インタビュー

読者=家族に本当に役立つ情報を。IN YOU 松浦愛編集長インタビュー「それでも私たちが伝えたいこと」後編

前編では85万人の読者数を誇るIN YOUの成り立ちや、マクロビオティック・オーガニックをベースとした記事を発信するようになった経緯を伺いました。

後編ではIN YOUの目指すものや独自の取り組み、IN YOUの気になるこれからについてお伝えします。

【前編】オーガニックメディアで国内最大級の読者数 IN YOU 松浦愛編集長インタビュー「それでも私たちが伝えたいこと」

ベジ・ビーガン・グルテンフリーのレストランを探すならVegewel(ベジウェル)で!

大事な読者=家族に「真実」を伝えたい。


オーガニックやベジに気を使う人だけでなく、健康を気にしたことがある方なら一度は見たことがあるIN YOUの記事。

その内容は幅広く、マクロビ・オーガニックはもちろん、食品添加物や日本の食事情、さらにはビーガンアスリートの話題まで!どの記事も読者を飽きさせない誌面作りへのこだわりが伝わってきます。

その理由について、松浦編集長はこう語ってくれました。

「IN YOUの記事はいろんな人が読んで下さってるんですよね。何か体・健康のことが気になった時に、いろんな情報があってわからないという人にも伝えていきたい。ビーガンやマクロビの人だけ健康になればいいとは思っていないんです。『心身ともに健康になる人が増える』というのがオーガニックだと思っているので。」


IN YOU編集部のみなさま。松浦編集長の父で画家の松浦章博氏の作品の前で。

IN YOUは自分で調べることが難しい、食品の安全や一般的に良いと言われている健康法の真実や裏側も伝えています。真実を包み隠さず伝えることはリスクの高いことで、避けたがる人の方が圧倒的に多いのが現実。

「アンチコメントはやっぱりあります。」と、苦笑いの松浦編集長。

それでも、敢えて伝えているのは何故でしょうか?

「そういう人たちのために運営しているのではなくて、読者のために伝えたいと思っているんです。私たちは読者を家族のように思っているので、真実を伝えたい。『オーガニックはいいよね〜』ではふわっとした印象で、それだけでは誰も本当に良­いと思わないですよね。」

松浦編集長と話してると、本気で想っていることがある、絶対揺らがないものがあるというのが伝わってきます。だからこんなに進んで行けるんだと。

その本気で想っていることは何なのでしょうか。

「IN YOUがめざしているのは、『全ての人に、1人でも多くの人にオーガニックなくらしを。』ということです。」

どこまでも読者目線。そこから生まれるオリジナリティ


こちらはIN YOUが定期的に行なっているベジ会の模様。最初は松浦編集長が個人でやっていたものが拡大したそう。

「収益が目的ではなく、自分も仲間を探していたので。求められてるのかなという意識でやってます。」

また、IN YOUでは「IN YOUオーガニックセルフセラピスト・アドバイザー」の資格も運営しています。読者として学んで終わりではなく、発信もして欲しいという想いがこめられた資格です。

ベジ会も資格も、流行にまどわされずにブレない軸をみんなが持てるように、と読者のことを考えて企画・運営しています。


この日は「紫外線対策」をテーマにしたマクロビオティックビュッフェ。華やかな料理に会場から歓声が上がります。

オーガニックやマクロビオティックなど、多数ではない生活の考え方を続けていくことは、時に周りからの反対があったり、迷ってしまうことがあります。

そんな時に、IN YOUのこうした取り組みによって、同じ方向を進んでいる人の姿を見ることはほっとしたり、また進んでいこうと思えるリセットにもなります。

さらに、IN YOUにはオーガニック商品を160種類も取り揃えたWebショップ「IN YOU Market」があります。近頃はいろんなネットショッピングでオーガニック商品が買いやすくなりました。しかし、例えばオーガニックのシャンプーを買おうと思っても、いろいろありすぎて逆に迷ってしまうこともしばしば。

IN YOU Marketはそんな読者の代わりに、IN YOUがより良いものを探し、厳選してくれるサービスです。どの取り組みもお客様をただの”客”ではなく”家族”としてみており、同じ立場から応援していこう!という気持ちが伝わってきます。

進み続けるその先は


松浦編集長おすすめの無農薬ダマスクスローズを使った石鹸シャンプーと、沖縄の自然栽培のモリンガパウダー。

あっという間の3年半、これからIN YOUはどうなっていくのでしょうか?

「IN YOU Marketを発展させていきたいですね。オーガニック商品にはまだまだ知らないものがたくさんあって、その1つ1つが感動を与えてくれるんです。生産者のみなさんは想いがあってやっています。その存在を知ってもらいたい。

それができるのがWeb マガジンの強みだと思うんですよね。記事を見るだけではなく、読者のみなさんには生産者に一票を投じる意味で、実際に商品を買って消費活動をしてほしい。みんなで応援しあっていきたいんです。

IN YOUを応援する意味は? と聞かれた時に、私はIN YOUを応援することが生産者の応援につながると答えています。本当に良いものを伝えたいという想いがあるので。消費者も真実を知っていく中で、健康になり、幸せになっていただきたい。

どの立場の人も全員がハッピーになれる形を目指したいです。自分だけが良ければいいというのではなく、みんなが協力しあう世の中にしたいです。」

年内にもまた読者に向けたお楽しみの企画が控えているIN YOU。内容はまだ秘密ということですが、今後も目を離せないですね!

松浦 愛
インターネット業界勤務を経て、27歳で起業しオーガニックなライフスタイルを提案するWEBマガジンIN YOU代表・編集長に就任。オーガニックWEBマガジン IN YOUインユー、IN YOU Market、IN YOU LINE@、オンラインサロン IN YOU リアルタイム通信を運営。編集長就任からわずか10か月未満で以前の4倍以上のPVを獲得。現在月間約85万人以上が読む、オーガニック業界のメディアの中で国内最大級の規模を誇る。

IN YOU
http://macrobiotic-daisuki.jp/


今後もヘルシーで役立つ記事を配信していきますので、ぜひシェアをお願いします!

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。

ヘルシーなレストランを検索

Vegewelではレストランを検索できることをご存知ですか?

オーガニックやグルテンフリー、ベジタリアンといったヘルシーな切り口でお店を探せますので、ぜひお試しください!
検索はこちら→https://vegewel.com/ja/

ニュースレター

Vegewel Styleでは、ヘルシーな食の情報を定期的にメールでお届けしています。メールアドレスだけで無料でご登録頂けますので、ぜひご利用ください!


Emika

Emika

投稿者の記事一覧

ベジのことならなんでも大好き!Vegewalkerとして今日もお出かけ中。「暮らしの中に”楽ベジ''を」をテーマに、Vegan歴13年と保育士を生かしたキッズ&ママ向けの簡単ベジスイーツを発信しています。

関連記事

  1. 食べる人を想い、丁寧に調理して、料理を提供する。ORGANIC …
  2. 食だけではなく、ヘルシーなライフスタイルの提案を。TERRA F…
  3. 「人に聞く」のではなく「自分に効く」身体作り。治療家の観点から思…
  4. 次世代おにぎり?家庭でオリジナルのブリスボールを作ってみよう。F…
  5. クシ マクロビオティックスクール パトリシオさん×宮里未央さんイ…
  6. ビーガングルメ通がこぞってすすめる名店、食と音楽でみんなの垣根を…
  7. 他の誰かではない、私が”自分自身”でビューティフードを伝える理由…
  8. 育てる感動と野菜を届ける次世代サービス。Rakuten Ragr…

スポンサー

レストランを探す

アーカイブ

おすすめ記事

アレルギーがあっても安心、卵・乳製品不使用のベーカリーPain de BRUN(パン ド ブラン)【久我山】

今回は吉祥寺から3駅渋谷寄りにある久我山の小さなベーカリー「Pain de BRUN(パン ド ブラ…

身体の内側から健康を。お菓子でも栄養たっぷりのMOR Happiness(モアハピネス)【吉祥寺】

今回は吉祥寺にあるMOR Happiness(モアハピネス)に伺いました。お店の場所や詳細な…

オーガニック・マクロビ・グルテンフリー!身体想いの和菓子「和のかし 巡(めぐり)」【代々木上原】

ビーガン(ヴィーガン)スイーツを特集する本企画。第一弾は、代々木上原にある「和のかし 巡(めぐり…

ピックアップ記事

PAGE TOP
})