インタビュー

【Vegewel特典あり】無添加・グルテンフリーの「ウェルネスなカレー」!カリーシュダ【茅場町】

2004年にオープンしてから、多くの人に愛され続けている絶品カレー専門店「カリーシュダ」。

「ウェルネスなカレー」を謳うこちらのカレーは、無添加・グルテンフリーの野菜ベースのルーでとってもヘルシー!

今回はカリーシュダのオーナー、和田茂(わだしげる)さんと、たっぷりカレー談義!和田さんのカレーへのこだわり、お店オープンの経緯などをお伺いしていきます。

Vegewelだけの特典もあるので、最後までお読みください!

カリーシュダの場所や詳細な情報はこちら

茅場町で13年!メディアにも多数取り上げられた絶品カレー。


カリーシュダは、茅場町で13年も営業を続けています。営業時間は平日ランチタイムの11:30〜13:30(ラストオーダー)。メニューはカレー(サラダ付)とドリンクのみのなんともシンプルなラインナップ。

「勤務していた会社がこの辺りで、土地勘があったので茅場町にお店をオープンしました。来てくださるのは常連さんが多いですね。駅から少し歩くので、常連さんが通ってくれるのはありがたいです。」

和田さんは、もとIT企業勤務。30年以上勤務されたのち、独立してカレー屋さんをオープンしました。


店内はカウンターのみ。常連客や近隣のオフィスで働く人達を中心に、ランチタイムはかなりの混雑です。

「お客様は、男性が多く、女性は男性の三分の一くらいかな。この辺の相場に比べると、ランチで1,000円は高め。健康を意識した、食べ物をきちんと選んで食べている方が多いように感じます。」


カリーシュダは、メディアにも多数取り上げられており、茅場町のビジネスマンだけではなく、全国のカレー好きからも注目されているお店。店内にはカリーシュダが掲載された雑誌やカレー本が並びます。

「もともとIT企業で働いていたのもあり、ホームページは簡単なものを自分で作成しました。情報発信をするというより、誰かが見つけてくれるきっかけになるかな、と。実際、一番最初のメディア取材は、ネットで見つけてくれた新聞社の方でした。」

そう話す和田さんの雰囲気は、とても穏やか。今ではお孫さんもいらっしゃり、取材スタッフからすると、人生の大先輩です。

ITブームのずっと前から、IT企業でバリバリお仕事をされていた和田さん。その時の経験を、カレー店経営にもさりげなく生かしています。

ベースは野菜!グルテンフリーで低脂質、塩分控えめのヘルシーカレー。


カリーシュダのカレーは、常時4種類。

定番メニューは「とりもも肉カリー(税込1,000円)」と「牛キーマカリー(税込1,000円)」。残りの二つは季節によって変わります。取材時は「ラム肉カリー(税込1,100円)」と「枝豆カリー(1,000円)」。

「定番メニューはお肉が入ったものになります。カレーの仕込みには毎日3~4時間かかるので、ビーガンカレーご希望の方は1週間前にご連絡ください。」と和田さん。

今回の取材でも、事前にビーガンメニュー希望と相談し、枝豆のカレーをご用意いただきました(※時期によっては対応できない場合もありますので、ご了承ください)。

カリーシュダのカレールーは、野菜のみで作られています。しかも、グルテンフリー、添加物不使用で、油と塩分も控えめ!お肉が入っていても、普通のカレーと比べてかなりヘルシーです。


こちらは枝豆カリー。ルーはヘルシーながら深い味わい!19種類のスパイスを独自に配合し、玉ねぎもたっぷり入っています。一人前あたりの玉ねぎの量は、なんと大玉一個分!


こちらはラム肉カリー。ラムの臭みは全く感じず、脂身も少ないのでお肉メニューながらさっぱりとした味わいです。

実は、グルテンフリー、玉ねぎたっぷりのカレーは、もともと家庭で奥様が作っていたもの。カリーシュダのカレーは、和田家の家庭の味を元に、和田さんがスパイスを調合して改良を重ねた、まさに和田さんにしか作ることのできないカレーなのです。



ちなみに、カレーについてくるサラダのドレッシングは、和田さんの奥様のオリジナル。こちらも材料にこだわっていて、ファンが多いそう。よく振っていただきます。

スパイスのカレーをウェルネスに極めたい!店主のこだわりが生んだ唯一無二の味。


和田さんは、IT企業に長く勤め、脱サラしてカリーシュダをオープンしました。なぜ、カレーだったのでしょう?

「IT企業では、エンジニア、営業を担当してきました。営業で外回りをしている時に、良く食べていたのが大好きなカレー。特にスパイスの効いたインドカレーが好きでした。ただ、外で食べるインドカレーは、ギー(バターオイル)の量が多く、脂っこくて。

脂が少なく、家庭のカレーとは違うスパイスの効いたカレーを自分で作ってみたくなり、家で作り始めたのがカレー作りのきっかけです。」

IT企業では、インド人も多く勤務していました。和田さんは、自身が作ったカレーを、インド人の仕事仲間に食べてもらい、感想を聞いてみることに。

「インド人の知人にも、『美味しい!』と言って食べてもらえたんです。これは自信になりました。インド人が身近にいたので、その人達が食べているスパイスを勉強し、独自にスパイスを調合して、失敗しながらも思考錯誤を重ねていきました。

日本のIT業界では、私が勤務している頃からインド人が多く働いていました。IT産業が盛んになったことと、日本のカレー文化の発展は、無関係ではないと思っています。」

なるほど!IT企業出身の和田さんならではのカレー文化への見解。確かに、昔と比べて、インドカレー屋さん、かなり増えましたよね。IT産業の発展とともに在日インド人が増え、インド人のソウルフードのインドカレー屋さんが増加しているとしたら、納得がいきます。


和田さんの努力の末に完成した、スパイスたっぷりでヘルシー、日本人の好みに合うカレー。和田さんはオープン当初から「ウェルネスなカレー」というキャッチコピーを使っています。

「長年、時代に流されず、ブレずにお店を続けてこられたのは、この『ウェルネス』という特徴があったからです。」と話す和田さん。今の世の中はヘルシーブーム。和田さんのウェルネスなカレーに、ようやく時代が追い付いてきたのかも?!

シュダ=ピュアなカレー。時代や流行りに流されず、いつまでも変わらないスタンスで。


カリーシュダの「シュダ」とは、ヒンディー語で「ピュア」の意味。余計なものを一切入れず、シンプルに、という意味が込められています。

「今後も、時代に流されず、今まで通りにやっていくのが一番、と考えています。無理に新しいお客様を呼び込むのではなく、食べに来てくれた方に満足してもらい、また来てもらえるように、とにかく変わらずに。」

そんな風に話す和田さんを、いつも隣で支えているのが、奥様。

「家ではよくカレーを作らされました。脱サラする時も、そんなにやりたいなら好きにしたらいいんじゃない?という感じ(笑)。最初は、接客も全然できなかったので『いらっしゃいませ』から私が一緒に教えていったんですよ。」

そう話して笑う奥様も、とっても明るく元気!お二人とも、お肌がとっても綺麗。やはりカリーシュダのヘルシーカレーを普段からよく食べているのでしょうか?

「いえいえ!家では全然カレー食べませんよ。家に帰ったら和食です!」とお二人同時に(笑)

飾らない、自然体の素敵な夫婦が切り盛りするカリーシュダのピュアでウェルネスなカレー。営業はランチタイムのみで混雑します。早めの時間に行くのがおすすめです!

Vegewel特典!

「ベジウェルの記事を見た」で、大盛無料サービス!
※対象のメニューは、お店でご確認ください。
※期間は2017年10月末まで
是非この機会に「カリーシュダ」へ!


今後もヘルシーで役立つ記事を配信していきますので、ぜひシェアをお願いします!

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

店舗情報

カリーシュダの場所や詳細な情報はこちら

ヘルシーなレストランを検索

Vegewelではレストランを検索できることをご存知ですか?

オーガニックやグルテンフリー、ベジタリアンといったヘルシーな切り口でお店を探せますので、ぜひお試しください!
検索はこちら→https://vegewel.com/ja/

ニュースレター

Vegewel Styleでは、ヘルシーな食の情報を定期的にメールでお届けしています。メールアドレスだけで無料でご登録頂けますので、ぜひご利用ください!


奥田彩(Aya Okuda)

奥田彩(Aya Okuda)

投稿者の記事一覧

フードコーディネーター
食育インストラクター
食空間コーディネーター
フードライター
食の美味しさ、楽しさ、大切さを発信すべく、地道に活動、勉強中。

関連記事

  1. 読者=家族に本当に役立つ情報を。IN YOU 松浦愛編集長インタ…
  2. 罪悪感ゼロ!ハイセンスなプレゼントにヘルシーなブリスボールはいか…
  3. 世界が身近になるベジタリアン・ビーガン料理がたくさん!地球を旅す…
  4. 私達は食べ物でできている。地元の方に食事を見直すきっかけを。駒沢…
  5. スパイスたっぷりのカレーで健康に?Spice Box(スパイスボ…
  6. バレエの世界観がコンセプト、DANCE CUBE CAFÉ(ダン…
  7. オーガニックな野菜で、忙しい心や身体をヘルシーに。slowfoo…
  8. 次世代おにぎり?家庭でオリジナルのブリスボールを作ってみよう。F…

スポンサー

ベジレストランを探す

アーカイブ

おすすめ記事

アレルギーがあっても安心、卵・乳製品不使用のベーカリーPain de BRUN(パン ド ブラン)【久我山】

今回は吉祥寺から3駅渋谷寄りにある久我山の小さなベーカリー「Pain de BRUN(パン ド ブラ…

身体の内側から健康を。お菓子でも栄養たっぷりのMOR Happiness(モアハピネス)【吉祥寺】

今回は吉祥寺にあるMOR Happiness(モアハピネス)に伺いました。お店の場所や詳細な…

オーガニック・マクロビ・グルテンフリー!身体想いの和菓子「和のかし 巡(めぐり)」【代々木上原】

ビーガン(ヴィーガン)スイーツを特集する本企画。第一弾は、代々木上原にある「和のかし 巡(めぐり…

ピックアップ記事

PAGE TOP