ヘルシーな知識

もとは紙の人形?ひな祭りの由来、食べ物の意味、知っていましたか?≪前編≫

もうすぐひな祭り。ひな人形にひなあられ、ちらし寿司…。部屋にピンクや赤のものがたくさん並び、女の子には楽しみなお祭りですよね。

ひな祭りで楽しみなのはやっぱり食べ物。ひな祭りの食べ物は、ただ美味しいだけじゃなく、全て意味があるものなんです。

また、ひな祭り=女の子のお祭り、というのは誰もが知っているところですが、このお祭り、もともとはどのような行事だったのでしょうか?

2回に渡ってお送りする今回の記事、前編ではひな祭りの食べ物について詳しく紹介していきます!

可愛く美味しいだけじゃない!ひな祭りの食べ物の意味とは?①

年に一度のひな祭り。ひな祭りならではの食事やお菓子が沢山並ぶ様は、大人も子供もウキウキするものです。

今年はせっかくなので、それぞれの食べ物の「意味」も考えながら、食事を楽しんでみませんか?

【菱餅】

菱餅は、ピンク、白、緑の順に重なった菱形のお餅。ひな祭りを代表する食べ物ですね。色と重ねる順番には、きちんと意味があるのをご存じでしたか?

菱餅の色と順番には、雪(白)の下に、春になると土から顔を出す草木(緑)が、雪の上には草木が育って花(ピンク)が咲く、という意味が込められていると言われています。また、よもぎ(緑)の上に、縁起が良い紅白餅が乗っている、という説もあるようです。

ちなみによもぎには造血作用があると言われており、ピンクの色をつける「クチナシ」には解毒作用があると言われています。原料にも女性の体への気遣いが表れています。

餅が菱形である理由には、女性を象徴する形、邪気を払うための矢じりを表している、心臓を模っている、など、様々な説があります。お餅なので、ベジタリアンやヴィーガンの方でも美味しく食べられますね。

【ひなあられ】


淡い可愛らしい色と、コロコロした形で、女の子に喜ばれるひなあられ。このお菓子は、江戸時代の女子へは質素倹約、明治時代の女子には情操教育の教えに使われたという説があります。

ひなあられの原料はお米。お釜に残ったお米を一粒も無駄にせず、干して炒って残さず食べたところに由来があると言われています。また、ひなあられの色も菱餅と同じ、ピンク、白、緑が入っており、女の子の健康を願う気持ちが込められています。

基本的にはベジタリアン、ヴィーガンの方も美味しく食べられるお菓子ですが、現在はエビやチョコレートなどを使用したものもあるようです。

【ちらし寿司】


ひな祭りのメインディッシュ!見た目にも楽しいのがちらし寿司です。ちらし寿司の具材は、陰陽五行の五色の食材が使われています。

「白」はすし飯、「赤」は紅ショウガ、「黄」は錦糸卵、「青」は絹さや、「黒」は海苔や椎茸が主な組み合わせ。これ以外に「見通しが良い」と縁起を担いで穴が開いたレンコンを使ったり、「腰が曲がるまで長生きできる」という意味を込めて海老を乗せることもあります。

具材の組み合わせ次第では、ベジタリアンやヴィーガンの方でも十分美味しくいただける食事です。

【はまぐりのお吸い物】

ひな祭りのお吸い物には、はまぐりなどの貝が入っています。実はこれにも意味があるのです。はまぐりは、二枚の貝がちょうつがいで繋がっていますが、ぴったり組み合わせることができるのは、もともと繋がっていた貝同士のみ。

このことから、一生同じ人と添い遂げる、女性の貞操を守る、という意味が込められ、ひな祭りで使われるようになったと言われています。

≪後編≫へ続く…
次回は、ひな祭りの食べ物紹介の続きと、ひな祭りの由来について。お楽しみに!

ヘルシーなレストランを検索

Vegewelではレストランを検索できることをご存知でしょうか?

オーガニックやグルテンフリー、ベジタリアンといったヘルシーな切り口でお店を探せますので、ぜひお試しください!
検索はこちら→https://vegewel.com/ja/

ニュースレター

Vegewel Styleでは、ヘルシーな食の情報を定期的にメールでお届けしています。メールアドレスだけで無料でご登録頂けますので、ぜひご利用ください!


関連記事

  1. 【大豆ミート簡単レシピ】まるでお肉!な大豆ミートのヘルシーハンバ…
  2. もとは琉球王国の宮中料理!「地(ジー)豆(マーミ)」で作る「ジー…
  3. 見た目はまるで生レバー?信長も愛した赤こんにゃく(滋賀)
  4. 生活に便利な場所で始めるマイ農園!オーガニックな農園で食の大切さ…
  5. つまづくと怪我するほど硬い?煮崩れしない五箇山豆腐(富山)
  6. 今さら聞けない、「オーガニック」って?
  7. コジコジさんの実録ゆるベジ入門日記~ヨロヨロの第一歩~
  8. ちょっとマイナー?千枚漬け・しば漬けと並ぶ「京都の三大漬物」すぐ…

スポンサー

ベジレストランを探す

アーカイブ

おすすめ記事

アレルギーがあっても安心、卵・乳製品不使用のベーカリーPain de BRUN(パン ド ブラン)【久我山】

今回は吉祥寺から3駅渋谷寄りにある久我山の小さなベーカリー「Pain de BRUN(パン ド ブラ…

身体の内側から健康を。お菓子でも栄養たっぷりのMOR Happiness(モアハピネス)【吉祥寺】

今回は吉祥寺にあるMOR Happiness(モアハピネス)に伺いました。お店の場所や詳細な…

オーガニック・マクロビ・グルテンフリー!身体想いの和菓子「和のかし 巡(めぐり)」【代々木上原】

ビーガン(ヴィーガン)スイーツを特集する本企画。第一弾は、代々木上原にある「和のかし 巡(めぐり…

ピックアップ記事

PAGE TOP