ヘルシーな知識

もとは琉球王国の宮中料理!「地(ジー)豆(マーミ)」で作る「ジーマーミ豆腐」

ジーマーミ豆腐は、沖縄県の郷土料理。今は沖縄県以外でも、沖縄料理屋さんに行けば大抵食べることができますね。「豆腐」といいつつ、原材料は大豆ではなく「落花生」。沖縄の方言で落花生は「地豆(ジーマーミ)」といいます。

ジーマーミ豆腐の特徴

ジーマーミ豆腐は、落花生の豆(ピーナッツ)をすり潰して、こした汁と芋くずを混ぜて固めたものです。芋くずとはさつま芋から取れるデンプンのことで、沖縄では汁状のものを固めたり、とろみをつける時に良く使われます。

そのモチモチ、プルンとした独特の食感は、豆腐というより濃厚なプリンをイメージする方が近いかもしれません。

食べる際は、甘みのある醤油たれをかけて食べることが多いですが、今は黒糖ソースなど、さらに甘くスイーツに近い味わいを楽しめるソースも多く出ているようです。

高齢者から美を気にする女性まで、嬉しい効果がたくさん!「ジーマーミ=落花生」

ジーマーミ豆腐の原材料「落花生」は、豊富な栄養素を含んだ食品です。身体のあらゆる部分を作るタンパク質や、老化防止、動脈硬化の予防が期待できるビタミンEなどに加え、コレステロール抑制効果が期待される不飽和脂肪酸も多く含まれています。

落花生のしぼり汁から作られたジーマーミ豆腐なら、歯が弱い高齢者でも安心して栄養補給ができますね。また、スイーツ感覚で美味しくいただけるので、美や健康を気にする女性にもおすすめですよ。

落花生についての詳しい記事はこちら

ジーマーミ豆腐の歴史


かつて沖縄県が「琉球王国」だった時代は、東南アジアや、今の日本など、近隣の国とさかんに交易を行っていました。近隣国の使いが琉球王国を訪問した際に、お客様のおもてなしに作られていたのが、「宮廷料理」。そして、ジーマーミ豆腐は、この宮廷料理でふるまわれていた料理なのです。

明治時代になり、琉球王府がなくなってしまった後、ジーマーミ豆腐は琉球の郷土料理として一般の人達にも広く作られ、食べられるようになっていきます。

ジーマーミ豆腐は家でも作れます!


今は沖縄に行かずとも、全国にある沖縄料理屋さんや、沖縄の食品が売っているお店、WEBショップなどで、手軽に食べられ、手に入れることができるジーマーミ豆腐。しかし、わざわざ外に食べに行ったり、購入したりしなくても、自宅で作ることもできるのです。

材料は、ピーナッツ、水、片栗粉のみ。簡単に手に入るものばかりですね。さらに美味しさや栄養を追求したい場合は、片栗粉ではなく「葛粉」を使うのもおすすめです。

生のピーナッツと水を合わせてミキサーにかけ、それを布などでこします。こされた汁と片栗粉を合わせて鍋で温め、良く混ぜます。ある程度堅くなったら容器に移し冷蔵庫へ。固まったら出来上がりです。醤油と砂糖などで沖縄風に醤油だれを作っても良いですし、スイーツ風に果物で作ったソースなどを添えても美味しくいただけます。

また、汁をこした後のピーナッツは、いわゆる「おから」です。ピーナッツおからクッキーや、ピーナッツおからハンバーグなど、様々な料理にアレンジできます。

※落花生は消費者庁により、「特定原材料」に指定されています。「特定原材料」とは、アレルギーの人が多く、またアレルギー症状が重篤になる場合が多い原材料のことです。最近、ジーマーミ豆腐が落花生からできていると知らない観光客が、飲食店でアナフィラキシーショックを起こし救急搬送されるケースが増えているとのこと。お店でもオーダーの時に声掛けをするなど注意喚起されていますが、食べに行く側でも同行者に確認するなど、注意が必要です。

豆腐が好きな方にはこちらの記事もおすすめ!

つまづくと怪我するほど硬い?煮崩れしない五箇山豆腐(富山)
素材の味が命、日本伝統の湯豆腐と精進料理(京都)

沖縄料理に興味がある方はこちらの記事もおすすめ!

ピリッとクセになる、泡盛と一緒に食べたい島らっきょう(沖縄)

ヘルシーなレストランを検索

Vegewelではレストランを検索できることをご存知でしょうか?

オーガニックやグルテンフリー、ベジタリアンといったヘルシーな切り口でお店を探せますので、ぜひお試しください!
検索はこちら→https://vegewel.com/ja/

ニュースレター

Vegewel Styleでは、日本のヘルシーな食の情報を定期的にメールでお届けしています。
メールアドレスだけで無料でご登録頂けますので、ぜひご利用ください!

奥田彩(Aya Okuda)

奥田彩(Aya Okuda)

投稿者の記事一覧

フードコーディネーター
食育インストラクター
食空間コーディネーター
フードライター
食の美味しさ、楽しさ、大切さを発信すべく、地道に活動、勉強中。

関連記事

  1. 今さら聞けない、「マクロビオティック」って?
  2. 見た目はまるで生レバー?信長も愛した赤こんにゃく(滋賀)
  3. コジコジさんの実録ゆるベジ入門日記4~みそ汁がまずい!?~
  4. 旬のお茶について総復習!お茶の種類と歴史、意外な利用法とは?
  5. 今さら聞けない、ビーガンとベジタリアンの違い!
  6. コジコジさんの実録ゆるベジ入門日記5~自炊したら太った~
  7. 甘酒で夏バテ回避!自家製「飲む点滴」で美肌を手に入れる!!
  8. 大豆ミート試食会、大豆ミートで唐揚げ・ハンバーグを作りました≪前…

スポンサー

ベジレストランを探す

アーカイブ

おすすめ記事

アレルギーがあっても安心、卵・乳製品不使用のベーカリーPain de BRUN(パン ド ブラン)【久我山】

今回は吉祥寺から3駅渋谷寄りにある久我山の小さなベーカリー「Pain de BRUN(パン ド ブラ…

身体の内側から健康を。お菓子でも栄養たっぷりのMOR Happiness(モアハピネス)【吉祥寺】

今回は吉祥寺にあるMOR Happiness(モアハピネス)に伺いました。お店の場所や詳細な…

オーガニック・マクロビ・グルテンフリー!身体想いの和菓子「和のかし 巡(めぐり)」【代々木上原】

ビーガン(ヴィーガン)スイーツを特集する本企画。第一弾は、代々木上原にある「和のかし 巡(めぐり…

ピックアップ記事

PAGE TOP