飲食店取材

駅に直結の便利な穴場カフェ。美味しいベジ料理も楽しめるカフェローカル【国分寺】

国分寺駅の目の前にあるビル、MI:TSのエスカレーターを昇って5階へ。そこは国分寺市役所の出張所があるフロア。その中央に、ナチュラルな雰囲気のカフェがあることを知っている人はまだ少ないかもしれません。

実はここ、2018年9月にオープンした、カフェスローの姉妹店、「カフェローカル」というお店なんです。

カフェスローの取材記事はこちら
気の置けないお友達と、楽しく・美味しく、オーガニックの食事を。カフェスロー【国分寺】

今回は、店長の川井友己(かわいともみ)さんにお話を伺いました。


エスカレーターを降りてすぐ右側。フロアの中央に位置します。

カフェローカルの場所や詳細な情報はこちら

国分寺に視点を置いた、地元密着のカフェ


−−カフェローカルの特徴は?

カフェローカルは、2018年の9月15日にグランドオープンしました。

姉妹店であるカフェスローが環境問題に着目し、オーガニックや無農薬にこだわっているのに対して、カフェローカルは、地産地消を推進している、地域密着型のカフェです。

地域にある良いものを発見し、それを活用することによって、自分たちの暮らしている街がいかに素敵な場所であるかを再認識することに視点を置いているんです。

添加物などの余計なものは使わない、体に優しい食事を提供する、カフェスローの考え方は継承しながら、より地元の野菜を使うことを心がけています。

地元の他のお店とも連携をして、ネットワークを利用しながら、国分寺ローカルの文化発信や地域の活性化を図る活動も積極的に行っているのが特徴です。

また、国分寺市との共同事業のため、同じフロアにあるリオンホールをご利用になる方を対象に、ケータリングサービスも行っています。

国分寺の農家さんが生産した野菜を使用したメニューがズラリ。


−−どんなメニューがありますか?

国分寺市やその周辺の農家さんたちが作った野菜を中心に、お肉を使った料理もお出ししていて、一部、乳製品や卵を使用したメニューもあります。

料理は、国分寺市周辺の農家さんが作った野菜をブランド化した、“こくベジ”をはじめとした、地元出身の野菜をなるべく多く使ったものです。

取れたてのお野菜や多摩地域で生産された無添加の調味料は、店内でも販売していて、ご購入いただけます。


オススメは、ご飯・サラダ・スープ・ベジとノンベジ2種類から選べるメインのおかずに、週替わりのデリ3種類を乗せた、「ローカルプレート」(¥1,200税込)です。

卵や乳製品は使っていないので、メインのおかずでベジタリアン素材の車麩を選べば、ヴィーガン・ベジタリアンの人もOK。それぞれのおかずに、和・洋・エスニックなど、様々な要素を盛り込んでいます。


ノンベジさんには、大きな野菜とベーコンがゴロゴロと入った、ボリューム感のあるスープと、天然酵母のパンがセットになった「こくベジたっぷりスープ」(¥1,000税込)もオススメ。

旬の野菜を使用しているので、季節ごとに野菜が変わります。今は人参・ジャガイモ・ごぼうといった根菜が中心です。ベジブロスで煮込んでいるので、野菜一つひとつの味が感じられ、ホッとできますよ。

いずれも、終日お出ししているので、お昼が遅くなってしまい、ランチタイムを過ぎてしまったときもお召し上がりいただけます。

それぞれの目的で時間を過ごしていただきたい。


−−カフェローカルを利用されるお客様は?

大前提として、どのようなお客様も居心地よく過ごしていただきたいですね。

実際、いろいろな方にさまざまなシーンで、活用していただいています。

場所柄もあり、このフロアの施設を利用された際に「こんなところにカフェがあるんだ」といってご利用になるお客様が多いです。もちろん、カフェスローの姉妹店ということで訪ねてくださる方もいらっしゃいます。

市の施設やイベントホールをご利用になったご年配の方や、小さいお子様連れの方も。駅の近くなので、会社員らしき方にも、ランチやちょっとした打ち合わせにご利用いただいています。

テーブルはゆったりとした配置にしているので、車椅子やベビーカーも大丈夫です。奥のソファー席は、壁で仕切られて、周りから視界が遮られるようになっています。

お子様連れの方も安心してゆっくりとお食事を楽しんでいただけるのではないでしょうか。

地元と連携したイベントも開催。地域の情報発信の場に


−−これからのカフェローカルのあり方について、どのようにお考えですか?

市民交流の場として、国分寺市で文化活動をしている方と一緒に、いろいろなイベントやワークショップなども積極的に行っていきたいです。

例えば、国分寺市主催の“ローカルテーブル”というイベントを、毎月第4金曜日に開催しています。毎月テーマを決めて、国分寺のいろいろな話をしながら、カフェローカルのお食事を召し上がっていただく企画です。

また、こくベジを作っている農家さんを訪ねて話をしたり、店内で販売している野菜も農家さんのお名前と一緒にご紹介したりという取り組みもしています。

このようにして、消費者と農家さんと国分寺をつなげていく活動にも力を入れていきたいです。

地域で活動されている人たちの情報発信の拠点として存在していきたいと考えています。

///////
今回お伺いしたカフェローカルは、駅前にありながら、意外と穴場かもしれません。

一部メニューはテイクアウトもできるそうです。カウンター席があって一人でちょっとご飯が食べたいときにも入りやすい!知っていると、なかなか重宝しそうなカフェでした。

カフェスローでずっとやっていたニットカフェも、カフェローカルで継続して行っていくとのこと。いろいろな企画も楽しみです。

今後もヘルシーで役立つ記事を配信していきますので、ぜひシェアをお願いします!

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

店舗情報

カフェローカルの場所や詳細な情報はこちら

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

Vegewel:https://vegewel.com/ja

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひ一度のぞいてみてください!

Aya Wada

Aya Wada

投稿者の記事一覧

アパレルの企画を20年以上経験したのち、聴く事・書く事・伝える事に興味を持ち、取材・インタビューをメインに活動するフリーライター。

体調を崩したことをきっかけに食への関心が高まり、マクロビやアーユルヴェーダなどに興味を持つ。

カラダに良いだけでなく、美味しく、気軽にできるベジ生活に憧れて、日々勉強中。

スポンサー



レストランを探す

おすすめ記事

米粉を使うと何が良いの?〜食事やおやつにも!超簡単米粉パンケーキ〜

米粉を使うメリットって、なんでしょう。アレルギーなどがない人にとっては、米粉をわざわざ使う必…

第二回ビーガンレシピコンテストを開始!12/2迄

マルコメとVegewelのビーガンレシピコンテスト第二弾、本日から募集を開始しました!テーマはイタリ…

城田優の美人妹・ヴィーガン人気モデルLINA登場!限定ユニットでヴィーガン1day CAFEを開催

東京ガールズコレクションや、俳優・城田優さんの美人妹として「人生が変わる1分間の深イイ話」等への出演…

ピックアップ記事

PAGE TOP