最新トピックス

【忘年会・新年会をヘルシーに!】ベジもノンベジも一緒に楽しめる、ベジ・ビーガンメニューがあるお店12選【東京都内】

忘年会や新年会などで外食が多くなる12月~1月。

もちろん美味しい食事とお酒を楽しみたいけれど、仕事や大掃除などで疲れもたまる時期、できるだけ体調に気をつけたい!というのも本音ですよね。

そこで!今までVegewel Styleで取材させていただいた飲食店の中から、忘年会や新年会におすすめのお店をピックアップしました。

色んな方と食事を共にする機会が多い時期なので、ベジの方もノンベジの方も一緒に楽しめるお店を厳選!

この記事を参考に、是非ヘルシーな忘年会・新年会を企画してみてくださいね。

※年末~1月にかけてのこの時期は、いつも以上にお店が混雑します。年末年始の営業も、お店によって様々です。人気のお店は既に予約で埋まってしまっている場合もありますので、事前に確認することをおすすめします。

ベジ・ビーガン・グルテンフリーのレストランを探すならVegewel(ベジウェル)で!

Contents

世界を旅した夫婦が作った、世界の料理が楽しめる。「地球を旅するCAFE」【高田馬場】


高田馬場駅近くにある多国籍料理のお店「地球を旅するCAFE」。

世界中を旅してまわった素敵なご夫婦が2人で切り盛りするこちらのカフェでは、2人が世界で食べた様々な料理が。

ベジタリアン・ビーガン対応の料理も多く、Vegewelスタッフも以前飲み会で利用させていただきました!ビールの種類も豊富です。


こちらはオーナーおすすめの「メキシカンケサディーヤ(税抜890円)」。乳製品がOKな方は、チーズ入りで。ビーガンの方はチーズなしで作っていただけます!

様々な国の料理があるので、「これはどこの国の料理?」「このお酒はどこで作っているの?」と食事の話題だけでもかなり会話がはずみますよ!

夜遅くなっても、店内は多くの人で賑わっており、ワクワクする空間です。外国人のお客様も多く、まさに多国籍な雰囲気を味わえます。

店舗情報はこちら
取材記事はこちら

三茶の路地裏でオーガニック&グルテンフリーな料理を。「85BAL TEPPEN」【三軒茶屋】


ちょっとディープな界隈にチャレンジしたい方は、こちら。

三軒茶屋の路地裏にある、おしゃれバル「85BAL TEPPEN(ハッコーバルテッペン)」。路地裏飲み屋街のイメージとはかけ離れた(?)オーガニック&グルテンフリーのお野菜バルです。


こちらは、「いろいろお野菜のリゾット(税抜950円)」。出汁ももちろん野菜だけですが、旨味たっぷりで深い味わい。飲んで食べての最後に頼んでも、するするとお腹に入っていきます。

ちなみにこちらのお店、お通しでは自家製の米粉パンが出てくるのですが、これがモチフワでとても美味しい!

カウンター席が多く、少人数でのご飯におすすめ。テーブル席は早めに埋まってしまうので、是非予約を。

店舗情報はこちら
取材記事はこちら

ハラール対応もバッチリ!お袋の味のマレーシア料理専門店「マレーチャン」【池袋】


池袋にある、27年も続くマレーシア料理専門店「マレーチャン」。

日本でのハラール対応の先駆け的なお店であると共に、ベジタリアン・ビーガンが食べられるメニューも豊富です。ほぼすべてのメニューで、臨機応変に食材や味付けを変えてくれるのも嬉しいですね。


マレーチャンではテンペ料理がたくさんあります。こちらは「テンペ入り揚げ春巻(税込750円)」。ベジタリアンメニューです。

テンペが本当にお肉のようで感動します!サクサクした皮と肉厚なテンペにお酒も進むこと間違いなしです。

人気メニューで売り切れることもあるそうなので、オーダーはお早めに!

他に、「テンペサラダ(税込800円)」や「厚揚げとテンペと五目野菜の炒め物(税込980円)※魚醤を使っているので、魚NGの方はスタッフに希望を伝えればソースを変更可能です)」も。

マレーチャンには、料理以外にもおすすめが!

27年ずっとお店を切り盛りしている「ママ」こと福澤さん。

テキパキと忙しそうにお店を動き回っていながら、お客さんとの会話も欠かさない、とても素敵なママ。

アットホームな雰囲気で東南アジア料理を楽しみたい時に、是非訪れてみてください!

店舗情報はこちら
取材記事はこちら

酒屋さんが経営するレストランで、自然食とお酒を。「みかわや」【目白】


お酒をじっくり堪能したい時におすすめなのがこちら。

目白で三代続く酒屋さんが経営するレストラン「みかわや」です。酒屋さんとレストランが一緒になっており、販売している全てのお酒を、食事と一緒にかなりリーズナブルに飲むことができますよ。


料理のメインは野菜。無添加・無化学調味料の食材を使ったメニューは、どれも素材の味が生かされており、体が喜ぶものばかり。

メニューにはベジタリアン・ビーガン料理がわかりやすく記載されているので、オーダーしやすく嬉しいです。

写真は、「旬野菜のジンジャーソース炒め(税抜1,080円)」。他に、「豆腐の味噌漬け(税抜380円)」「燻製盛り合わせ(税抜680円)」なども。

お酒好き同士での飲み会でこちらのお店をチョイスすると、喜ばれること間違いなしです。

店舗情報はこちら
取材記事はこちら

少人数飲みなら、マクロビオティック居酒屋で!「よかしこや今風庵」【千駄木】


今や日本有数の観光スポット「谷根千」に位置するのが「よかしこや今風庵(こんふうあん)」。マクロビオティックの飲食店では珍しい、王道の「居酒屋」さんです。

カウンターがいつも賑わっているのは、女将さんの人柄によるもの。常連さんも多く訪れるお店ですが、初めてでもアットホームな雰囲気の中食事を楽しめます。


人気メニューは3種類ある「日替わりセット」です。全て動物性素材は不使用。ビーガンの方も安心ですね。※日によって、一部卵を使う料理もありますが、お店の方に相談すれば卵なしで対応可能です。

野菜料理は単品オーダーも可能です。カウンターにはその日仕入れた野菜に合わせて女将さんが作る、美味しそうな料理の数々が。

谷根千エリアということで、観光がてらご飯も…という時におすすめのお店です。

店舗情報はこちら
取材記事はこちら

パブのメニューもビーガンで!「ホブゴブリン」【六本木・赤坂・渋谷】


忘年会・新年会のメイン会場としてはもちろんですが、0次会、2次会にもおすすめしたいのがブリティッシュパブ「ホブゴブリン」です。

六本木・赤坂・渋谷の3店展開と、飲み会スポットを網羅しているのも嬉しいところ。

一見、「パブだし、ジャンクなものばかりなのでは?」と思われがちですが、ホブゴブリンではベジタリアン・ビーガンメニューがしっかり用意されているんです!


写真は、ファラフェルパテの「ザ ベジーバーガー(税込1,200円)※六本木店のみ」、「ベジタリアン チリ ナチョス(税込1,400円)」、「マルゲリータ(税込1,500円)」。

チリナチョスとマルゲリータは、普通のチーズとビーガンチーズを選択可能(ビーガンチーズは+200円)。

どれもしっかりパンチのある味。ちょっと立ち飲みでクールダウンも、テーブル席でワイワイガヤガヤも、色んなシチュエーションで利用できます。

六本木店の店舗情報はこちら
赤坂店の店舗情報はこちら
渋谷店の店舗情報はこちら
取材記事はこちら

全てビーガン対応可能!旬の野菜をふんだんに使ったコース料理。「レストラン日水土」【銀座】


友人同士で、ちょっと素敵なお店でゆっくり食事したい、という時には、「レストラン日水土」。

ランチもディナーも素敵なコースが用意されており、事前連絡で、全てのコースがビーガン対応可能です。お肉・お魚のコースもあるので、ノンベジの友人とも気兼ねなく食事を楽しめますよ。


写真は、コース料理の中のメニュー、「野菜料理の盛り合わせ」。旬の野菜を使って作るため、日ごと、季節ごとに内容が変わります。フレンチシェフが手掛ける料理なので、見た目にも美しく、心が華やぎますね。

ランチコースではお味噌汁がついてきますが、これは、同じ建物内で営業している「ナチュラル・ハーモニー」のオリジナル商品。店頭でも購入可能です。

ビオワインや野生酵母のビールなど、お酒も厳選されたものが揃っています。

店舗情報はこちら
取材記事はこちら

チャヤマクロビの系列店。マクロビ・お肉・お魚からチョイス可能な「ボジュントミガヤ」【代々木公園駅】


「食べてきれいになる。オーガニックな生き方。」をコンセプトにしたチャヤマクロビの系列店「ボジュントミガヤ」。

他のチャヤマクロビのお店ではお肉料理はありませんが、ボジュントミガヤではお肉料理も食べることができます。

創作料理も多く、オシャレなテイストが人気のボジュントミガヤ。お肉・お魚料理に加え、本格的なマクロビオティック料理を多数揃えているのが嬉しい特徴です。


写真は「マクロビランチ(税抜1,000円)」。

ベジメインの本日のデリ、国産有機玄米ごはんか天然酵母パン、ビーガンスープがセットになった「本日のマクロビプレート」と「野菜たっぷり薬膳カレー」のどちらかをチョイス可能です。

夜はディナーコースの他に、アラカルトで様々なメニューを用意。人数や食のポリシーに合わせて色々な組み合わせを楽しめます。マクロビオティックメニューも多く、メニューに記載があるので選びやすいですよ。

ランチ忘年会・新年会はもちろん、夜の店内も雰囲気があり、素敵な時間を過ごすことができます。

店舗情報はこちら
取材記事はこちら

「野菜ありき」の旬なディナーコースを楽しんで。「daylight kitchen」【渋谷】


女性同士で、交通の便が良い場所、でもおしゃれでゴミゴミしていないところで食事したい!という時におすすめなのが、デイライトキッチンです。お店は、渋谷とは思えない自然を感じる開放感ある空間。

野菜や種など、食材への徹底したこだわりがデイライトキッチンの特徴。農家さんへの想いも強く、しっかり目で見て安全なものを選んでいるところに安心感が。


ディナーコースは全部で3種類。そのうちビーガン対応のコースが「氣づきのヴィーガンコース(税込5,000円)」。

【旬と種と担い手を伝えるディナーコース】というコンセプトの通り、食べると様々な想いが伝わり、それぞれに「氣づき」があるかもしれません。

店舗情報はこちら
取材記事はこちら

ハワイから上陸!健康をテーマにしたおしゃれカフェでベジ料理。「BLUE TREE CAFE」【渋谷】


SNS映えするおしゃれなお店、「BLUE TREE CAFE(ブルーツリーカフェ)」。

ハワイから今年上陸したブルーツリーカフェは、店内もなんともおしゃれ。渋谷の中でハワイを感じることができるスポットです。


ハワイ本場の味はそのままに、ベジ・ノンベジどちらもも楽しめるメニューが豊富。

ドリンクも、ヘルシーなものが揃っており、飲み会で!というよりは、美活仲間で話題のヘルシースポットでお食事を!という時におすすめなお店です。

店舗情報はこちら
取材記事はこちら

世界のベジタリアン料理コンペで入賞したシェフのベジタリアンコース料理。「PATINASTELLA」【渋谷】


最後の2つは、1年のご褒美に、ちょっと奮発して訪れてほしいお店です。

まず、Vegewel Styleでは、インタビューや料理教室でもおなじみ、杉浦仁志さんがエグゼクティブシェフとして腕を振るっている、「PATINASTELLA(パティナステラ)」。

渋谷のパティナステラは、全米で約50店舗のスペシャリティレストランを展開するパティナ・レストラン・グループの海外初進出お店です。

海外ではハリウッドスターや政治家など、著名人も通い詰める有名レストラングループ。渋谷のお店でも、もちろんスペシャルな料理を楽しむことができます。

お肉・お魚料理の他に、ベジタリアンメニューの対応も。事前連絡でビーガン対応も可能なので、是非一流レストランのベジ・ビーガン料理を堪能してみてください。

人気店なので、予約はお早めに!

店舗情報はこちら
取材記事はこちら

ミシュランガイド7年連続二ツ星の一流フレンチをビーガンで!「EdiTion Koji Shimomura」【六本木一丁目】


Vegewelライターが訪れ、大絶賛だったのが、「EdiTion Koji Shimomuraエディション コウジ シモムラ」。今年で7年連続となるミシュラン二ツ星を獲得した、一流フレンチレストランです。

シーフードやお肉の料理がメインのレストランですが、事前予約でベジタリアン・ビーガン対応が可能。シェフはビーガンの知識も豊富で、独創性あふれるビーガン料理を堪能することができます。


Vegewelライターが「ビーガンで本当に良かった!」と感動したビーガンコース料理。是非あなたも味わってみてください!

店舗情報はこちら
取材記事はこちら

いかがでしたか?

少人数で楽しめるお店から、ちょっと多めの人数で二次会に!なお店、ゆっくりコース料理を楽しみながら1年を振り返ることができるお店まで、様々なお店を紹介させていただきました。

今年もあとわずか。仕事にプライベートに忙しい時期ですが、ヘルシーな食事を取り入れながら、元気に年末年始を過ごしましょう!

今後もヘルシーで役立つ記事を配信していきますので、ぜひシェアをお願いします!

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

ヘルシーなレストランを検索

Vegewelではレストランを検索できることをご存知ですか?

オーガニックやグルテンフリー、ベジタリアンといったヘルシーな切り口でお店を探せますので、ぜひお試しください!
検索はこちら→https://vegewel.com/ja/

ニュースレター

Vegewel Styleでは、ヘルシーな食の情報を定期的にメールでお届けしています。メールアドレスだけで無料でご登録頂けますので、ぜひご利用ください!


奥田彩(Aya Okuda)

奥田彩(Aya Okuda)

投稿者の記事一覧

Vegewel Style編集長
フードコーディネーター
食育インストラクター
食空間コーディネーター
フードライター
食の美味しさ、楽しさ、大切さを発信すべく、地道に活動、勉強中。

スポンサー



レストランを探す

おすすめ記事

今さら聞けない、ベジタリアンって?~健康への近道?!ベジタリアンのディープな世界~

2020年の東京オリンピックに向けて、訪日外国人を迎え入れようと、都内にはベジタリアンレストランやカ…

今さら聞けない、ローフードと他の食事スタイルとの違い

最近、乳製品や小麦粉を使わないスイーツが食べられるローフードカフェ、野菜やフルーツで作るスムージーが…

春は木のエネルギー・体を目覚めさせるための芽吹く食材〜しあわせこよみごはん~

冷たく、縮こまって過ごしていた冬が終わり、芽吹きの春の到来です!毎朝の散歩で訪れる公園でも、…

ピックアップ記事

PAGE TOP