インタビュー

ハラールからビーガンへの「原点回帰」がターニングポイントに。侍ラーメン≪後編≫

外国人をターゲットに、日本文化を伝えるお土産として販売されている「侍ラーメン」。

ムスリムや、ビーガンの外国人を中心に、健康志向の日本人の中でも注目が集まっているヘルシーラーメンです。

開発者の白澤さんに様々なお話をお伺いしているインタビューも、今回が最終回。

後編は、白澤さんが侍ラーメンを作るに至った経緯や、その想い、侍ラーメンの今後の展開について紹介していきます!

≪前編≫ハラール、ビーガン対応のヘルシーラーメンを浅草で!侍ラーメン

≪中編≫日本文化を楽しめる、至れり尽くせり豪華パッケージ!侍ラーメン

最初の構想は「ベジタリアンラーメン」。


もともとIT関連のクリエイティブやマーケティングの仕事をしていた白澤さん。

その後は経営コンサルタントと障害福祉の事業所を経営するなど、飲食とはかけ離れた経験をしてきた中で、何故ラーメンを開発しようと思ったのでしょうか?

「知人にベジタリアンがいて、何気ない会話から、彼らはラーメンを食べる事ができないといことに気づいたんです。調べてみるといくつかベジタリアンラーメンは存在しましたが、友人に贈るものとしては味が好きになれなかった。だったら、自分が美味しいベジタリアンラーメンを!ということでプロジェクトがスタートしました。」

そして、2014年秋に、最初の「侍ラーメン」が誕生します。

ムスリムへの展開で「ハラールラーメン」として定着。


何気ない思い付きではあったものの、美味しく自信があるものが完成し、手ごたえを感じていた白澤さん。

しかし、発売当初は期待していたような結果にはなりませんでした。

「売れなくてどうしようかと思いました(笑)。ベジタリアン、ビーガンの外国人がターゲットだったのに、国内にターゲットの人が少なかったんです。これはまずいと。」

早速、ベジタリアン、ビーガンが多い北米にプロモーションかけてみよう!と思いついたものの、マーケティング費用が高額になるため断念。そんな中思いついたのが、東南アジアでのムスリム向けの展開でした。

「アニマル・アルコールフリーのラーメンなので、ハラール認証はとっていませんが、<ムスリムも食べられる>ラーメンだという自負はありました。マーケティング費用が比較的安価に抑えられるアジア圏でも特に、インドネシア、マレーシアにはムスリムが多いということがわかりました。もちろん、インドネシアやマレーシアには当時、買える場所もありませんし、食べたことのある人もいませんが、とにかく、このようなコンセプトのラーメンが日本にはあるんだ!ということを伝えるプロモーションをスタートしました。今、思い起こせばあの行動がターニングポイントになったと思います。」

効果はテキメン。ラーメンを食べたことがない東南アジアの人々から、かなり多くの問い合わせが来ます。

しかし、まだまだ東南アジアでの商品販売をできる段階ではなく、問い合わせが来るたびに「日本で購入できます」とおすすめを続けていました。

そんな中、新たな出会いがあります。

「2つの大きな出会いがあり、ムスリムへの認知を高めることができました。一つは「ハラールメディアジャパン」。我々のSNSでのプロモーションを発見していただきました(笑)。そこから、在日のムスリムに商品の存在事実が届きはじめたと認識しています。そして、展示会「HALAL EXPO JAPAN」で侍ラーメンをプロモーションする機会もあり、軒並み高評価をいただくことができました。もう一つ、ハラール、ビーガンの対応をしている「セカイカフェ」で侍ラーメンを販売してもらえることになったのも大きかったです。今でもセカイカフェは、侍ラーメンのメイン販売店です。」

侍ラーメンの評判は、ムスリムの中で口コミで広がっていきます。メディアで取り上げられる機会も増え、侍ラーメンは「ムスリムも食べられるラーメン」としてのカテゴリーを確立していくことになります。

「展示会の会場では、ムスリムの方から『いつも買っているよ!』『うちの子が好きなの!』と多く声をかけていただいています。ムスリムの笑顔を作れていることをとても嬉しく思う瞬間です!」

原点回帰のビーガン対応へ、さらなるバージョンアップ!


ムスリムのファンを増やし、ハラールラーメンとして認知度を上げた侍ラーメン。

次の転機は、2016年夏、香港でのフードEXPOへの出展でした。

「香港の展示会に侍ラーメンを持って行きました。もちろん、ムスリムの来場者をターゲットにして、です。しかし、そこで出会った来場者の8割がビーガンでした。」

もちろん、侍ラーメンはビーガン対応。動物性食材は不使用です、と自信を持ってビーガンの来場者におすすめしていました。

しかし、そこで指摘されたのが、MSG(化学調味料)について。

「化学調味料を嫌うビーガンは多いです。『美味しいけど、MSGを使っているなら、完全ビーガン対応とは言えないよ!』と言われました。逆にそれを克服すれば、美味しいから、どうにかしてよ!とも。そこで、最初のターゲットがベジタリアン、ビーガンだったことを改めて思い出したんです。」

改めてベジタリアン、ビーガンの市場を調べたところ、やはり大きい。

いつの間にかムスリム向けのラーメンの切り口が強くなっていたけれど、もともとは、「ベジタリアン、ビーガンに対応していれば、ムスリムもターゲットにできるよね」というところから始まったラーメンでした。

「原点回帰です。改めて、ベジタリアン、ビーガンに受け入れられるラーメンを作り直そう、と思いました。そこに対応していれば、ムスリムも引き続きターゲットにできます。」

日本に帰国し、早速当時の侍ラーメンを販売終了に。

その後、もともとのノンアニマル、ノンアルコール、ノンフィッシュは踏襲しつつ、化学調味料、合成着色料、香料、保存料を抜いた商品を開発しなおします。

「2016年11月、ハラールエキスポジャパン2016で試作品を<Samurai Ramen UMAMI 2.0>として発表しました。ブースでは試食も行いました。これが大好評!数百人に食べていただき、高評価を頂く事ができました。」

ビーガンに完全対応しながら、ムスリムにも変わらず支持されることができたという確信を持って、2017年4月、満を持して第2世代の「Samurai Ramen UMAMI」が発売となりました。

「現在、反響が大きく、生産が追い付いていない状態です。待っていただいている方には申し訳ないとも思っています。」

ラーメン専門店での導入が決定!業務用ラーメンの展開。


前編で紹介した、浅草の屋台、オンラインショップ、セカイカフェなどの一部ショップで購入できる侍ラーメン。

それに加え、最近では業務用のラーメンの取り扱いがじわじわと増えています。

「札幌の「麺屋サスケ時計台店」さんで、ラーメン専門店としては初めて、侍ラーメンをメニューに導入していただきました!もちろん、生麺です。」

ラーメン専門店で認められた侍ラーメン!

ちなみにサスケさんでは、パッケージ商品も購入可能です。ムスリム、ビーガンの外国人はもちろん、健康志向の女性からも好評なんだとか。

「大阪の『日本食レストラン祭』さんでも侍ラーメンを導入していただいています。ここは見た目は居酒屋さんなんですが、実はメニューは全てムスリム対応。インドネシアのテレビでも特集されたことがある、ムスリムの中では有名なお店です。」

プロの飲食店からもそのクオリティを認めら始めている侍ラーメン、他にも続々とメニュー採用が決定しているとのこと。

現在は札幌・東京・大阪・神戸・松山・福岡・鹿児島のお店で侍ラーメンを食べることができるようになっています。今後の情報に期待です!

今後も怒涛の展開が続きます!


最後に白澤さんに、侍ラーメンの今後についてお伺いしました。

「6月中旬には、マレーシアに旗艦店がオープンします。メニューは、侍ラーメン、和菓子、お茶など日本を感じることができるものばかり。メニューはハラール、ビーガン仕様。MSG不使用にもしっかり対応していきます。」

さらに、新たな国での展開も。

「様々な商社さんが中東やスリランカなどにも侍ラーメンを持ち込んでいますが、非常に評判が良いです!中東の展示会では、何と1杯1,800円にも関わらず、2時間待ちの行列でした。中東でのラーメン展開の可能性を感じています。」

今後も侍ラーメンの世界展開は続いていきます。日本のヘルシーラーメンが世界中を席巻する日が、すぐそこまで来ているのかも?!

また、新商品についても触れられました。

「当製品のSNSファンの中で日本人が0.3%しかいません(笑)。。これからは日本人の健康志向もターゲットにしていきます。6月に発売される新製品では日本人にNoアニマル・Noアルコール・NoMSGという価値観を提案していきます。是非ご期待ください!」

ちなみに、侍ラーメンのパッケージで使われている侍さん。こちらを使った「侍ラーメンLINEスタンプ」があるんだとか!

侍ラーメンファンはこちらも要チェック!

≪前編≫ハラール、ビーガン対応のヘルシーラーメンを浅草で!侍ラーメン

≪中編≫日本文化を楽しめる、至れり尽くせり豪華パッケージ!侍ラーメン


今後もヘルシーで役立つ記事を配信していきますので、ぜひシェアをお願いします!

ヘルシーなレストランを検索

Vegewelではレストランを検索できることをご存知でしょうか?

オーガニックやグルテンフリー、ベジタリアンといったヘルシーな切り口でお店を探せますので、ぜひお試しください!
検索はこちら→https://vegewel.com/ja/

ニュースレター

Vegewel Styleでは、ヘルシーな食の情報を定期的にメールでお届けしています。メールアドレスだけで無料でご登録頂けますので、ぜひご利用ください!


関連記事

  1. 罪悪感ゼロ!ハイセンスなプレゼントにヘルシーなブリスボールはいか…
  2. 日常で自然にビーガン食を。SASAYA CAFE(ささやカフェ)…
  3. ハラール、ビーガン対応のヘルシーラーメンを浅草で!侍ラーメン≪前…
  4. 【田中律子さんインタビュー:後編】元気と美の秘訣は「バランスの取…
  5. 【田中律子さんインタビュー:前編】ハワイでも大流行の海の上で楽し…
  6. アパレルから「ライフスタイル&テクノロジー」企業へシフト。KOE…
  7. 明るい素敵姉妹のマクロビオティックカフェ!カフェ アムリタ【押上…
  8. 「ベジ料理は美味しくないんでしょ!」と思っている人の先入観を壊し…

スポンサー

ベジレストランを探す

アーカイブ

おすすめ記事

アレルギーがあっても安心、卵・乳製品不使用のベーカリーPain de BRUN(パン ド ブラン)【久我山】

今回は吉祥寺から3駅渋谷寄りにある久我山の小さなベーカリー「Pain de BRUN(パン ド ブラ…

身体の内側から健康を。お菓子でも栄養たっぷりのMOR Happiness(モアハピネス)【吉祥寺】

今回は吉祥寺にあるMOR Happiness(モアハピネス)に伺いました。お店の場所や詳細な…

オーガニック・マクロビ・グルテンフリー!身体想いの和菓子「和のかし 巡(めぐり)」【代々木上原】

ビーガン(ヴィーガン)スイーツを特集する本企画。第一弾は、代々木上原にある「和のかし 巡(めぐり…

ピックアップ記事

PAGE TOP