82%81%e3%81%8f%e3%82%99%e3%82%8a2
代々木上原駅の南口を降りて徒歩5分、閑静な住宅街の一角に「巡」はあります。16年4月にオープンしたばかりの新しいお店です。

%e3%82%81%e3%81%8f%e3%82%99%e3%82%8a3
「巡」の和菓子の特徴は、卵、乳製品、小麦粉、添加物を一切使っていないこと。素材は基本的に有機食材と無農薬(自然栽培)のものを使用しており、全てグルテンフリーです。

大福などの餡を作るために使用する小豆も無農薬・無化学肥料のものにこだわり、血糖値を上昇させる白砂糖は使用していません。

砂糖の代わりに甘みを加えるのが有機アガベシロップ。テキーラの原料となるリュウゼツラン(アガベ)から作る天然の甘味料です。甘みは砂糖の1.3倍ありながらも、カロリーは20%も低く、低GIのため血糖値を上げにくいのだとか。糖尿病の方でも安心して頂けるそうです。

常時5〜10種類の和菓子を用意しています。


一番人気は大福の「福巡り」(350円)。

自然栽培の餅玄米、有機黒キヌア、黒豆、備長炭で作った生地で、先ほどご紹介した無農薬の小豆とアガベシロップから作った餡を包んでいます。

餅玄米を使用して、通常のもち米と同等の「モチモチ感」を再現する方法は企業秘密。これを求めて、北は北海道から南は九州までお客様がいらっしゃるそうです。

味の特徴は、何と言っても「優しい甘さ」。普通の大福と違い、すぐに抹茶で流し込みたくなるようなしつこさはありません。さっぱりとした上品な甘みは、甘党ではない男性にも嬉しいおやつです。



こちらは有機栽培のごまで作った葛プリン(450円)。(写真では白ごまと黒ごまの説明プレートが逆になっています)

黒の方を頂きましたが、豊かな黒ごまの風味とあっさりした白餡がよく合い、後味さわやかなスイーツでした。もちろん、白砂糖は不使用です。


焼き菓子もあります。

こちらはグルテンフリーのクッキー「四角い巡り」(420円)。小麦の代わりに焙煎玄米粉と有機の白高きび粉を使用しています。使用する油にはオメガ3、6、9をバランス良く配合しています。


店内は木目とコンクリートだけでデザインされたシンプルな内装。和菓子屋さんとは思えない洗練された雰囲気です。イートインのための椅子が5席ほどあります。今後はコーヒーや桑の葉茶などのドリンクに加え、お汁粉なども販売する予定だそうです。


ちょっとした食料雑貨コーナーもあります。もちろん全てオーガニック、厳選された商品が並びます。

和菓子は甘さがなければ楽しくないが、GI値が低く身体に良いものを。

「巡」を創業した想いについて、オーナーの黒岩典子さんにお話を伺いました。

化粧品会社の広報担当として働いていた黒岩さんは、早くにご主人を亡くされています。テレビ局勤務で激務であったご主人は、乱れた食生活やストレスで体調を崩し、癌となってしまいました。

食を通じてご主人にもっと何かできたのではないか、心穏やかに一生現役でいるには何が必要なのか。そうしたことを考えるうちに、食について改めて見直すようになり、マクロビオティックについて体系的に学びました。

もともと和菓子が大好きだった黒岩さん。しかし、市販の和菓子はどれも甘すぎるものばかり。もっと甘さ控えめの和菓子はないかと探しても、なかなか見つからなかったそうです。そこで、製菓学校に通いながら和菓子屋さんで修業し、創業したのが「巡」です。

和菓子は甘さがなければ意味がない。楽しくない。しかし、食べるのであればGI値が低く、身体に良いものを。

「巡」の和菓子のこだわりについて、黒岩さんはこのように語ってくれました。

「巡」に託された想い


体内の血の巡りが健康に繋がっています。また、人との巡り合わせ(出会い)が幸せに繋がっています。こうした想いを店名に込め、「巡(めぐり)」と名付けました。

「巡」からのメッセージ

素材や作り方には徹底的にこだわっています。しかし、ガチガチに身構えるのではなく、まずは美味しいものを食べるという気軽な気持ちでいらしてください。身体思いのスイーツ、健康的に美味しいものを頂きたい方にぜひ和菓子を味わって頂きたいです。

取材後記

「巡」のこれからについて、多店舗展開して規模を大きくしていこうとはあまり考えていないそうです。和菓子屋さんは地元に愛されて”なんぼ”だと黒岩さんは言います。

作る和菓子も、その日に売り切れる量だけ。実際、取材中に「福巡り」は売り切れてしまいました。お店は18時までですが、できるだけ早い時間に行くことをお勧めします。

自分達が良いと信じるものだけを提供していきたいという気持ちが強く伝わって来る、素敵な和菓子屋さんでした。

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

店舗情報

お店の場所や詳細な情報はこちらから。

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!