インタビュー

オーガニックな野菜で、忙しい心や身体をヘルシーに。slowfood&wine KiboKo(キボコ)【新宿三丁目】≪中編≫

2016年4月8日にオープンした「slowfood&wine KiboKo(キボコ)」。メニューはすべてビーガン(ヴィーガン)対応です。

オーナーの沼波さんから様々なお話をお伺いしている今回のインタビュー。中編は、お店をオープンした経緯や、沼波さんが食生活を見直すことになった経緯を紹介していきます!

KiboKoの場所や詳細な情報はこちらから。

≪前編≫新宿の喧騒を離れてワインと自然食。slowfood&wine KiboKo

ベジ・ビーガン・グルテンフリーのレストランを探すならVegewel(ベジウェル)で!

都会で疲れている人をヘルシーな食で癒したい。


前のお店「ヒポポタマス」も「KiboKo」も、沼波さんが手掛けたお店は全て新宿三丁目。

何故、新宿界隈で飲食店をやろうと思ったのかという問いかけに、沼波さんは。

「もともと、せわしない都会で飲食店をやりたくて、見つけた場所が新宿三丁目でした。食を通じて、忙しい場所で忙しくしている人の力になりたいと思ったんです。」

KiboKoの野菜は、可能な限りオーガニックを使用しています。負担のかからない食事、癒される空間を、あえて都会で作りたいと思った沼波さん。

「郊外にもそのような需要があるかもしれませんが、それはまた別の人に任せて、自分は都会の人を担当しよう!と(笑)」

自然食と母の手料理。


飲食店をやろう!と思い、初めて食の勉強をしたという沼波さん。

「まさか自分が調理をするとは思っていませんでしたが、人を雇わないなら自分がやらなければ!と思い、食の勉強をしました。その時、何故か自然と「自然食」を勉強しようと思ったんです。」

通信教育で勉強を始め、沼波さんは添加物が大量に使われている今の食に、強い不安を感じます。今まで普通に取り入れていたものの中にも、危険なものが沢山あったことに気づいたのです。

そして、自分の周りのアレルギーや花粉症、アトピーで苦しんでいる人を見て、あることを考えます。

「そういえば、自分は全くアレルギーなどの症状がないな、と思ったんです。なんでだろう?と思った時に、母親が昔食べ物の勉強をしていたのを思い出しました。」


沼波さんが子供の頃、お母さんは食べ物の勉強をしていたのです。

今思えば、家で食べていたお菓子も、ほとんどお母さんが作った添加物なしのものばかり。市販の食べ物は家にあまりなかったそうです。お母さんは、家族のことを想って、きちんと食のことを考えていたんですね。

それを思い出した時、沼波さんの飲食店のコンセプトが決まりました。自然食、オーガニック、身体に優しい食事です。

オーガニックの野菜と添加物フリーで、驚くほど身体が軽く!


KiboKoのメニューは全てビーガン対応ですが、沼波さん自身は、ビーガンではありません。

「特に、ビーガンでなければ!という強い気持ちはありません。ただ、添加物フリーの食生活を心掛けて、身体を強くしたい、と思っています。」

お肉を食べることもあるそうですが、エネルギーを使ってしまうため、体質には合わないそう。本当に食べたい時に、良いものを少しだけ食べるようにしているんだとか。


35歳を過ぎて、体質が変わって来ていたという沼波さん。一時期はどんどん太ってしまったそう。疲れやすく、気持ちも後ろ向きになっていきました。

「食の勉強をして、添加物を取らないよう気をつけ、野菜もオーガニックにこだわり始めました。半年しっかり続けたら、体重が落ちて疲れにくくなりました。鈍っていた感性も戻って来たと思います。コンディションが整い、身体からエネルギーが湧いてきました!」

実際に自分の身体で体験してみるのがとても大切、という沼波さん。食について考えるようになってから、より自分のことがわかるようになったと言います。

忙しいからこそ、食に気を使って欲しい。


食の知識を得て、食の大切さを実感した沼波さんは、KiboKoが少しでも食の改善に繋がったり、食事のことを考えるきっかけになれば良いな、と思っています。

「今の時代の食の違和感をちょっとでも知らせていけたらいいな、と思っています。特に女性が少しずつでもそういったことに目を向け、考えるきっかになればと。新宿では、30代くらいのお仕事を頑張っている女性が多いと感じます。自分のものを一人分だけ作る元気もなく、ついコンビニで夕食を済ませてしまう。そういう人の力になりたい。そういう生活をしているからこそ、可能な範囲で食事に気を使う欲しいんです。」

疲れた時につい頼りたくなるお店。しかも、身体に優しい、身体を整えることができるお店。誰にでもそんなお店があったら良いですよね。

疲れた、お腹空いた。そう思ったらKiboKoに寄って、身体が喜ぶご飯を食べてみてください。その後の食生活が変わっていくかもしれませんよ。

≪後編≫へ続く…
次回は、今後の展望と、好評のワークショップについて。お楽しみに!


今後もヘルシーで役立つ記事を配信していきますので、ぜひシェアをお願いします!

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

≪前編≫新宿の喧騒を離れてワインと自然食。slowfood&wine KiboKo

店舗情報

KiboKoの場所や詳細な情報はこちらから。

ヘルシーなレストランを検索

Vegewelではレストランを検索できることをご存知でしょうか?

オーガニックやグルテンフリー、ベジタリアンといったヘルシーな切り口でお店を探せますので、ぜひお試しください!
検索はこちら→https://vegewel.com/ja/

ニュースレター

Vegewel Styleでは、ヘルシーな食の情報を定期的にメールでお届けしています。メールアドレスだけで無料でご登録頂けますので、ぜひご利用ください!


奥田彩(Aya Okuda)

奥田彩(Aya Okuda)

投稿者の記事一覧

Vegewel Style編集長
フードコーディネーター
食育インストラクター
食空間コーディネーター
フードライター
食の美味しさ、楽しさ、大切さを発信すべく、地道に活動、勉強中。

関連記事

  1. 見た目だけではなく心も、内側もキレイに。カフェ・モルティー【町屋…
  2. スパイスたっぷりのカレーで健康に?Spice Box(スパイスボ…
  3. リピーター続出の絶品ビーガンハンバーグ!食欲そそる野菜デリの数々…
  4. ビーガンもハラールも!食のバリアフリーを目指す、セカイカフェ(S…
  5. 他の誰かではない、私が”自分自身”でビューティフードを伝える理由…
  6. 【本道佳子さんインタビュー】食を通して世界を平和に!野菜料理の素…
  7. インドの飲食店は「ベジ」がベース!Spice Box(スパイスボ…
  8. ヘルシースムージーブームの先駆け!marugo deli ebi…

スポンサー

レストランを探す

アーカイブ

おすすめ記事

アレルギーがあっても安心、卵・乳製品不使用のベーカリーPain de BRUN(パン ド ブラン)【久我山】

今回は吉祥寺から3駅渋谷寄りにある久我山の小さなベーカリー「Pain de BRUN(パン ド ブラ…

身体の内側から健康を。お菓子でも栄養たっぷりのMOR Happiness(モアハピネス)【吉祥寺】

今回は吉祥寺にあるMOR Happiness(モアハピネス)に伺いました。お店の場所や詳細な…

オーガニック・マクロビ・グルテンフリー!身体想いの和菓子「和のかし 巡(めぐり)」【代々木上原】

ビーガン(ヴィーガン)スイーツを特集する本企画。第一弾は、代々木上原にある「和のかし 巡(めぐり…

ピックアップ記事

PAGE TOP
})