夏らしく、さわやか&さっぱり味!大豆ミートを使ったヴィーガン・レモン冷麺~

韓国料理の定番の冷麺も、大豆ミートとレモンの味付けでさっぱりと美味しく仕上がりました。

ひと手間加えた大豆ミートを加えれば、いつもの冷麺の美味しさもグッと上がります。

市販のタレを使わなくてもできるので、ヴィーガンやベジタリアンの無添加冷麺の定番メニューにお勧めの一品です。

ヴィーガン・レモン冷麺のポイントは?

冷麺の麺は、朝鮮半島の食べ物で、そば粉や緑豆で作った黒っぽいタイプと、小麦粉などを使って半透明のタイプと2種類の麺の種類があります。

どちらも植物性食品でできたもので、この麺にキムチなどの具材をのせて冷たい出汁をかけたのが冷麺になります。

のせる具材やだし汁を植物性食品に変えると、ヴィーガンやベジタリアンの人も食べられる冷麺になります。今回は、出汁にレモンの酸味を加えてさっぱりとしたレモン冷麺を作ってみましょう♫

材料(1人分)

冷麺・・・1玉
大豆ミート薄切りかブロックタイプ・・・4枚

【飾り用野菜】
もやしナムル・・・お好みで適量
飾りキュウリ・・・薄い輪切り6枚
飾りトマト・・・半月の薄切り2枚
飾りレモン・・・薄切り1枚
大根の水キムチ・・・お好みで適量
コチュジャン・・・少々

【檸檬冷麺スープ】
野菜だしスープ・・・200㏄
昆布茶・・・2g
水キムチのスープ・・・大さじ2
レモン汁・・・小さじ1
おろしニンニク・・・少々
おろしショウガ・・・少々
すりごま・・・小さじ2
塩・・・小さじ1/4
ブラックペッパー・・・適量
ゴマ油(大豆ミート炒め用)・・・小さじ1

作り方

1.飾り用の野菜を切って下準備をする。大豆ミートは、水から7分間ゆでて、軽く絞る。

2.材料を合わせて「レモン冷麺スープ」を作り、①の大豆ミートを入れて冷蔵庫で1時間冷やす。大豆ミートをスープに入れると、味がしみて美味しく仕上がる。

つけた②の大豆ミートを食べる前に取り出して、ゴマ油で表面を軽く焼いて香ばしさを出す。

盛り付け

沸騰した湯で50秒間ほど冷麺をゆでて流水で洗い、器に冷麺と焼いた大豆ミートと冷やした檸檬スープを入れて、飾り野菜をのせる。お好みでコチジャンを加えたらでき上がり。

通常の冷麺もレモンで味付けすれば、さっぱりと夏向きメニューに仕上がりました。野菜スープは、お好みの野菜を数種類(今回は、干し椎茸、ニンジン・セロリ・玉ネギ・大根・ニンニクを使いました。)と昆布だしを加え、圧力鍋で煮ました。

澄んだ野菜スープはそのままでも美味しいのですが、昆布茶で旨味を増して酸味を加えると味のバランスが良くなります。

また、水キムチは、以前ご紹介したレシピ「野菜と乳酸菌がいっぱい!「水キムチ」がダイエットに良いとされる理由 ~基本の水キムチの素と二種類の水キムチ~」を参考に。

水キムチの分量は、お好みで調節してください。少し甘みが欲しい方は、このスープに甘酒を足しても美味しく仕上がります。

ぜひお試しください!

ベジレシピ一覧

Vegewelで大好評のベジレシピの一覧は下記からご覧ください!
https://vegewel.com/ja/style/categories/recipe

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1400店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

投稿者:

松下 和代

松下 和代

食事は、「心のこもった温かい手で」をモットーに児童養護施設に住み込みで働く。さらに、栄養士として、ミルク会社のメールマガジンの編集・栄養・保育相談を担当後、フリーで各種保育施設の献立制作や栄養相談・テレビ・雑誌・WEB等で栄養関連の執筆を行う。現在は、ライター稼業兼、こじんまりとした料理教室を主宰。栄養士・調理師・保育士・食品アドバイザーの資格所有。趣味は、ホラー漫画とフィギア集め。