インタビュー

驚きの美味しさ!ベジタリアンメニューを超えた、本格創作料理「Lotus & Flower’s One(ロータスフラワーズワン)」【東高円寺】≪前編≫

東高円寺駅から歩いて3分のところにある、「Lotus & Flower’s One(ロータスフラワーズワン)」。

2009年2月にオープンしたこちらのレストランは、お肉、お魚を一切使用せず、厳選した野菜を使った「オーガニック・ベジタリアンレストラン」です。

世界20か国以上を回り、ベジタリアン料理を学んだオーナーシェフの大平哲雄(おおひらてつお)さんが生み出す美しく美味しいベジタリアン料理は、プロの料理人から舌の肥えたグルメなお客様まで、多くの人達から絶大な支持を得ています。

今回は、取材スタッフが実際に体験したランチコースのレポートと、大平さんのベジタリアン料理に対する熱い想いをたっぷりと紹介していきます。

前編、中編、後編の3回にわたってお送りする今回のインタビュー。前編は、お店の雰囲気と、絶品ランチコースについて紹介していきます!

ロータスフラワーズワンの場所や詳細な情報はこちらから。

遠方からはるばるファンが訪れるレストラン。


地下鉄東高円寺駅から歩いてすぐ。こちらの建物の2階がロータスフラワーズワンです。

「東高円寺でお店をオープンしたのは、たまたまなんです。ちょうど空いている良い物件が見つかったので。自分の料理がどこまで通用するのか、実験の場としてオープンしました。」

東高円寺のランチの平均単価は、800円弱。ロータスフラワーズワンは、ランチコースで3,000円近い値段のものもありますが、お客様が途切れることはありません。それだけ、料理の質が高く、多くの人から支持されているということ。

お客様も、地元の方だけではなく、ここで食事をしたいと、はるばる来てくれる方が多いそうです。


店内は、上品で温かみのある空間。無地で落ち着いたトーンのテーブルや椅子で、色とりどりのお料理がさらに際立ちます。


店名にもなっている「ロータスフラワー(蓮の花)」の絵も。

完全ベジタリアンの創作料理は、コースでゆっくり楽しもう。


ロータスフラワーズワンのメニューは、完全ベジタリアン仕様。ベジタリアンの中でも、「ラクト・オボ・ベジタリアン(乳製品と卵は含まれる)」と呼ばれるスタイルで、普段お肉やお魚を食べる人でも無理なく入っていけるものになっています。

サラダ・スープは完全ビーガン仕様で、前菜・パスタ・メイン・デザートはビーガンとベジタリアンから選択が可能。ランチ、ディナーともにセットやコース料理がメインとなります。

「ベジタリアンレストランと掲げているものの、お客様のほとんどが、ノンベジのお客様です。普段、お肉やお魚料理を食べる方達にも満足していただけるメニューが揃っています!」

全てのメニューが、見た目にも味にも徹底的にこだわった最上級の創作料理。数々の有名店を食べ歩くグルメのお客様も絶賛する、ベジタリアン料理を超えた絶品料理です。

ランチコース、食べてみました!

Vegewel Styleの取材スタッフも、ランチコースを体験してみました。

オーダーしたのは、「ランチコース(税込3,230円)」。夕食にもなるような豪華で本科的なコース料理が3,000円台で楽しめるのは嬉しいですね!

今回はスタッフ2名でのランチだったので、2種類のメニューをお楽しみください。
※メニューは日によって異なります。


まずはスープ。

旬の野菜を使ったポタージュです。この日は「マッシュルームのポタージュ」。マッシュルームの香ばしさと、コクのある食感が、空腹に染み渡ります…完全ビーガンとは信じられない濃厚さ!


焼きたてパンと一緒に、次のメニューを待ちます。パンはふわふわで温かく、ついつい手が止まらなくなる美味しさ。


次は前菜の盛り合わせ。

この日の盛り合わせは、くみあげ豆腐、アロエのカルパッチョ、きのこのアーリオオーリオ、ブロッコリーのガーリック蒸し、ごぼうの赤ワイン煮、ひよこ豆のハーブマリネ、カポナータ。前菜だけでもこの種類!

特に印象的だったのが、アロエのカルパッチョ。お魚を使わず、アロエでカルパッチョの食感を見事に表現しています。感動…!


パスタは、スタッフ2名でそれぞれ違うものをチョイス。

こちらは「根菜のボロネーゼ、無農薬ルッコラ添え」。根菜が使われていることで、お肉がなくてもボロネーゼ以上に食べごたえのある食感を楽しめます。味付けはとっても濃厚ながら、ビーガン仕様。


こちらは、「山東菜とかぶのパスタ」。

さっぱりとした味わいながら、オリーブオイルがしっかり絡んだパスタは満足感大。

ちなみに、山東菜は、白菜の一種で、ちょうど取材時が旬の野菜。旬の野菜をプロのお料理で美味しくいただく。何とも幸せな瞬間ですね!


メインディッシュもそれぞれ違うものを。こちらは「白神アワビ茸のソテー、バルサミコソース」。

プリプリで肉厚なアワビ茸を、濃厚で酸味のあるバルサミコソースでいただきます。大平さんにかかると、きのこも立派なメインディッシュに!


こちらは「北海道産ジャガイモととうもろこしのピュレ、パートブリック包み」。

サクサクとしたパートブリックと、野菜の甘みが詰まったピュレは、相性抜群!楽しみながら食べているうちに、あっという間に完食。


コースはまだ終わりません!デザートも感動の美味しさ!こちらもそれぞれ違うものをオーダー。この日はシフォンケーキとアイス。


程よい甘味とイチゴの酸味で、食後の口もさっぱり。本当に大満足のランチとなりました。

ランチは他にも「メインディッシュセット(平日:税込1,620円/土日祝:税込1,980円)」や「パスタセット&パスタランチ」などがありますが、初めての方は、是非「ランチコース」にチャレンジを!

この作りこまれたコース料理が、お昼に税込3,000円台で楽しめるのは本当にお得です。驚きのベジタリアン料理を是非ご自身で体験してみてくださいね!

≪中編≫へ続く…
次回は、大平さんのベジタリアン料理に対する想いについて。お楽しみに!


今後もヘルシーで役立つ記事を配信していきますので、ぜひシェアをお願いします!

店舗情報

ロータスフラワーズワンの場所や詳細な情報はこちらから。

ヘルシーなレストランを検索

Vegewelではレストランを検索できることをご存知ですか?

オーガニックやグルテンフリー、ベジタリアンといったヘルシーな切り口でお店を探せますので、ぜひお試しください!
検索はこちら→https://vegewel.com/ja/

ニュースレター

Vegewel Styleでは、ヘルシーな食の情報を定期的にメールでお届けしています。メールアドレスだけで無料でご登録頂けますので、ぜひご利用ください!


奥田彩(Aya Okuda)

奥田彩(Aya Okuda)

投稿者の記事一覧

フードコーディネーター
食育インストラクター
食空間コーディネーター
フードライター
食の美味しさ、楽しさ、大切さを発信すべく、地道に活動、勉強中。

関連記事

  1. 緑とお花の道を抜けると、癒しのビーガン・カフェ!駒沢vegebo…
  2. クシ マクロビオティックスクール パトリシオさん×宮里未央さんイ…
  3. オーガニックな野菜で、忙しい心や身体をヘルシーに。slowfoo…
  4. 自由が丘の注目の新店!L’atelier de ma…
  5. 下町に現れたオシャレで楽しい八百屋さん!ベジオベジコ【根津】≪前…
  6. モードでヘルシーな玄米菜食(マクロビオティック対応)店。カフェ・…
  7. 新宿の喧騒を離れてワインと自然食。slowfood&w…
  8. 素材への徹底的なこだわり。L’atelier de …

スポンサー

ベジレストランを探す

アーカイブ

おすすめ記事

アレルギーがあっても安心、卵・乳製品不使用のベーカリーPain de BRUN(パン ド ブラン)【久我山】

今回は吉祥寺から3駅渋谷寄りにある久我山の小さなベーカリー「Pain de BRUN(パン ド ブラ…

身体の内側から健康を。お菓子でも栄養たっぷりのMOR Happiness(モアハピネス)【吉祥寺】

今回は吉祥寺にあるMOR Happiness(モアハピネス)に伺いました。お店の場所や詳細な…

オーガニック・マクロビ・グルテンフリー!身体想いの和菓子「和のかし 巡(めぐり)」【代々木上原】

ビーガン(ヴィーガン)スイーツを特集する本企画。第一弾は、代々木上原にある「和のかし 巡(めぐり…

ピックアップ記事

PAGE TOP